ぱじゃまじぇーぴーさんの映画レビュー・感想・評価

ぱじゃまじぇーぴー

ぱじゃまじぇーぴー

観たやつでなにか言いたいことあったら言っていく

映画(50)
ドラマ(0)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.5

音楽の映画だいたいセックスと薬でめちゃくちゃになってしまう 最終的にみんななかよくできていてよかった

機動戦士ガンダムNT(2018年製作の映画)

2.5

戦闘シーンや機体はかっこいいむしろガンプラほしいくらいなのだけど、キャラの内面とストーリーがコンドーム並みの薄さ

セッション(2014年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

見終わったあと一人で「は?」って言った

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

そういえばみてた スター・ウォーズじゃなければおもしろかったのかもしれない

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

5.0

響けユーフォみてからみたほうがわかる気がする ふつうの女の子たちの感情が会話なしに絡み合って暴発するのに耐えられず序盤から終盤まで号泣し続けていた 作画に手抜きが無くて良い

野火(2014年製作の映画)

3.5

わかるがつかれた、人間は愚かだし、環境によってはみな(私も含めて)おかしくなるだろう

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦(2017年製作の映画)

3.5

ガンダムでてこないけどおもしろいのはガンダムは人間ドラマだからだよね

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

明治以降の日本のくそみたいな事件も映画にしていってほしい、いつまで坂本龍馬や織田信長頼りなのか?

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.0

どの時代の人間にも生活はあるってことはわかるのだけれど、原爆資料館へ何度も行ったこと、そこで見たことを思い出すだけでも本当につらい

トップをねらえ2! 劇場版(2006年製作の映画)

5.0

人間的な感情の熱量が圧倒的で、整合性なんてどうでもいいかなって

トップをねらえ! 劇場版(2006年製作の映画)

5.0

クールジャパンとか馬鹿げたこと言うやつ全員トップをねらえみろ

ハングリー・ハーツ(2014年製作の映画)

2.0

つらい 女はやばい つかれた

追記:出てくる女の頭がおかしいのでみながアダムドライバー演じる夫に肩入れしがちだが、彼女がおかしくなったのはやはり望まない生殖とそれに対する不安を理解してもらえない孤独
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

アダム・ドライバーの顔面と体と声と、キャラクターの心の弱さが最高に合っていたので10000点あげる
5.0は言い過ぎだった、なぜならほぼユニコーンガンダムだから

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.5

“everything you want to hear”ってコピーで売られてるホログラフの彼女に「あなたは特別な存在よ」って言われて、結局「みんながそう(自分だけが特別だって)思いたいのよ」って偉い>>続きを読む

キャデラックレコード 〜音楽でアメリカを変えた人々の物語〜(2008年製作の映画)

2.5

音楽の歴史系の映画、絶対に酒薬女車で頭イカれる奴出てくるのでつらくなる、本当だし、音楽は良いんだけど

トウキョウソナタ(2008年製作の映画)

4.0

みんなが思ってるよりつらくない映画だと思った
小泉今日子があなたはかみさまですかって聞かれるところが一番良かった、なぜなら同じところで私も彼女のことをかみさまだと思ったから

アウトレイジ(2010年製作の映画)

4.5

殺られる前に女とやるの最高、仁義なき戦いかよ どんどん続き観たい

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

4.0

これは宇宙人の侵略を手段としてどう愛を表現するかが目的なのだから、そもそもCGや細かい設定なんてどうでもよいのでは、と思う、一方で前田敦子の大根役者振りには笑うしみんな化粧薄くてチーク入れてないから悪>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

2.0

最近の実写ディズニー映画、前作までの登場人物の身内の設定のやつが出てくるようにするしか能がないのか?ふつうに眠くなる。

>|