pansy820さんの映画レビュー・感想・評価

pansy820

pansy820

記録用。鑑賞の参考にフォローさせてもらっています。

映画(140)
ドラマ(0)

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

4.2

クリムトの絵は接吻が好きで、今回問題になった肖像画はぼんやりとしか知らなかったのでまさか「オーストリアのモナリザ」と呼ばれるほどの作品とは…
ヘレン・ミレンのちょっとうるさいマダムっぷりがやっぱり好き
>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

4.6

歌が圧巻。
マンマミーア観てシェールが気になって観たんだけど、アギレラの歌にずっと引っ張られて最後まであっという間だった。
ストーリーはいかにもなアメリカン・ドリームだったけど、歌を楽しむのにはいい具
>>続きを読む

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.6

すごく手塚治虫の火の鳥やSF漫画を思い出した。似ているわけじゃないんだけど、話のテーマやちょっとレトロな宇宙生活がほうふつとさせたのかな。
テーマとか主人公の苦しみとかすごく好みなんだけどなんだか惜し
>>続きを読む

アンドリューNDR114(1999年製作の映画)

3.5

ロビン・ウィリアムズだしアンドロイドものだしハマるかと思ったけどそうでもなかった…。
どちらかというと生きているロビンがみれて、あのスマイルを懐かしく思えただけで見てよかった作品。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

ハリポタはそこまで入れ込んでないけど、不思議とこのシリーズは次も観よっかなという気になる。
ただハリポタを知らないと謎が多く面白みに欠ける。あと、今回はこれからの戦いに向けての伏線のターンだったからめ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.2

珍しくエンドロールの途中で帰る人がほとんどいなかった。その方が、最後までクイーンの映画に酔いしれるもんね…

曲は知っててもフレディの事は全然しらなかったからあ、なるほどと思いながら鑑賞。あの手拍子は
>>続きを読む

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.6

軽いタッチで笑えないジョークが続いていく。そして最後のあのシーンだけ急に生々しく淡々として、当時の社会の恐ろしさを垣間見た気がした…

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.9

今の時代に制作されたことに意味を感じる作品。
表現することは確かに自由だけど、その分責任も意思も誇りもなければいけない。

日本ではこういうことが起こりにくい。というか起こったことない?
日本の表現の
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.1

なんとなく敬遠してたけど、観たらめっちゃ面白かった!
観てみると、アクションは少なめで、ドラマの方が多くストーリーも楽しめる内容でもっと早く観ればよかったなーと思った。

お父さんとの関係とか、弟のこ
>>続きを読む

追想(2018年製作の映画)

3.9

あんまり好みじゃないかもと思って観たけど、やっぱり好みではなかった…でも嫌いかと言われると嫌いではない微妙なラインの映画でした。
思うに、シアーシャ・ローナンの可愛さとかクラシックとロックの音楽の使い
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.3

理解しきれないまま終わってしまったけど、それでもものすごくいいものを観たという気持ちにさせてくれる。
インターステラーやダンケルクもそうだけど、この監督の世界観の構築の仕方がすごいんだと思う。多分細か
>>続きを読む

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

4.1

人種差別をテーマにした映画だと知っていたので、ちょっと観るのによいしょがいるかと思っていたけど、日常がメインのストーリーなのでわりと観やすい。

しかし、わりと観やすいだけで内容自体は頭を抱えたくなる
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.3

じんわりくるいい映画。
いいところは色々あるんですが、特に主人公の自分が好きなものを好きでいる自由さが好きでした。

お話の中では大切にしていたものを好きでいることに様々な障害が立ちふさがる。ジェーム
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.7

前作を観たこともないのに急に思い立ってみにいきました。
可もなく不可もなくという感じ。ストーリーがあまりないという意味ではグレイテスト・ショーマンとおなじですが、曲での引き込まれ度が弱い。しんみりパー
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.7

ちょっと期待しすぎた感。多分前作がすごくよかったから、色々期待してしまった。

とりあえず脚本が良くなかった。
ダイナミックなアクションや笑っちゃうスパイ道具とか、前作の良かったところをつぎはぎしてる
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.3

おもしろーい!
単純に楽しく、スカッとする映画。アニメならではのアクションがすごい。
ヒーローって現実で考えると大変な職業。

友達と気軽に見るのに良い映画でした。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.9

1つの時代、たくさんの人生。
エンドロールまでたどり着くとなんだか物悲しさを覚える。別にバッドエンドじゃないのに。
たまにはこういう映画もいいな。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.0

こんなことあるの⁉︎っていう実話ベースのお話。サルーが歩んだ道のりが厳しすぎて最初からハラハラしっぱなしです。でもニコールキッドマン演じるは母親を始め、オーストラリアで出会った人たちがいい人ばかりで本>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

4.5

劇場で観たらよかったなと反省…
映画好きにとっては良い映画でした。最初は地味でもラストに向かってじわじわ熱くなるストーリー。他の方のレビューにもありますが、よいセリフが多いですね。

そして我々がなぜ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

劇場で見れなくて心残りだったのでレンタルで鑑賞。話題になっていたのでどんなどんでん返しが待っているサスペンスなのかと思っていたら…ストーリーの主軸が実は事件そのものではなかったので少し拍子抜け。
です
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

今更レビュー。

予告見たときはもっと可哀想な主人公のお話って言うイメージだったけど、実際は自分で考えてちゃんと行動できる子だった。
周りもよくサポートしてくれる。
お父さんのキャラが好きだった。
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.5

前作に引き続き面白くグロく、スカッと見れるところがお気に入り。

前作は単独で行動の印象が強かったけど、エックスフォースという仲間ができたり親友登場で、世界観広がってよかった。1作目で出てたキャラがな
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.1

犬大好きなので、犬がフィーチャーされてて嬉しい!そして溢れる日本愛。日本を舞台にこんな作り込んだストップモーションアニメを製作してくるなんて、嬉しい限りですね。いろんなところに日本語が使われていて、楽>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.1

評判も良くハードル高めになりつつ鑑賞。
期待を超えはしなかったけど、良作のスポ根映画でした。

ありきたりといえばありきたりかもしれないストーリーですが、女性が出産・育児と役割を強いられるインド社会に
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

3.8

モード・ルイスは全然知らなかったのですが、主演目当てで鑑賞。

イーサン・ホークやっぱり好きだなぁ、と。一緒に観に行った人が、サリー・ホーキンスの演技が上手すぎたために主人公がかわいそすぎてずっと泣い
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.6

お母さんが強い!
そして息子はお母さんが本当に好きなんだな…愛だけでは問題が解決しなくとも、愛がなければ始まりもしない。

希望が少ない世界だからこそ希望を選択したと言い切る姿がかっこよいし、考えさせ
>>続きを読む

人魚姫(2016年製作の映画)

3.9

特に前半爆笑しすぎてしんどくなりました。チープ感とか、CGの甘い作りが逆に雰囲気に合っている。

タコ兄がなんだか小栗旬っぽく見えたのは私だけですかね…

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

4.1

サイモン・ペッグあまり見たことなかったんですが、この映画観てすごく好きになりました!こういう表情で訴えてくるコメディアン大好きです。

ストーリーはぶっ飛んでます。そしてグロいと聞いてましたが、確かに
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.0

季節はずれのキャロル鑑賞。
一言で言うと二人の美しさ、特にケイト・ブランシェットの姿に釘付けになりました。ちょっと口元だけで笑う表情が神々しいです。あと、ハスキー目の声。

周りの反応はもちろんネガテ
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.4

自閉症の少年が数学オリンピックを目指すお話。

主人公のお父さんが出番は少ないもののすごくステキなパパだった。
数学の先生やお母さんもそれぞれ魅力があって良かったです。

ルークについては救いがなく悲
>>続きを読む

戦火の馬(2011年製作の映画)

3.8

まだ馬が戦争に連れていかれる時代だった第一次世界大戦。アルバートの愛馬ジョーイが借金のために軍需用の馬としてヨーロッパに送られてしまう。

映像が美しいです。特に戦場を駆け抜けるジョーイの姿が躍動感に
>>続きを読む

>|