ちーさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

ちー

ちー

映画(128)
ドラマ(0)

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.1

2018年外せない一作です。

ホワイト・ノワールとでも言うのでしょうか。
悲しいし、ここまでではないにせよ、
こうなってからのこういうことってあるよねって
言いたくなるし、そしてそこからの展開が
>>続きを読む

キリング・ガンサー(2017年製作の映画)

4.0

シュワちゃんが楽しそうで何よりです。

脳のシワをツルツルにして見るのがおすすめの
とてもとてもバカな映画です。
おすすめの鑑賞方式はDVDでながら観。

真剣に見ているとどんどん知能が低下します
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.4

DVDが安くレンタルされているのに、
どうして映画館で映画なんて見るの?

という質問へのベストアンサーです。
劇場の赤の他人同士が同じ感情を抱くことができる、
それが映画館で映画を見る楽しみだと思い
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.2

この映画を好き好んで見る人は
間違いなく映画が好きな人だと思うのでその前提で。

2018年は本当に家族映画が大豊作です。
まだ見ていないヒトは是非見てください。
見どころはルーク・スカイウォーカー。
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

大阪にもこんな風景があったんだよと教えてくれる
とても優しい映画です。

それでいて本当に哀しい。
北朝鮮を地上の楽園と謳った人たちは一体
どうなったのでしょうか。

最後のリヤカーを引っ張るお父ちゃ
>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

1.9

榮倉奈々さんがいろんなコスプレしていて可愛いです。
お城にいきませんか?はもうドキッとしますね!

でもそれだけです。
月が綺麗ですねはそんなに引っ張るネタじゃないです。
なぜ死んだふりするのかの理由
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

『盗んだのは絆でした』
とかいうキャッチフレーズは多分広告代理店が考えたと思しき
センスのない一文なので、その部分をトリミングしてから
見てください。

『家族』
という単語が2018年を貫く一大テー
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.2

世界で一番キレイなFワードが見られます。

デッドプールというかライアン・レイノルズが
ずーっとずーーーっと喋っています。
映画のかんたんなお約束を知っていると
間違いなく何度も爆笑できますよ。

>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

1.9

日本映画はだからダメなんだと言いたくなるような一本です。
50回目のファーストキスを再現するのは良いけど、なぜ今?
なぜハワイ?なぜギャグを足さない?等々

テーマを深堀りしたり、新しい展開を足さない
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

セクハラ問題がなかったら
ゲティさんはケビン・スペイシーが演じるはずだったそうです。

邪悪で守銭奴なゲティに追加で狡猾要素も
含まれていたのかと思うとそれも見てみたかった気もします。

市民ケーンで
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.7

かわいい動物さんたちが内気な男の子と、
芸術志向で優しい女の子を引っ付けるお話…

というのは開始1分でぶっ壊されます!!

冗談では済まされないピーターラビット率いる
ウサギ軍団対お兄さんの血で血を
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.8

『子供は貧乏だったら不幸なのか?』
という命題へのベストアンサーなのではないでしょうか。

貧乏だったら他にいろんな楽しいことを見つけてこれるのが
子供なんです。

ムーニーちゃんたち悪ガキたちが本当
>>続きを読む

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

1.0

人生ワースト。

山崎貴監督はゲーム好きじゃないんですねっていうことと
多分オリンピックの準備中に嫌なことがあったんだろうなって
感じさせる作品でした。

でもその怒りをお金出して映画見てくれる人たち
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

1.7

広瀬すずさんのセクシーな衣装はどうして出さないの?

この世のすべてを物理的に計算できるようになると
それはもはや未来予知に等しいという素晴らしいテーマを
持っているのに全然広げられていません。

>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

キチンと強い悪役を強く描いている作品は素晴らしいと思います。

サノスが何を象徴しているか町山さんの評論が
本当に良いのでぜひそちらを参照してほしいです。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.0

原作が大好きで、多分スピルバーグでなかったら
この作品はできなかったんだろうなぁって思うのですが
ごめんなさい。映画はわりと凡庸でした。

スピルバーグがハリデーというかいわゆる
サブカルの王としての
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.0

前作が100億点なのに、なんだろう
日本も出てくるしすっごい楽しいのに
あんまり燃えませんでした。

なんでそんなに面白くないと思ったかを
もう一回見直して確かめたいと思わせる程でも
なかったです。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.1

うん楽しい。
おっさんの中に美少女がいるって
面白いし多分実際そうだろうなぁって
思わせられるのもあってすきなのです。

ただ自分にはあまり合わなかったです。