Satoshiさんの映画レビュー・感想・評価

Satoshi

Satoshi

観たいものを観るのスタンスでやってます!

映画(346)
ドラマ(3)
  • 346Marks
  • 6Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ビッグマッチ(2014年製作の映画)

3.3

けっこうコミカル。アクションはそれなりにある感じ。安定感○

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

味があって良い雰囲気が漂っている。元気な90歳だなぁ。

劇場版 幼女戦記(2018年製作の映画)

4.3

戦闘が良い。安息とは何だろうと、ふと考えてみて笑ってしまう。

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち(2014年製作の映画)

3.5

歴史的な背景とか考えて観るとより面白さが増すのではないかと思う作品。

テッド 2(2015年製作の映画)

3.6

テンポ良く、コミカル、考えさせられることもある、爆笑できる、うまくできているなぁ。

トランスポーター イグニション(2015年製作の映画)

3.4

メインキャストが変わると印象も変わるがこれはこれで良いのかな。

花戦さ(2017年製作の映画)

3.6

穏やかな気持ちになって花を愛でたくなる作品である。

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.5

頭を空っぽにして楽しく笑いながら観ることができる作品だと思います。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.3

キャストは豪華。原作読んでない人にはそれなりに楽しめるのではないだろうかと思った作品でした。

ハナレイ・ベイ(2018年製作の映画)

3.4

共感力、感情移入型の人にはハマるかもしれない作品。執着心をどうしていくかを考える良作。

食べる女(2018年製作の映画)

3.5

身にしみたら、共感性が実体験あるあると言う、話かもしれない。

スノーデン(2016年製作の映画)

4.0

やろうと思ったとしても中々できない行為に果敢に取り組んでいる。監視社会、色々と考えさせられる作品である。

ハングオーバー!!! 最後の反省会(2013年製作の映画)

3.4

インパクトは落ちてくるが随所に笑える作品である。最終作ということで綺麗にまとめてある。

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

3.6

記憶は無くても、体は覚えている。人間の魂にも言えそうな根元かもしれない。

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.5

全てに、タネはあることを教えてくれる。と言うことは、人が持ちうることにもタネがあると…

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

仕事がスタイリッシュなこと、ハラハラしないのが好みな方にはハマる。しかしカッコいいですねぇ。

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.0

過去作から観ている人にとっては物足りなさを感じるかもしれません。慣れってのは恐ろしいですね。

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.2

個人情報が漏れて、本当に参った経験のある人には刺さりそうだが。さて如何に。

ワイルド・ギャンブル(2015年製作の映画)

3.1

ギャンブル依存症の末路だが、きれいにまとめちゃった感じです。

大脱出(2013年製作の映画)

3.6

頭脳プレーが光る作品でした。キャスティングが大物だから良いって感じよりもプロットが素晴らしいと思いました。

フェイク・クライム(2010年製作の映画)

2.9

変わることが恐いと思う心理、何もしないと言う選択肢、人間の根底にあるものを考えることができる。

ギヴァー 記憶を注ぐ者(2014年製作の映画)

3.0

特に捻りがあるような構成ではないので、スッと入っていく内容だと思います。

パーフェクト・トラップ(2012年製作の映画)

2.9

スプラッター多めでで、あまり複雑系じゃないのがお好きな方には合いそうです。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

血の繋がりが無い方がより家族として機能することもあると感じさせられる作品。

俺はまだ本気出してないだけ(2013年製作の映画)

3.1

全体的、ほんわかゆるい感じです。本気出してないと思った人には、しっかり笑える造りになってるかも。撮影場所の多くに八王子が使ってありました。

ReLIFE(2017年製作の映画)

-

観る人の素直な気持ちが試される作品。
執着心の強い人は、どう思うであろう。

監視者たち(2013年製作の映画)

3.2

良き感じのスリル…
コミカルは少なめで、やってのけました!

神と共に 第一章:罪と罰(2018年製作の映画)

3.4

SF好きならありかと思いました。感動詰め合わせセットだとは思いませんでした。

シャドウハンター(2013年製作の映画)

2.9

この手の作品好きには物足りない感があるかもしれないものです。

プラネット・テラー in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.0

好きな人にはたまらないもの。ごちゃっとやりまひたぁみたいな、要領を得ない感じが素敵と、その人の感性に叩きつける作品。

>|