Toshiyaさんの映画レビュー・感想・評価

Toshiya

Toshiya

音楽で世界を救う映画が大好き。

5=何度でも観たい
4=友達に勧めたい
3=面白い
2=まあまあ
1=つまらない

モスラ対ゴジラ(1964年製作の映画)

3.0

登場シーンが好き
特撮って凄いなもっと勉強したい

60セカンズ(2000年製作の映画)

3.0

60セカンズでするところが最高にクール
ワイスピは2001年だからこの作品が間違いなく影響を与えている。

15ミニッツ(2001年製作の映画)

3.5

メタ映画と言えるのか
警官でなく消防士なのが新鮮。
音楽の使い方が面白くサスペンスだけどコメディタッチな演出で楽しく観れた。

チャイルド・プレイ2(1990年製作の映画)

3.5

ホラー的演出が強まり前作に負けず劣らず楽しい2作目。
人形工場の戦いは人形ホラーの性質を高め、チャイルドプレイのユニークさを損なわない最高のシナリオ。
手を振るグッドガイ人形が不気味な後味を残す。

チャイルド・プレイ(1988年製作の映画)

4.0

変なこと言っても信じてもらえないんだよなあ
そういう人の怖さも。
電池のシーンが好き

ヴィレッジ(2004年製作の映画)

3.0

ほーーーー
面白かったけどダークファンタジーぽい雰囲気はあまり得意じゃない
色が綺麗。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

4.0

復習上映で最前列に座ってみた。
何度目かわからないけれど感動が強まるばかり。

トリハダ 劇場版(2012年製作の映画)

4.0

映画ではないけれど、久しぶりに本気で怖かった。
オールしながらみんなで観たい。

エイリアン3(1992年製作の映画)

2.5

オープニングかっこよすぎ
エイリアンが宗教になる

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.5

スタークの新型か?みたいな台詞が好き。
たった一言でユニバースを感じられる凄い台詞だ。

クロユリ団地(2013年製作の映画)

3.0

みのる無双
前田敦子演技力有り過ぎ、最早取り憑かれてる

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

5.0

地元のシネコンで観た初回の衝撃はやはり忘れられない。初めてゴジラを怖いと思った。色々と疑問を残しつつも凄いものを観たと興奮気味に帰宅したことを覚えている。尻尾が気になっていた。

二回目はMX4Dで二
>>続きを読む

ブルース・ブラザース2000(1998年製作の映画)

4.0

信号で音楽止まるの最高
また教会出てきた最高
数え上げたらきりがない全部最高
1,2をクラブで上映して躍り狂いたい

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

5.0

歌も教会も監獄もエンディングも何もかもが最高!!!!!!
ロックとカーチェイス!!!
Thank you!you!you!!!

ソウ3(2006年製作の映画)

2.5

ジグソウの目線で見てしまう3作目は番外編のようでSAWではなかった。

が、いきなり冒頭でファッキンキルユーを連呼する映画はかなり信用できる

ソウ2(2005年製作の映画)

3.0

人がいかに人の話を聞いているようで聴いていないか。

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.5

東京国際映画祭にて

新しいスタートとして申し分ない8作目
見事に手中にはまってしまったがそれがまた心地よい!

HIGHJACK ハイジャック EPISODE1:732便応答せよ(2008年製作の映画)

3.0

よくあるようなハイジャックムービーなんだけども楽しく見れた。
CAさんが綺麗だったからかな

ビッグ・バグズ・パニック(2009年製作の映画)

3.0

アホ男に巨大昆虫&マッチョマン
美女はいないけども軽快なテンポでボスまでたどり着き大爆発!!
そしてB級END
模範解答のような午後ロームービー

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

5.0

IMAXにて

ディストピアが美しい過ぎて視神経が磨耗してしまう。
圧倒的な世界観を落ち着いた筆致で描いたアンサー。
世界中がアナデアルマスに恋をしただろう。

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

5.0

計算され尽くしたカメラワーク
情緒的で深みのある人間関係
突然の幕切れ
奇跡のようなエンドロール
幾つもの人生を観た

スリーデイズ(2010年製作の映画)

4.0

在り来たりな映画かと思いきやどんどん加速するサスペンス。
不幸しか待ち受けていない現実にもう止めてくれという気持ちでいっぱいに。
しかしこの映画はその先をゆく。
お祖父さんは何故?何か見逃したかな

タクシードライバー(1976年製作の映画)

4.0

恐怖は社会の内側から…とは行かぬがその一歩手前。
一人で抱えきれぬ鬱蒼とした気持ちをどこに吐き出せば良いのか。
2000年代ならば破滅しかなかったと思うが仮にも英雄になれたのは社会に受け皿があったから
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

3.0

やっぱりガイリッチーがどうも合わない。
ロバートダウニーJr.は英国紳士に見えないんだよなあ

モンスターズ/地球外生命体(2010年製作の映画)

3.5

終盤の電話のシーンが映画的
モンスターとは戦わない。予算的都合では無く、ギャレスの巨大な恐怖との向き合い方を示している様。
この次の作品がGODZILLAだなんて…
しかし今後の作品に通ずるテーマがは
>>続きを読む

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

3.5

止まらないバッティングセンター
止まらないウォーターサーバー
物語る死体

>|