ぱんどらさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

ぱんどら

ぱんどら

映画(209)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.2

盛り上がりに欠ける展開だった
作り自体は丁寧なのだがストーリーがそれを活かせていないように感じた

劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

うーん。
会話が冗長で展開が遅く感じられた
お兄様が強すぎるからってのもあるだろうけどイマイチ盛り上がりに欠けたと思う
一番最後のシーンも安定感ありすぎて感動もなかった

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

4.0

ちはやふる+コナンといった感じで事件というよりラブコメ方面が強かった気がする
これはこれで平和で楽しめた

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.0

言い回し、雰囲気など森見作品の良さを上手に表現できていた
四畳半神話大系でもそうなのだが、
映像に一種のオシャレさのようなものがあり見ていて非常に気持ちよく惹き込まれる作品だった
ストーリーは重要では
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

ジャズやミュージカルに関しては門外漢だが非常に楽しく見れる作品だった
始まりの10分で一気に引き込まれてしまい、無意識に足でタップしてしまっていたほどだつた(音は出さないように)
しかし、その後は割り
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険(2017年製作の映画)

4.3

声優が変わってからのドラえもん映画では間違いなくトップの出来だったと思う
近頃のドラ映画では感じられなくなってしまったワクワクがあり、やはり冒険こそがドラえもんの真骨頂なんだと再確認した
内容も10万
>>続きを読む

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール(2017年製作の映画)

3.9

全体的に丁寧に作り込まれていた
ストーリーは盛り上がりにかける展開が続くのだがアインクラッド100層での戦闘は非常に見応えがあり、ここだけで観に来た価値があったと感じられる
アスナのおっぱいでかすぎ

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.8

映像はMARVELの中でもトップクラスにド派手で見応えがある
が、内容は可もなく不可もなくといった印象
ラスボスの倒し方それでええんかい!と誰もが突っ込んだであろう
まぁ楽しかったといえば楽しかった

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.5

どんなに祈っても神は答えないし、奇跡も起こらない
そんな神をなぜ頑なに信じることが出来るのだろうか
宗教は詐欺に近い
嘘を本当だと認識させ本人に受け入れさせてしまうからだ
宗教が悪いとは思わないが
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.8

作中何度も良いシーンはあるのだが、最後にタイトルロゴがドーンと出たところで感嘆させられた
これ以上ないくらいのタイトル回収であった

あと高校生の女の子の「お母ちゃん」の言い方がメチャクチャ可愛い

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.5

ノスタルジーを味わえる映画だった
大人にとっては車ですぐでも、子供にとっては大冒険だという感覚は多くの人たちが感じてきたものだと思う
そこをくすぐられ昔を懐かしめた
ストーリーは、正直薄くて無いに等し
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

4.0

いわゆる雰囲気アニメのジャンルなのだろうか
一回観ただけではイマイチすべてを理解出来なかった
しかし作画や演出、シナリオとすべてにおいて引き込まれるものがある
観ていて楽しい映画とはこういうものだろう

ポッピンQ(2016年製作の映画)

3.5

子供向けの作品として考えるとそれほど悪くないのだと思う
ストーリーもわりと明確で作画も丁寧
扱ってるテーマも悪くない
ただ大きいお友達に対しては幼稚すぎて楽しめない
もっと子供に向けて宣伝を打ったほう
>>続きを読む