pappoさんの映画レビュー・感想・評価

pappo

pappo

映画(850)
ドラマ(0)

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

1.7

このレビューはネタバレを含みます

ヒロインがこじらせ過ぎてて笑えた。でもせっかく絶滅危惧種というレアネタで話しが合ったんだから、これからを育てていけばいいのに、と思った。
それが出来ないところがこじらせなんだろうけど。
なんだかんだ結
>>続きを読む

ドリーマーズ(2003年製作の映画)

2.1

このレビューはネタバレを含みます

革命に賛同する若者らの軽薄さよ。デモさえもファッションみたいなものだろうか。
まー、そんなことより、部屋がとにかくオシャレすぎる。
部屋の間取りといい、壁といい、小物や絵画、もうなにもかもが美しい。
>>続きを読む

さんかく(2010年製作の映画)

2.6

スゴいわかるー。
男って、、、自分も含め、アホですね。アホな生き物ですよ。

ハウスメイド(2010年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

メイドのオンナは確かに自らも喜んで不倫していた。倫理的にどうか、という点は置いといて。その関係を金で清算し済ませようとした男に人格を踏みにじられ、さらに強制的に薬で堕胎させられ、さらに人生を踏みにじら>>続きを読む

アジョシ(2010年製作の映画)

1.6

このレビューはネタバレを含みます

人身売買組織のボスがベンツの中で撃たれて死ぬシーン、車の中に悪党の血しぶきがドバーって窓にビシャーってなったら、かなり気分的にスッキリしただろうな。なんの罪もない子供の目をえぐって角膜売ったり、大人の>>続きを読む

息もできない(2008年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

ヒロインは美人というわけではないんだけど、とても魅力的。
膝枕で2人で泣くシーンが切なくて、互いの生い立ちや境遇に思いを馳せながら、涙がポロリとこぼれた。

ユー・ウォント・ミー・トゥ・キル・ヒム(2013年製作の映画)

1.4

このレビューはネタバレを含みます

チャットで男がまず警戒するのは相手がネカマじゃないか? ってこと。(でしょ?)
まー、要するに成りすましを警戒するわけなんだが、この話もチャットなんで、そうなるんじゃないか? って思ってたら案の定、、
>>続きを読む

悪い男(2001年製作の映画)

1.3

このレビューはネタバレを含みます

どこまでも男目線の胸糞映画
ここまで人生無茶苦茶にされた相手に惚れる? は? それでラストはあーなる? は? って感じ。
恋は理屈じゃないんだよ、お前女をわかってねぇなー、と作り手の声が聞こえて
>>続きを読む

ウンギョ 青い蜜(2012年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

雨の日にウンギョがやって来て、床に雨の雫がポタポタと残っているのが官能的。
女子高生が男と寝る理由にグッときた。
ラストは切ない。
無邪気で自分の寂しさが日々の全てだったのに、ほんの少しだけ大人になっ
>>続きを読む

15歳のダイアリー(2004年製作の映画)

1.9

このレビューはネタバレを含みます

子どもはいつでも手探りで大人の愛情を求めてる、そんなことを感じた作品でした。子どもだけでは世の中を渡ってゆくのは難しく親の愛情を見失えば、本能的にほかの大人の庇護を求めるものなのかもしれないですね。>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

1.6

そういえば昔地上波で見たのをすっかり忘れてました。内容はよく覚えてないけど「おもしろくだらな」って感じだったなー

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

1.6

このレビューはネタバレを含みます

登場人物の後ろの壁がオシャレ過ぎてついつい目がいく。
面白かったんだけど一つだけ違和感が。それはベッドで眠るシーンや別荘で寝るシーン、あの状況でぐっすり眠れるもんなん? って違和感あった。
自分がも
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

1.6

綾野剛ええなー
笑いながらブツ殺す、迫力ありました!

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

1.3

このレビューはネタバレを含みます

いや、アンタ車と犬のために何人殺せば気が済むんかい!ってツッコミ入れながら観てた。
キアヌのアクションがスローモーションを見てるかのようでかつてのキレは見られなかったのはちと残念。
しかしもっと残念だ
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

この人の作品は観るのに勢いが要るので借りてきたものの中々観る気になれずにずっと棚に置かれていました。
しかし、なんとなく心の調子が整った感じがした日に思い切って見始めました。
するとどんどん作品の中に
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

1.1

このレビューはネタバレを含みます

発想もアイデアもすごい!
でもテーマは薄い。
それでもラストまで楽しめる。
あのラストにしたことでテーマ性は薄れてしまったけどエンターテインメント作品として見れば特上の余韻の残る作品となった。
テーマ
>>続きを読む

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

1.1

色々見逃し、聞き逃してるんだと思うんだけど、結局、子供時代にヒロインが兄が殺ったと嘘をついた理由はなんだったんでしょうか?
肝心な所を見落としてしまった。だけどもう一度観る気にはなれませんでした。

レクイエム・フォー・ドリーム(2000年製作の映画)

2.4

麻薬だけではなく処方薬でも中毒になることがあると何かで読んだことがあるけど、クスリは恐ろしいなとあらためて感じた。ささやかな夢も希望も日々の喜びも黒く塗りつぶしてしまう。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

1.1

このレビューはネタバレを含みます

予防線張りまくりのこじらせ女に一言だけ言わせてもらうが、不安や辛いことやなんやかやあっても人前では笑ってるもんだろ。
映画の感想としては、2日前、竹下通りに行ったらGW中で激混み、抜けるのに40分もか
>>続きを読む

リード・マイ・リップス(2001年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

本当によく出来た脚本で、なにもかもが素晴らしい作品だった。
ヒロインがチョイブスなんだよね、それがいい。そのことがストーリーを支えている。
美人かブスかという話は多分タブーっぽいんだけど、この作品の
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

1940年代半ばに盛んに行われ後にノーベル医学賞まで受け大流行したロボトミー手術、敬虔な精神科医は当時からこの手術には頼らず患者との信頼関係をつむぎ、根気強く心を開いて患者の話を聴けば、そして患者自身>>続きを読む

ふきげんな過去(2016年製作の映画)

1.1

このレビューはネタバレを含みます

好き嫌いが分かれる作品かもしれないですね。
絵作りやセリフや雰囲気作りにこだわりを感じましたが、肩に力が入り過ぎでは? と思いました、作品にかける 真剣さは伝わってきましたけど。
最後の爆弾とワニで上
>>続きを読む

崖っぷちの男(2011年製作の映画)

1.7

このレビューはネタバレを含みます

とても面白かったんだけど、交渉人の女刑事の目線で観たら、もっと物語に没入できたと思う。
女刑事が橋から飛び降り自殺した男を止めることができずに死なせてしまうシーン▶世間にバッシングされ、自信を失い、悪
>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

1.8

作品から自殺も殺傷事件も父親の高圧的な態度が原因だったということはよく伝わってきたんだけど、そうなると事件のとらえ方が一面的になるように思う。この父親にもきっと優しい時はあったはずだと思うんだよね。た>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

長澤まさみと松田龍平の演じる夫婦が物語のスタート時点では関係が破綻しかけていたところが良かった、
宇宙人に侵略された松田龍平は愛の概念を失い、長澤まさみも夫への愛や信頼を失っていた、それなのに物語が進
>>続きを読む

自殺サークル(2002年製作の映画)

1.6

そういえば昔観たなー、冒頭の集団自殺のシーンが気持ち悪すぎて記憶から消し去っていた。

母なる証明(2009年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

素晴らしい作品だった、
あの伏線、この伏線、このシーンの表情は何を意味するのか? などなど人それぞれ見方があって、いつまでも語り合える作品ではないだろうか。
私が思うに、冒頭のダンスシーンは、鉄くず集
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

1.1

ウーン、まー、子供向けだな。
怖さの度合いとか、教訓とか、色々な意味で

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

1.4

このレビューはネタバレを含みます

これ想像ネタばかりです。中にはハッキリとネタばらしあるし、未見で読むと、かなり作品の?な部分の面白さを損なうのでお気をつけください。


母親はオーストリアのテレビ番組の司会者でそこそこ有名人(これは
>>続きを読む

>|