nnさんの映画レビュー・感想・評価

nn

nn

映画(117)
ドラマ(15)

最高の人生の見つけ方(2019年製作の映画)

3.5

「最高の人生の見つけ方」の試写会へ。
これは2008年に公開されたハリウッド映画のリメイク。
ジャックニコルソンとモーガンフリーマン共演のこの映画、絶対いいよな〜観たいなあと思っていながら見ずにここま
>>続きを読む

お料理帖~息子に遺す記憶のレシピ~(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

予告を見たら、あらすじはだいたい予想できるし、今まさに年齢的にも親の介護問題に突入する時期なので、
もう号泣する自分が想像できた。
が、意外とあっさりとした描き方。
いや、切ないのは切ないのだが、これ
>>続きを読む

SHADOW/影武者(2018年製作の映画)

3.5

チャン・イーモウ感最新作。試写会にて鑑賞。
ざっくり言いますと、「三国志」の荊州争奪戦をアレンジしたお話・・・「ザックリ」って音が聞こえてきそうだ・・・
三国志を知らないのでまっさらな気持ちで観ます。
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

7月17日
今朝の朝日新聞。
「首相帰れ」ヤジ 警察いきなり排除
という見出し。
読むと・・・安倍首相の街頭演説の時にヤジを飛ばした市民を警察が取り押さえて移動させたというのだ。
こんなことって、今
>>続きを読む

ニューヨーク 最高の訳あり物件(2017年製作の映画)

3.4

オンライン試写会に参加。
夫と一緒に鑑賞する。
あとでレビュー書くから心してみてね!と言うと・・・
びっしりメモしてる。
マジメか!

先週のワタクシは何かと忙しく、レビュー書かなきゃ書かなきゃと思い
>>続きを読む

神と共に 第一章:罪と罰(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

「神と共に 第1章」の試写会へ、ブログ仲間のるいさんを誘って観に行く。

普段は下調べなどせず、せいぜい予告編を見るくらいだが、今回は韓国通のるいさんとの鑑賞。
少しは知識を入れておかなきゃと、
>>続きを読む

空母いぶき(2019年製作の映画)

3.8

「空母いぶき」の試写会へ。

後から夫に「なんか珍しくない?君がこういうのを観るって。」
確かに。
ワタクシ、基本的には戦争もの動物ものアイドルものは見ないと決めている。
予告を見て「これは
>>続きを読む

初恋~お父さん、チビがいなくなりました(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

実力者たち総出のキャストと、しっかりした漫画(西烔子原作)ということで安心して観ていられる。
登場するチビちゃんが黒猫というだけでポイントアップ。
そんでもってこのチビちゃんがいなくなって、お母さん(
>>続きを読む

轢き逃げ -最高の最悪な日-(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

まず、ざっくり全体的な感想から述べますと・・・
タイトルが「轢き逃げ」ですからね、そりゃハッピーな話じゃないとは覚悟はしてましたけど、う〜ん、思ってた以上に後味が悪い。
人間って、そんなに弱いもの
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.0

ワタクシは、あまり監督が誰かということは気にせず観るケースが多い。
誰が演るか、ということもあまり気にしない。
「原作」があるとしたらそれは気になるし、そのイメージが自分の中で出来上がっていたらそ
>>続きを読む

僕たちのラストステージ(2018年製作の映画)

3.9

昨日は、「僕たちのラストステージ」の試写会へ行く。

1953年、かつて世界中から愛されたお笑いコンビ ローレル&ハーディは、イギリスでホールツアーを開始するも、既に二人は過去の人になっていた。
>>続きを読む

初恋のきた道(1999年製作の映画)

3.5

半分寝ながらみたが、それでもチャンツィーは可愛かった。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.9

観終わって、???の気分で見るエンドロールが凄すぎて。
菅田将暉に広瀬すず、原作は、ワタクシの大好きな映画「スワロウテイル」の岩井俊二氏
脚本は、これまたワタクシの好きな「バクマン。」や「サニー」の大
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

3.5

最初、玉子の妖精が出てきた時は、げっ!ファンタジーなの?と引いたが、なかなか面白く観た。
この歳になって思うことは、大人と子供の境界線って何だろう。子供の言葉に傷つけられ、子供の心を傷つける。大人って
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.3

娘から『ママ、絶対好きだと思う』と薦められていたグリーンブックを観に行った。
ホントそう。大好き!こういう映画。
大体、予告動画見ただけで内容はわかる。

時は1962年、ニューヨークの一流ナ
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.0

うーむ。やはり、ワタクシにはわからない。
立体的なのがダメなのか、ジョークがダメなのか、はたまた社会的道徳的な点が許せないのか?

天国でまた会おう(2017年製作の映画)

3.6

予告編を見まして、綺麗な映像、おしゃれな感じが、戦場の悲惨さより上回ったので(自己判断)試写会に応募した。
基本的にワタクシは、戦争もの、ゾンビもの、動物もの、アイドルものは避けるように
している
>>続きを読む

洗骨(2018年製作の映画)

3.9

昨日は、「洗骨」の試写会へ。
これは、ワタクシ、見る1日前まで知らなかったのだが、ガレッジセールのゴリさんが監督!!!
よって、重いテーマの割には、そこかしこに笑いが仕込まれている。

沖縄の
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

昨日、夫と「ボヘミアンラプソディー」IMAX鑑賞。
夫が隣で涙を拭うのが気になって結局泣かないワタクシって中二病・・・

いや、だいぶ遅れをとったということもある。
いろんなところで感動の嵐で
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.3

昨日は「七つの会議」の試写会へ。
池井戸潤原作の企業モノである。

ここでひとつお断りを。
ワタクシ、「半沢直樹」は見てないし、
その後、それを反省して「花咲舞が黙ってない」「ルーズヴェルト
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

「バジュランギおじさんと、小さな迷子」の試写会へ。
今年初の試写会にして、今年のベストワンになるかもしれぬと思うほど大好きな映画であった。

簡単にあらすじを言いますと、っていうか、もう題名で大
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.6

実話、それも記憶に新しいものの映画化は切なさが募る。あの衝撃的なニュースと映像。
ただただカッコいい、いや、カッコイイなんて軽い言葉では申し訳ない。
そんな英雄に、あの後、こんな大変なことが起きていた
>>続きを読む

TAXi ダイヤモンド・ミッション(2018年製作の映画)

3.3

年末最後の試写会にて鑑賞。
まず反省として、やみくもに試写会に応募するのはやめましょう。
先入観を持たないために、なんて理由でその映画のことを深く調べないで見に行くのも、今後すこし改良していきましょう
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.8

しつこいですが、ワタクシ、ホント洋楽を知りません。
もちろん、レディガガ様のことも、ほとんど知りません。
映画が始まって、「ををっ!素顔のレディガガってこんななんだ!」と思ったくらい、あのド派手なコス
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.8

これは漫画が原作。
さえない中年男を大泉洋氏。
その中年男を好きになる女子高生を小松菜奈ちゃん。
ストーリーもさることながら、今回でワタクシ、大泉洋氏は天才!と認識しました。
彼の多岐にわたる才能は存
>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.7

映画
これは、筋ジストロフィーの青年がボランティア達と自立生活を送った実話。
大泉洋氏のキャラクターとあいまって、明るい映画に仕上がっている。
が、ボランティアというサークルに参加している身として
>>続きを読む

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―(2018年製作の映画)

3.6

映画
なぜ、これを見たいと思ったか。
うっすらとこのシリーズのことは知ってましたよ、RAILWAYS。
でも前2作は見ておりません。
なぜに今回はこれを見ようと?
これ、鹿児島の肥薩おれんじ鉄
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

途中、激しいデジャヴ感に襲われる。
『容疑者xの悲劇』だ!
広瀬すずちゃんは安定して可愛い。
でも、なんとなく決め手に欠けるというか・・・

ミックス。(2017年製作の映画)

3.4

新垣結衣さんが可愛いから、まあ、いいんですけどね。
卓球のシーンが、どうにも・・・
みんなで何かを作り上げるってのは、ストーリー的には好きなジャンルのはずなんだけどなあ。
蒼井優ちゃんも可愛いかった。
>>続きを読む

億男(2018年製作の映画)

3.4

原作は読んでいた。
今をトキメク「川村元気氏」著、である。
う〜ん、面白かったですよ、エンターテイメントだなあ〜と。
ワタクシの偏見ですけどね、川村元気氏が以前アサイチで「それでは客は泣かない」的なこ
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます


上越の高田世界館にて観賞。
簡単にぶっちゃけて言いますよ。これから観る予定の方は読まないでね。
東出君演じる「麦」とドラマチックな出会いから付き合い始めた朝子だったが、「麦」の突然の失踪によりその恋
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

3.3

う〜ん。色々諸々ショッキング。
自分がいかに政治に疎いかという事、自分がいかに単純に二者択一的かという事、自分がいかに勉強不足だという事。
オバマ氏は良い人、トランプ氏は悪い人。この思い込みも崩された
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

これは、今年のマイベストワンかもしれん!
前評判もいいし、『最初はイマイチだけど後から・・・』等の情報が入ってはいたのでそのつもりで見たということを差し引いても、それでもおもしろかった。
ナイツの漫才
>>続きを読む

>|