ハルさんの映画レビュー・感想・評価

ハル

ハル

映画(402)
ドラマ(6)

ジョニーは行方不明/台北暮色(2017年製作の映画)

3.8

必ずグレイが混じっている空の色と、どこにも行けずに途方も無い気持ちになることは似ていると思った。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス(2016年製作の映画)

4.2

この作品にでてくる音楽や人の生き方や歴史を通して、愛に勝るものはないと確信した。

(2017年製作の映画)

3.5

一方的で切実な感情があまりにも強くて取り残されてしまった。
光はやはり素晴らしかったけれど、自分の美しいと思うものではなかった。

転々(2007年製作の映画)

-

東京を歩くのはほんとうに楽しい、いい映画

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

-

ひさしぶりにスーパーレイトショーでみた
音質が良くて光が眩しくて、微睡む暇がなかった

ラスト・ワルツ(1978年製作の映画)

4.2

寒い冬の夜にぴったりだった。

ジョニ・ミッチェル 出たところ寝てしまったからもう一度みたい

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

-

捨てていくことで透明になるとは限らないけれど、強いと感じる心が育まれていくのだと思った。

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

-

微笑んだイスと光のやわらかさが同化する瞬間を切り取りたい

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.5

途中寝て、気付いたら熊に襲われてた

真美ちゃんと横浜のホテルで観た

南極料理人(2009年製作の映画)

4.3

食べものや食べているひとがこんなにも出てくる映画ほかに知らない。
その上食が生に直結していることがよくわかるから、ずっと観ていたくなる。
登場人物もみんな愛らしくて、ただただしあわせな気持ちになった!
>>続きを読む

>|