pachicoさんの映画レビュー・感想・評価

pachico

pachico

映画(675)
ドラマ(0)

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.9

ワイルドスピードシリーズと
考えない方が良い作品。

ホブスとショウのアクション映画を
楽しみたいなら
good です。

派手なアクション!
ハイテク相手に
がんばるアナログオヤジ。

小粋な台詞に
>>続きを読む

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

4.0

ロバートレッドフォード様
御歳 82歳
引退作品なので
なんとしても映画館で観ようと
行きました。

私を映画好きにさせたお方で
今でもスティングは
私のナンバーワン作品です。

俳優のみならず
プロ
>>続きを読む

ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008年製作の映画)

3.8

若さっていいな
青春っていいな
友達っていいな

ムキになっても
何をやっても
笑って許される時代…

元気にハッピーな気持ちに
なりました!

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.9

猫舌の伝説の殺し屋が…
普通の暮らしをして
時給800円で働く!⁉︎

でもお決まりの
巻き込まれ状態からの反撃。

アクションすごいし、笑いの要素満載で
楽しめました。

でも
もっとファブルのこ
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.1

座っているのがもったいないほど
一緒に歌って踊りたいくらい
楽しい映画。

ワクワクドキドキ
心から楽しみました。

そして気高く強い王女に脱帽!
その佇まい、美しさ、歌声に
心から感動です。

新し
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

4.0

原作を知らずに鑑賞。

ストーリーも登場人物など
予備知識なしでしたが…
とにかく面白いの一言。

豪華なキャスト陣
迫力のあるシーン
愛すべきキャラ達

哀しみと切なさに涙し
感動にも涙…

出演者
>>続きを読む

リベンジ・リスト(2016年製作の映画)

3.5

ありきたりなストーリー
が、面白い!

トラボルタの復讐に対する迫力に
そして相棒メローニの
弱そうで強いオヤジキャラが
とてもいいお味。

悪徳警官に
黒幕は市長…
手下のチンピラからヤクザまで
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.8

埼玉県人ではありませんが
十分楽しめました。

豪華なキャスト陣の
全力演技に笑い
時々の抜け感に笑い…

埼玉県だけかと思いきや
千葉県までたっぷり!

こんなばかばかしい
壮大なスケールの話が
>>続きを読む

ブラッド・ワーク(2002年製作の映画)

3.3

FBI捜査官に心臓移植…
クリントイーストウッド
ミステリー

期待していましたが…
早くに犯人わかってしまったし
もう少しドキドキしたかったかな!

ただちょっとした
おちゃらけた台詞や
チャーミン
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.1

ロッキーシリーズを制覇した
世代にはたまらない映画です。

ロッキーバルボア
アポロクリード
イワンドラゴ
ただの回顧録ではなく
今の勝負にかける男達…

過去の確執を今現在までひきずり
戦い、新たな
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

4.0

何の予備知識なしでの鑑賞。

キムタク出演は何かと
ハードルが上がり
人が入って当たり前!
脇役に食われたら演技力がないと…
そんな風に言われる傾向に
ちょっとウンザリしてたので
今回は良い作品に恵ま
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART III(1990年製作の映画)

3.9

シリーズ大ファンとしては
少し残念な気がしますが…

結局はそうだよね〜とか
こうしかならないかな〜とか
自問自答。
ロバートデュパルが出演していたら
違う展開だったし。

アルパチーノ、ガルシアなど
>>続きを読む

SAFE セイフ(2012年製作の映画)

3.6

スティサム様の
落ちぶれた刑事が
どんどんと敵をやっつける所が
気持ちいい。
容赦なく殺すし…

女の子が可愛くないのが狙いなのか
時間を追うごとに
天才と思えてくる。

美少女だったら
違う意味で追
>>続きを読む

走れ! T校バスケット部(2018年製作の映画)

3.9

青春、スポーツ、汗、涙…

よくある話をひねらず
ノーマルに描いてくれたのが
勝因だと思う作品です。

父と息子、いじめ、嘘、隠し事

うまくいくには
素直に自分の気持ちを伝えること。
真摯に物事を
>>続きを読む

ルーキー(1990年製作の映画)

3.6

イーストウッド監督作品。

ハリー刑事と似たようなキャラの
ニック刑事の相棒新人刑事が
ダーティーになって行く様が…
可笑しい。

スケールやアクションが派手なわけでもないし、感動や涙があるわけでもな
>>続きを読む

謝罪の王様(2013年製作の映画)

3.7

くだらないギャグが
単純に笑えます。

謝罪…
謝り方1つでこんなに笑える話に
なるのは
クドカン脚本と阿部サダヲのパワー
だと思います。

何も考えずに笑うことが可能な映画って
案外貴重かも。

>>続きを読む

>|