pappoさんの映画レビュー・感想・評価

pappo

pappo

映画(1033)
ドラマ(0)

映画 聲の形(2016年製作の映画)

2.9

もがきながら生きていくんだよね。でもいつかたどり着けるさ、そう言われて肩をポンと叩かれたような気がした。

イコライザー2(2018年製作の映画)

1.9

私は断然1の方が好み。1の市井の人間に悪を働く悪い奴らを瞬殺していくのが痛快だった。2は銃撃戦になってしまい、ちょっと物足りなかたった

悪のクロニクル(2015年製作の映画)

2.5

話をこねくり回してなんとか辻褄を合わせたような感じですか。
でもエンタメとして見れば、まー、楽しめました。

エンド・オブ・トンネル(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

おもろかった。特にラスト10分の会話劇がよかった。しかし、結局、お金はどーなったのか?
まさか車と一緒に焼けた訳じゃないよね?
膝の上に乗せたチェック柄のバッグに入っている? というオチなのか??
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

2.9

目先の目標、目先の金、そんなものより人命が第一。でもその当たり前のことを当たり前と思わない金の亡者とそれに惑わされるクソッタレ経営者がいる。

インターセクション(2013年製作の映画)

1.6

このレビューはネタバレを含みます

女に恨みのある男は胸がスカッとする話かもね笑笑

フード・インク(2008年製作の映画)

2.2

食が体と心を作る。そのことをあらためて感じた。
作品の終わりに字幕で、食生活を良くしてゆくポイントが説明され、そういう小さなことを大切にしてゆこうと思った。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.0

これがホントにあった話とは。人々の勇気と愛に心を打たれた。

フラワーショウ!(2014年製作の映画)

2.4

先日たまたまテレビで生け花の新しい流れとして、同じコンセプトで活けていたのを見た。
ニューヨークでは注目されていると言っていたような記憶があるけど、ひょっとして、メアリーの考え方が少しずうの世の中に浸
>>続きを読む

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー(2014年製作の映画)

3.0

自分の人生を愛して、愛したまま、死んでゆくのでしょうね。羨ましい生き方

タイピスト!(2012年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

タイピングが格闘技だったとは!!

日日是好日(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

同じメンバーでお茶を立てても、一度として同じではない、だから全身全霊でお点前をする、という言葉に一期一会の本当の意味を教えられた気がした、
自然も一期一会、暑さも寒さも、一期一会だと思い、味わえること
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

3.6

こちらのレビューで本作を知り、早速視聴!
凄く良くて、何度も涙腺が崩壊した。
目をとじた時に、一番大切な人の顔が何度も浮かんだ。
もっと大切にしたいと思った。

とてもとても素敵な映画だった。
まるで
>>続きを読む

ピクセル(2015年製作の映画)

3.0

かじった程度しかやってなくても、ゲームキャラ懐かしかった。
もっとゲームのメロディがたくさん流れていたらさらに楽しかったかなー。
おふざけ映画かと思いきや、結構ちゃんと作りこまれていて面白かった

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

2.5

昔はこういう勢いだけのアメリカのアクション映画をバカにして、もっと人間の深淵を垣間見せてくれるような映画が好きだったんだけど、今は、SFXの技術が飛躍的に向上しリアリティが増したこともあり、こんな金の>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.8

めちゃくちゃおもろかった。ポスターからグロい映画なのかな? と、思っていたけど、内容全然違っていて、楽しめたし、明日という一日を大切に生きなきゃと思った。

ワイルド・ストーム(2018年製作の映画)

1.4

このレビューはネタバレを含みます

少しずつ惜しいなーと思った。例えば3台のトラックの2台目で早々とヒロインが救われるけど、やっぱり最後の車でやっと救われなきゃでしよ。
あと、悪者2人が追いかけるシーンでは、逃げる主役の方が圧倒的に凄い
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

2.5

面白かったけど、話が終わってみれば、トーニャがスケート一途に頑張ってたんだけど親や周りに恵まれなかったみたいな話に微妙になっていて、そのさじ加減が凄いと思った。
ホントの所はどうなのか?

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.0

おもろかった。これ映画館で見ていたら、何度もビクってなって。多分隣の席の人に笑われてたろな

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.1

前知識無しで見て良かった。見せ方も面白くて、最後がまた良かった。

青い塩(2011年製作の映画)

1.8

元ヤクザというより、聖人という言葉がピッタリの男ですね。
ヒロインが北川景子に似てますね。

少女は悪魔を待ちわびて(2016年製作の映画)

3.0

さすがの韓国映画。日本の映画は核の部分で決定的に負けてる気がする。

感染列島(2008年製作の映画)

2.0

時に見てるこっちが恥ずかしくなるような演出があったものの、医療現場が日本の病院ということで、そこだけは臨場感があって、恐ろしさと映画としての面白さを感じた。
今回のコロナは要請止まりだったけど、これが
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

安藤サクラが池脇千鶴の目の前で泣くシーンにしびれた。
ただ、なんなのかなー、物語に対する違和感は残る。
血の繋がらない男女が一つ屋根の下で暮らし、互いに思いやりに満ちて、大した諍いも起きず、優しく、慈
>>続きを読む

フィッシュマンの涙(2015年製作の映画)

2.0

そして彼はようやく自分でいられる場所を見つけたのだった。

特捜部Q カルテ番号64(2018年製作の映画)

2.6

前知識無しに観たら面白かった。主要3人のキャラクターが良かった。

>|