pansy820さんの映画レビュー・感想・評価

pansy820

pansy820

記録用。鑑賞の参考にフォローさせてもらっています。

映画(110)
ドラマ(0)

人魚姫(2016年製作の映画)

3.9

特に前半爆笑しすぎてしんどくなりました。チープ感とか、CGの甘い作りが逆に雰囲気に合っている。

タコ兄がなんだか小栗旬っぽく見えたのは私だけですかね…

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

4.1

サイモン・ペッグあまり見たことなかったんですが、この映画観てすごく好きになりました!こういう表情で訴えてくるコメディアン大好きです。

ストーリーはぶっ飛んでます。そしてグロいと聞いてましたが、確かに
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.0

季節はずれのキャロル鑑賞。
一言で言うと二人の美しさ、特にケイト・ブランシェットの姿に釘付けになりました。ちょっと口元だけで笑う表情が神々しいです。あと、ハスキー目の声。

周りの反応はもちろんネガテ
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.7

自閉症の少年が数学オリンピックを目指すお話。

主人公のお父さんが出番は少ないもののすごくステキなパパだった。
数学の先生やお母さんもそれぞれ魅力があって良かったです。

ルークについては救いがなく悲
>>続きを読む

戦火の馬(2011年製作の映画)

3.8

まだ馬が戦争に連れていかれる時代だった第一次世界大戦。アルバートの愛馬ジョーイが借金のために軍需用の馬としてヨーロッパに送られてしまう。

映像が美しいです。特に戦場を駆け抜けるジョーイの姿が躍動感に
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.9

予告から楽しみにしていた映画。
ゲイリー・オールドマンの演技力がすごかったです。名前しか知らなかったチャーチルが身近に感じられました。
奥さんとのやりとりも良かった。

ただカレーで犠牲になった兵士た
>>続きを読む

おみおくりの作法(2013年製作の映画)

4.5

孤独死した人を見送る仕事を一人で淡々と、でも優しくこなしていく民生係のジョン・メイ。

原題「Still life」とあるように、始終静けさを感じるストーリー。
いつも少し悲しそうな主人公の表情や孤独
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

ゴーグル1つで望む全てを叶えられるVR世界「オアシス」。
荒廃した現実から逃げるため、世界中の人々が参加するこの世界で、「オアシス」の所有権と莫大な宝を巡ってトレジャーハンティングが開始される。

>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

3.7

キャラクターは可愛くて、なんとも言えない味のある世界観でした。

フランスらしい毒のあるストーリーですが、釈が短すぎてあっさりしてたのが物足りなかったです。
あとエンディングもわたしの好みではなかった
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

4.2

恋愛描写が楽しくて、出てくる人みんなに温かみのあるいい映画でした。

民族、移民、宗教と最近多いテーマを扱っていますが、重くるし過ぎずさらっと見れます。

ご本人の演技力がすごい!

ミスティック・リバー(2003年製作の映画)

3.0

アメリカ的村社会…イーストウッドの後味悪いのも嫌いじゃないけどこれはちょっと…。

愛を読むひと(2008年製作の映画)

3.9

15才のマイケルは20以上歳の離れたハンナと一夏の恋に落ちる。

最初は切ないラブストーリーかと思いきや…後半は息苦しい重さのある展開に。

ハンナが自分の秘密をなぜ頑なに隠し続けたのか?なぜラストで
>>続きを読む

善き人のためのソナタ(2006年製作の映画)

4.2

邦題に惹かれて鑑賞。
見終わった後、改めていい邦題だと感じました。

壁崩壊前の東ドイツ。
社会主義体制の中で生きる人々の厳しさが生々しく伝わってきます。
そして、国家のために人生を費やしてきた主人公
>>続きを読む

めぐりあう時間たち(2002年製作の映画)

4.0

気になっていた映画をようやく観ました。
重いお話ですっきりはしないけど役者たちと重なって行く時間軸の演出が心にじんわり残ります。

同性愛がなぜテーマなのかはわかりませんでした…。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.4

最初思っていたストーリーと違いました。

もっとわかりやすいストーリーかと思ったら、観念的で哲学的。現実のあちこちに空想が入り込んでいる。観て考えることが好きな人向けかなと思います。
私はいろんな解釈
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.6

先天性の病気で視力の95%を失った青年がホテルマンを目指すストーリー。

実話ベースということですが、ご本人めちゃくちゃ頑張ったんだろうなと思いました。あんなぼやけた視界で接客なんて私には無理無理。
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.2

劇場で観たのに忘れてた映画。

シャーリーズ・セロンの体当たりなアクションが生々しい!窓からロープ持って飛び降りるシーンかっこよかった。
最後辺りの戦いながら階段降りていくシーンは観てるこっちが痛い。
>>続きを読む

ロング,ロングバケーション(2017年製作の映画)

3.7

おじいちゃんとおばあちゃんの家出ロードムービー。どちらもそれぞれ老いによる問題を抱えての道中なので、ただのロードムービーではない。
役者さんが上手くて、ちょっとした立ち方にも年寄りのぎこちなさが出てリ
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.9

淡々としてるけど、シュールな笑いがあちこちにあって映画館なのに思わず吹き出してしまいました。雰囲気は好き。わたしにはちょっと難しかった。

フィンランドのレトロ感溢れる街で、シリアから逃れてきた主人公
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.9

ミュージカルは劇場で観てこそテンションが上がります。どの音楽も良かった〜。
This is me もゾクゾクするかっこよさで良かったですが、最初のA Million DreamsとかNever Eno
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.4

久しぶりのインド映画〜🎬

細かいことははいいから雰囲気で全て乗り越えてしまえるところが好きです。
主人公の父が運命の女性と出会うシーンとか、一緒に船旅するところとか、演出がいちいち濃い味です。その濃
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.8

今回もパディントンとブラウン父が可愛いかった!ストーリーは前作の方が好き。笑いがあちこちにあって飽きなかったです。

私の住んでる付近では吹き替えしかなく、若々しすぎるヒュー・グラントの声に戸惑いまし
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.2

オープニングでまずびっくり。でもなんか面白くて見応えがあった笑センスないとできないんでしょうね
オープニングの人途中でも出てきた気がするけど気のせいかな?

全体の雰囲気はすごく好き。小説のパートは出
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.9

鮮やかな色彩やドールハウスみたいなセットが楽しい。ちょいちょいエグめのシーンがあります。
ストーリーはブダペストホテルほど面白くは感じなかったけど、嫌いじゃないのはこの世界観が好きということなんでしょ
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.6

9.11で亡くなった父が遺した最後のメッセージを求めてNYの街を歩き回る主人公オスカー。

太陽が爆発しても、8分間はそのことを知らずに太陽の光を感じていられる。太陽だった父を感じられる最後の8分間を
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.1

前から観たいと思っててようやく鑑賞。好みではないけど、見てよかった。
不思議な余韻が残るけど、個人的には後味が悪いとはあまり思わなかった。観た後にじんわり考えさせられる。でも気持ちいい感動はないです。
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.5

こういう映画大好きです。私もこのホテルに泊まってあのケーキ食べてみたい。
荒唐無稽。登場人物全てが舞台装置の様にエンディングまで駆け抜けるドタバタ劇。よく考えなくても酷いことが結構起きてるけどなんだか
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.5

ホロコーストがあったのかなかったのかを争った裁判があったことを知らなかったので、題材に惹かれて鑑賞。あと俳優さんが気になったので。
別に悪い映画というわけではないけど、事実以上のことは起こらないし、演
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.9

他に観たいものと時間合わなくてなんとなく観に行ったけど、今年一手に汗握る胸熱映画でした。ラストの畳み掛けるような展開は圧巻。時間あればもう一度劇場に行きたいくらいいい映画でした。
ロビイストを主人公に
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.7

カンバーバッチさんが好きで見ました。
3Dがすごい!魔術によって万華鏡のように留めなく変化していく様は見てるだけでワクワクする。映画館だと迫力すごかったでしょうね〜

ストーリーは…詰め込みすぎたのか
>>続きを読む

>|