ぱるさんの映画レビュー・感想・評価

ぱる

ぱる

  • List view
  • Grid view

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

-

街並みやファッション、色使いが可愛いく 景色は美しい。
主人公のルーも明るく表情豊かで魅力的。そのキュートさとは対照的な重たいテーマ。
とても良い映画だと思う。
この映画を見て 色々考えさせられるし、
>>続きを読む

きみがぼくを見つけた日(2009年製作の映画)

-

SF的なのがあまり好みで無いので そんなに興味津々で見ていなかったけど、
良かった。
何か目的を果たすためのタイムトラベルではなく、自分の意思とは関係無く、
不定期で起こるタイムトラベル…なんか珍しい
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

-

話が話なだけに重く苦しい気分になるところもあるけど…
最後の再会のシーンで 浄化された。

ルートヴィヒ(2012年製作の映画)

-

多くの人が死ぬ事になる決断を自分が下さなければならない…、普通に考えて 耐えなれないよな…と改めて感じた。
彼に王の素質が無かったのか…、
なぜこの時代に産まれてしまったのか…なんか不憫。
作品自体は
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

-

とりあえず…
ジャック・ブラックが出てるから見ました。笑
アマンダがタクシーを降りて家に戻ると グラハムが泣いていて…
あれは可愛すぎた。

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

-

気楽に見れるシリーズ作品。
歌は楽しい、アンナ・キャップが可愛い。