pachiさんの映画レビュー・感想・評価

pachi

pachi

3以上は面白かった映画
3.5以上は観るべきおすすめ映画
4.0以上は名作
4.5以上はレジェンド級

instagram : yuta_ohashi_pachi

映画(459)
ドラマ(0)

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

3.8

男の子になりたい16歳のレイは、母親が理解してくれるものの祖母が認めてくれず、また性転換するためには幼少期に離婚した父親のハンコも必要という事でなかなか思うように進まない。しかし、レイが知っている以上>>続きを読む

ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男(2014年製作の映画)

3.4

ジェームス・ブラウンの半生を描いた本作。彼のようなスターのお話はいつもパワフルで勇気をもらう。音楽がとても輝いていた頃、そう思う。
#ぱち映画 #映画 #おすすめ映画 #おすすめDVD #movie
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.6

若かりしハン・ソロの冒険を描いた作品。
今までのEP.シリーズで語られてきたストーリーを再現したような映画ではあるが、どちらかというと新たな謎を残すような内容。
これがEP.9で関わってくるようなこと
>>続きを読む

悲しみに、こんにちは(2017年製作の映画)

3.8

とてもキュートなフリダとアナ。
大人になった瞬間は成人式とか初めての大人の恋愛とかだとして、幼少期から少年少女になるきっかけってなんだったんだろう?そんな想いを抱かせる素敵な映画。頑張れ、フリダ。

ポップ・アイ(2017年製作の映画)

3.1

1人の男性のロードムービー。
幸せは日常に落ちてる。それを気付かせてくれる映画です。

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

2.7

アンヌは著名映画監督ゴダールと結婚することになるが、ゴダールは革命に傾倒して行くようになり、二人はすれ違い始めるのだが、、、

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

2.6

超名作 ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチの、ジョン・キャメロン・ミッチェル監督によるSF×パンク 青春ドラマ。
一人の青年の成長を描いている。
わざとらしいくらいの異質な宇宙感と懐かしい王道パン
>>続きを読む

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。(2016年製作の映画)

4.4

台湾人のリンちゃんは、東日本大震災を機に茂木さんとFBでお友達に。台湾旅行を機に距離を詰めるふたりだが、リンちゃんの誕生日、家に元彼が現れて、、、
-----
自分自身台湾大好き人間として気になってた
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

カンヌ映画祭でパルムドール受賞した話題作。
-----
祖母の少ない年金とパートや日雇い労働、そして年金で生計を立てる『家族』の物語。ある極寒の日、『父』と『息子』が一人の少女と出会う。その少女の名前
>>続きを読む

トラッシュ!-この街が輝く日まで-(2014年製作の映画)

4.0

『ラブ・アクチュアリー』『アバウトタイム』という僕の大好きな映画を撮っているリチャード・カーティス監督が脚本、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』のスティーヴン・ダルドリー監督というだけで震え>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.9

これだけの女優、出演者が集まると凄いな、流石だな、と思った。
特に長澤まさみは凄いと思う。
あとすずちゃんもサッカー上手。
邦画はあまり観ないけど、こういう作品見ると観たくなる。

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.9

ウディ・アレン最新作。
冒頭から彼の映画らしく、印象的な色で人生の『ファンタジー感』が心地よく演出されており、早速世界に引き込まれる。
男性が観るのと女性が観るのとで、その見終わった時の感想は違うのか
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.8

ジャケからベタベタの恋愛映画を想像するが、答えはNo!!
SF的な要素、サスペンスやコメディ、もちろんラブストーリー、ドラマの要素もある、とてもバランスの良いみやすい映画。
思っていたよりだいぶ好きだ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.6

冒頭から音楽を楽しめるミュージカル映画。
ストーリーはシンプル。
ひとりの貧しい少年が、富裕層の少女に恋をして駆け落ち同然に結婚、暖かい家族と共に成功を掴もうとするお話。
純粋に音楽とダンスのクオリテ
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

5.0

主人公ティムは恋愛がうまくできなくどこか自分に自信の持てない青年。そんな彼の家系は『タイムトラベラー』の家系。
その能力を使い、人生を何度もやり直していくのだが、、、
-----
登場人物が全員キュー
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

久々に劇場公開中の新作をご紹介。
各方面での絶賛の声を見聞きしていてもたってもいられず鑑賞。とってもセンスが良い、『オシャレ』という言葉では括りきれない美しさ、緻密さ。
-----
1983年夏。
>>続きを読む

柳と風(1999年製作の映画)

3.6

イランのとある小学校。
一人の少年がボール遊びでガラスを割ってしまったようだ。そのガラスを一人で直すように命じられ、それを果たすために奔走するストーリー。
その少年は雨にある意味救われ、風に襲われ、ハ
>>続きを読む

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

2.5

アメリカらしいオジサンの映画。
ゲイリーは普通の金のない人工透析を受けるアメリカ大好きオジサン。
ビンラディンがなかなか捕まらないことに業を煮やしている時、神からの啓示を受けて単身パキスタンに渡りビン
>>続きを読む

ロード・トゥ・パーディション(2002年製作の映画)

3.7

美しい妻と二人の息子を持つマイケル・サリヴァンは、地元のマフィア組織の幹部。
ボスのジョン・ルーニーには本当の子供のように育てられ、二人の息子も自らの孫のように可愛がってもらっている。
そんな関係をど
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.3

ダンケルクの時代にダンケルクを題材とした映画を撮る、というお話。
映画『ダンケルク』観たあとだとすんなり入って来ると思う。
人生はシネマティック。
一人一人の人生も映画のようだ、自分自身の映画で自分が
>>続きを読む

アリバイ・ドット・コム カンヌの不倫旅行がヒャッハー!な大騒動になった件(2017年製作の映画)

3.9

『世界の果てまでヒャッハー』
『真夜中のパリでヒャッハー』
のヒャッハーシリーズでお馴染みのフランスコメディ映画監督の最新作。お馴染みのキャストが少し違う役柄で今回は参戦。
全体的にお馬鹿度はヒャッハ
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.8

ポアロは有名な探偵。嘆きの壁での事件を解決し、ロンドンへ帰ろうとしていたその列車の中で起こる殺人事件。被害者はとある事件の犯人ということがわかり、列車の乗客と言う名の容疑者たちから真犯人を探し当てよう>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.8

SFの名作『ブレードランナー』の続編。
まだ『ブレードランナー』観たことない人はラッキー!この機会に二作続けて観ることをお勧め。そのくらい物語は関係しており、またこの続編も面白い。
-----
レプリ
>>続きを読む

ウォーキング・ウィズ・エネミー / ナチスになりすました男(2013年製作の映画)

4.3

ピンチャス・ローゼンバウム氏というユダヤ人がモデルになった映画。
第二次世界大戦中、多くのユダヤ人がドイツによる迫害にあっていたことは周知の事実だが、一人の青年と仲間たちがドイツ軍になりすまし、多くの
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.6

実は観たことなかったブレードランナー、続編出たのでこのタイミングで鑑賞。
2019年、地球以外への移住が当たり前になっているこの世界では、人間とレプリカントという人造人間が存在する。人造人間は、奴隷と
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.6

アウトレイジ第三部。最終章。
この映画はちゃんと第1部から観た方が楽しめるのは間違いない。
第一部が『起』
第二部が『承転』
第三部が『結』
そんな感じだった。
その第三舞台は、北野映画の昔の作品にあ
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

3.6

パリへ帰る途中のフランス人女性セリーヌと、ノープランのヨーロッパ周遊の旅をするアメリカ人男性ジェシー。
二人が電車で出会い意気投合、共にウィーンで降りて、翌日のそれぞれの帰国までの限られた1日を共に過
>>続きを読む

不都合な真実2:放置された地球(2017年製作の映画)

4.3

ノーベル平和賞を受賞したアル・ゴア元米国副大統領が精力的に活動する【環境問題】に関するドキュメンタリー映画の続編。冒頭に簡単な説明もあるので、この続編から観ても何の違和感なく見れます。
だから、ぜひ観
>>続きを読む

キツツキと雨(2011年製作の映画)

3.8

自分に自信がなく周りに意見を強く言えない映画監督と、偶然ロケ地となった町の住人エキストラのお話。役所さんの演技がとてもコミカルで光ります。小栗さんも安定してとても良い。
-----
田舎の山間部に住む
>>続きを読む

エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン(2011年製作の映画)

3.6

エル・ブリという世界一予約の取れない人気レストランのドキュメンタリー。
ノーマなど、料理のドキュメンタリーをはじめ、二つ星の料理人など、一時期、料理映画にハマったきっかけを作った映画。
独創的で見て楽
>>続きを読む

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)

4.3

14歳の中学生マイクは、クラスで浮いている内気な男の子。マイクはクラスのマドンナであるタチアナに想いを寄せるが相手にされない。そんなある日、クラスにチックという見るからに怪しく、極め付けに酒に酔ってる>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.2

『アンダーグラウンド』『黒猫・白猫』で有名な奇才エミール・クストリッツァ監督映画。しかも本人主演。
過去作品のファンとして楽しみにしていた本作。
-----
戦争が続く小さな村で、牛乳を前線に運ぶ仕事
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

日本では馴染みの薄いロビイストのお話。
ロビイストとは、簡単に言えば『政治の政策など、クライアントとなる企業や団体の意にそう形で進むようあの手この手で世の中を動かそうとする人』の事。正確には少しちがう
>>続きを読む

ロスト・シティZ 失われた黄金都市(2016年製作の映画)

4.0

かの有名な『インディ・ジョーンズ』シリーズのハリソン・フォード演じるインディアナ・ジョーンズのモデルになったパーシー・フォーセットの実話を基にした冒険物語。南米アマゾンを舞台に冒険を繰り返し、世界的に>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

キングスマンの続編。
告知時点でハリー(コリン・ファース)が生きていたことが公開されていた本作。
正直ヒット作の続編は不作が多いという都市伝説的な話もチラホラある中、前回確実に頭部を撃たれたハリーが生
>>続きを読む

>|