ハルさんの映画レビュー・感想・評価

ハル

ハル

映画(534)
ドラマ(19)

プリティ・ウーマン(1990年製作の映画)

4.2

ヴィヴィアンの微笑みが切ない
パッケージどうにかならんのか

いつものように(1997年製作の映画)

4.1

つい昨日の出来事が映画になったみたいで、観るタイミングが最適だった
自分の生まれた年の作品なのに、今でも変わらないものが沢山映ってた
練馬中野渋谷新宿って親しみ深い場所ばかりなのも嬉しかったな

停電
>>続きを読む

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

-

お花を変えるシーン、最も美しく映る角度で撮影されていると思った

セレステ∞ジェシー(2012年製作の映画)

4.3

周りにいてくれる人間とセレステの笑顔がとても素敵

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

少年が木の棒を折ったところだけよかった

退屈な日々にさようならを(2016年製作の映画)

-

時系列が混乱することなく最後まで飽きずに観れたけど、声が聞き取り難くて何度か巻き戻した

街の灯(1931年製作の映画)

-

暗闇の中に最後まで映る目の輝きが美しかった

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.7

猫と暮らしたいことはないけど「猫と五つ目の季節」を読んだばかりで、色々想像してしまった

ふたりとも目がつぶら

耳をすませば(1995年製作の映画)

-

大好きなシーンが沢山あった
ジブリを観て明るい気持ちになれたのは初めてかもしれない

架空OL日記(2020年製作の映画)

-

お湯が出るまで時間がかかるから、出しておいてトイレにいくところが好き過ぎた
可愛らしいユーモアに癒された

最高に素晴らしいこと(2020年製作の映画)

4.1

埋まらないものはずっと埋まらず、それを抱えて生きていくしかない
心は誰にも分からない

>|