蜘蛛マンさんの映画レビュー・感想・評価

蜘蛛マン

蜘蛛マン

映画(338)
ドラマ(0)

ハードロマンチッカー(2011年製作の映画)

3.8

ヤンキーとヤクザしかいない下関の街で、ひたすらにヤンキーが殴り殴られる映画。
不良漫画とかヤクザ映画が好きな人はきっと好きなはず。ゆえに自分も好きだった。
さりげなく下関市が風評被害にあっている気がす
>>続きを読む

バード・ボックス(2018年製作の映画)

4.0

設定が猛烈に好みだった!
目を開けて「それ」を見たら自殺してしまう。でも心に闇を抱えた人間は自殺せず、むしろ「それ」がとても美しく見えるという。
いやもう相当象徴的でクールな設定。「それ」、当たり前に
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.3

変態映画だった。
正直に言って、この手のアート色強い映画はあんまり観てて面白いもんではない。

色彩とか光の使い方とか鋭い音楽とか妄想的なビジュアルとか、そりゃあなんか個性的だなーとか尖ってんなーとか
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.0

これは素晴らしい映画だと思う。
かなり心を揺さぶれるものがあった。
心温まるハッピーエンド系の展開だと思ってたんだけど、まさかの悲しい結末にビックリ。

70年代のこととはいえ、ゲイをめぐる偏見や差別
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

2.8

監督の自意識過剰さで全体が崩壊する、わりとありがちパターンのダメ邦画だと思う。
意味深カットとか爆音で挿入される音楽とか、こういうのカッコいいって思う人、どんだけいんのかな?
話の展開自体はわりと惹き
>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

4.3

いちいちカッコ良すぎる映像、静かで乾いた空気感と緊張感、強烈に訴えかけてくるテーマ性。間違いなくコーエン兄弟の最高傑作でしょう。

なによりもまず、ハビエル・バルデム演じる殺し屋アントン・シガーのキャ
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.9

ポン・ジュノ監督ってほんとに面白い映画を作る。
牧歌的な雰囲気の序盤、アクション満載のエンタメな中盤、アイロニカルでシリアスな終盤。
落差の大きさにめまいがしそう。
特にこの監督の真骨頂たる社会風刺を
>>続きを読む

ブラック・スキャンダル(2015年製作の映画)

3.4

ジョニー・デップの顔が怖い。
この人ってどんな映画でどんな役をやっていてもなんか顔から狂気を感じる。

内容的にはFBIとマフィアが裏で情報提供し合うってだけの話で、政治家はただ弟なだけだし、物語とか
>>続きを読む

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

3.2

登場人物たちの心の動きが自分にとっては摩訶不思議アドベンチャー。
「愛」がテーマの作品、鬼門です。

ロード・オブ・ウォー(2005年製作の映画)

3.8

こういう身も蓋もない現実を描く作品は好き。
社会がどんだけ上部を取り繕っても、深いところでは血みどろの事態が進行している。
それに対してどうこうできる術をわれわれは持っているわけではないけれど、少なく
>>続きを読む

スパイダーマン(2002年製作の映画)

4.5

生ける伝説、現代の神話、そして個人的な最強最高ヒーローたるスパイダーマンの生誕物語である。
いまの世界的ヒーロー祭りの生みの親は、この元祖スパイダーマンの成功だと勝手に確信している。
ご都合主義も無理
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.9

良い意味での雰囲気映画。
降霊術やら映画製作やらのストーリーはなんだかまとまりがないように感じるんだけど、姉妹とおじさんの佇まいにそれこそとても雰囲気があり、映像も鮮やかで美しかった。特にパーティーで
>>続きを読む

アメリカで最も嫌われた女性(2017年製作の映画)

3.0

なんかイマイチな映画だなあと思って見ていたが、なかなかショッキングなラストを迎えて唖然。
無神論者マデリン・マリー・オヘアのアメリカ社会(主にキリスト教)との闘いを描くが、そもそもマデリンが無神論者に
>>続きを読む

ワールド・オブ・ライズ(2008年製作の映画)

4.1

派手なドンパチは少ないものの、終始緊張感のある対テロ戦争系スパイ映画。
なんか評価は低いけど、自分はこういうの、かなり好き。
中東のキレイゴトではない現実を前に、CIAもキレイゴトでない嘘の謀略を巡ら
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.7

秀逸な設定とビジュアルで魅せる独創的な作品。
スイスアーミーナイフのように万能な死体を使った工夫と展開もなかなか面白い。
我々が当たり前のように生きている常識や文明人としての恥の意識を揺さぶるようなメ
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.9

かなり高度な胸糞映画。
なにが悲しいって、この野心家の主人公のマクドナルド乗っ取り物語は、アメリカの、というか世界の資本主義の真実を如実に体現していること。
乗っ取る側と乗っ取られる側、詰まるところそ
>>続きを読む

ノア 約束の舟(2014年製作の映画)

3.6

全力で宗教してる一本。
公開当時はあまり評判良くなかったように記憶しているが、旧約聖書の世界をビジュアルで再現してるってだけでも、けっこう見る価値あったように思う。
宗教ってのは世界を滅ぼす破壊力があ
>>続きを読む

ザ・タウン(2010年製作の映画)

3.7

全体的に可もなく不可もなくって感じのクライムサスペンス。
監督・脚本ベン・アフレックに期待値上げすぎた感。
とはいえメインとなる強盗シーンは臨場感もリアリティもあり見応えがあるし、ジェレミー・レナーの
>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

4.1

強烈。
あの兵隊の最後の顔。
ここ数年見たなかで一番怖い顔かもしれない。
遠い昔に原作も読んだが、やはり戦争ものはビジュアルの方がはるかに伝わる。
生き死にの極限の話は、もはや言葉以前の次元の話だ。生
>>続きを読む

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

4.2

誘拐された麻薬王の息子を救い出すっていうかなりシンプルなストーリーだけど、ともかくアクションが凄くて片時たりとも目を離すことができない。
特にダッカ市内でのワンカット風の市街戦は圧倒的な臨場感だった。
>>続きを読む

フィフス・ウェイブ(2016年製作の映画)

2.7

絵に描いたような典型的人類滅亡系SFだが、そしてこういうベタな設定は個人的にかなり好みなのだが、さすがに愛せない驚異の尻すぼみ感。
むしろその道のプロたちが集まって大金と時間を費やして製作した作品がど
>>続きを読む

ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年製作の映画)

4.0

あくまで自分の解釈でしかないが、邦題は若干ミスリードな気がする。
もちろん核となるのは「人間」ヒトラーの錯乱と狂気の日々ではあるが、原題「没落」が示す通り、本作は決定的に没落したドイツ帝国自体の末期の
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.0

トム・フォードのこだわりのある美意識が作品全体を貫いていて、見応えのある一本。
元夫から送られてきた小説を読むだけのストーリーではあるが、小説はなにを表現しようとしているのか、小説を送ってきた元夫の意
>>続きを読む

エアベンダー(2010年製作の映画)

2.5

シャマランの名声を地獄の底まで叩き落とした伝説の作品。
ストーリーは陳腐の一言だが、ウネウネした動きから水とか火とか繰り出すのは、少年マンガ的なノリでわりと好きかも。
頭の光る矢印、超ウケる。

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

3.8

シリーズ初鑑賞。
ワイルドスピードシリーズと言えば、「アメリカの政治のこととか将来のこととか全く考えてないアホなティーンエイジャーがとりあえずハイになるために観に行く頭空っぽ映画」だと勝手に思い込んで
>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

1.8

スティーブン・キングの大長編をわずか90分程度で描こうとした意欲作(皮肉)。
原作未読だが、おそらくキングが恐ろしく饒舌に語ったであろう世界観や設定は省略されすぎて全く表現できておらず、キャラクターも
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.3

キャラクターの個性や魅力を、はじけた演出やポップな世界観を通じて最大限高めることに成功していると思う。
女性が男性をボコるアクションは、やや食傷気味ではあるけれど、動きやボコり方のバリエーションも豊富
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

4.4

グザヴィエ・ドランらしさは存分に溢れてるのに、シンプルな分かりやすさや感動も兼ね備えた、けっこう素晴らしい作品。
感度の高過ぎる天才さんで、なおかつ性的マイノリティとくれば、本当に苦労が多そうだとお察
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

2.4

ひどいな、これ。
くるぞくるぞと思い続けてる間に気づいたら終わってたわ。

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

4.1

真っ当な倫理観に基づいて真っ当な社会的生活を営んでいくことに特に不満はないしそれはそれでそこそこ幸せだと思うんだけれど、それだけだと、やっぱり精神的な何かが緩慢に腐っていっているような気がしてしまうん>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.8

超絶技巧の撮影技術が冴え渡る。
というかその技術のお披露目のために、没入感高めの題材と死ぬほどシンプルなストーリーを選んだのではないかと邪推したくなってしまう。
今後の映画の在り方の一つを示す先行作品
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.0

軽口で語る重い話。
現政権をディスる明確に政治的なスタンスを取っているが、そういう皮相的なレベルよりも、もう少し根が深いことを語っているようにも思う。
「白人」「黒人」のような見た目での線引きだけでな
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

すっごくよくできた映画。
設定からして感心しきり。
この妄想と憎悪に満ちた世界を笑い飛ばすとまでは残念ながらいかないが、でもこの世界も捨てたものじゃないかもしれないと、お腹の中で蝶が飛び回るみたいな温
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.4

普通に傑作だと思う。
設定の妙、スリリングな展開、雄弁な映像、会話やユーモアのセンス、どれをとっても超一級品。
ただ、あくまで属人的な感想としては、これでもかと世界中で強調される「格差社会」が、個人的
>>続きを読む

幸福なラザロ(2018年製作の映画)

4.4

オリジナリティ溢れる現代の聖人譚。
無垢な瞳を通じて描き出されたこの人間社会は、なんと冷たく、さもしいところであることか。
幸福感どころか、とても救いのない話に思えた。が、その救いのなさにこそ、本当の
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.0

超正統派の真正面から爆走映画。
お手本のような困難や逆境の数々。
みっともなくも強大な組織人たち。
レースシーンがいちいちカッコよくて、全体的にアゲアゲな映画だった。

>|