GLLさんの映画レビュー・感想・評価

GLL

GLL

映画(168)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

メランコリック(2018年製作の映画)

3.0

ロジック的にあれ?と思うところがたくさんありまして、しかも結構大事なところで…
自主映画にしては上出来ちゃいますか。

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

3.5

最後の10分のなるほどのおかげでスッキリしました。
ただ、にしても、お芝居のあざとい感や説明台詞による傷はなかなか深い、笑笑
ラブアンドピース

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

3.8

D.O.本当にいい役者だね。
ストーリーは割と淡々と進んでましたが、飽きずに観れた。

アンダー・ユア・ベッド(2019年製作の映画)

3.0

ヒロインの芝居がちょっと…
キム・ギドクのうつせみを思い出した

タロウのバカ(2019年製作の映画)

2.5


自分の感性だと、太賀くんだけ良かった…
全体的に前衛すぎました…
監督が伝えたいことは分かりますが、、、

誰も知らないと同じ原型らしいけど、
アプローチの仕方が違うだけで、
こんなに違っくるね…
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

1.0

1.0でも高い…
監督は「映画」に対する何か誤解か?
これ、PVだよね?

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

3.5

平和ボケになってる日本のみなさんには衝撃な内容かもしれないが、隣の今の中国でもこんなこと普通にあるよ。
もちろんレバノンという特殊な地域はまだ別の意味があるので比べるつもりはないです。
子供二人は良か
>>続きを読む

いちごの唄(2019年製作の映画)

-

主人公芝居うざすぎてワザとらしい
石橋静河がみたいじゃなければ観てられない…

未成年(原題)(2018年製作の映画)

3.0

エンディングだけ少しいいねと思います。
偉そうにいえば、初監督作品にしては及第点かな

陪審員たち(2018年製作の映画)

3.7

事件の選び方やストーリーの作る方は一般人にとっては観やすいです。
同じく制度を描く「それでもボクはやってない」より大衆向けです。
芸術性はともかく、映画で社会問題の提起や社会を動かせるのは、韓国映画に
>>続きを読む

プライベート・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

第一次第二次世界大戦ではない
日中戦争でもない
ただいま我々が生きているこの時代・時間に起きている戦争
10代20代にはぜひみてほしい
世界の現状知ってほしい
これもメリーさんの望みでしょう

主戦場(2018年製作の映画)

4.0

実には素晴らしい。
絶対的正しい歴史真実誰も知ることができないと思う
ただ、過去の悲劇を繰り返さないために、我々は歴史を探求し、記憶する。

まあ、バカはどの国もいるね、テヘペロ

凪待ち(2019年製作の映画)

3.0

これを観て慎吾くんは日本のソンガンホになれるのではないかと一瞬思ってた。

ただ、ストーリースゲェ中途半端…特に最後な20分、、、、完全なる絶望を期待しはじめたらコレかいよ!「密陽」のようにどんどん壊
>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

3.0

結局ここからリートルゾンビまで成長も突破もできなかった。
短編で十分だな

さよならくちびる(2019年製作の映画)

2.5

途中までは、ホン・サンスの自由が丘でを真似してるの?と思うくらいアーティスティック風に作ってたが、最後の結末はいきなりなんでやねん!熱血高校生かいよ!

泣くな赤鬼(2019年製作の映画)

3.0

たしかにドラマでよくない?的な内容…
無って感じ…
でも、大きなスクリーンで柳楽さんの芝居見れるだけで目と精神の保養になる
出てきた赤ちゃんみんな可愛い!!しかもいびきするなんか、たまらん💕

よこがお(2019年製作の映画)

4.0

凄すぎるの一言!
日本映画がまだ死んでないって言いたかったが、日本映画っぽくないな、笑笑