KJパスト代理人さんの映画レビュー・感想・評価

KJパスト代理人

KJパスト代理人

映画の様に死ぬか
映画を見ながら死ぬか

2015、夏、開始(^^)
映画が大好きと連呼していたら、こちらを勧めていただきました。
引きこもり故、日がな一日、映画を見ます。
アナログで今までノートにメモっていましたが、こちらに移行し補填。
レビューは個人的な思い入れの比重がやや高めかもです(^^)
見た映画の記録と見たい映画の発掘に。
インスタとWEARというものををやっております(^^)

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

3.5

安定のX-メンクオリティ。

X-メン初心者をおいてけぼりにしちゃう、
これはこれなの!わかるでしょ?感はいつもどおりだが、やっぱり迫力あるアクションは健在。

未来での最終戦争という悲劇を食い止める
>>続きを読む

さくや 妖怪伝(2000年製作の映画)

2.2

公開当時は、予告編のように世界に発信するスペクタクル的ななんとかって言ってて、見に行きそびれてちょっと悔しかったが、レンタルなるやいなや見て、


お、おう、、、、、、、、、、

ってなった記憶。
>>続きを読む

デスカッパ(2010年製作の映画)

2.5

キングコングは死んだ、、、

ゴジラは引退した、、、

ガメラ、、、って誰??

予告編の大袈裟な挑発が悪ノリを象徴している。

邦画の悪ノリをここに極めり!

と、言わんばかりにわざとらしいチープさ
>>続きを読む

ファイヤーフォックス(1982年製作の映画)

3.5

クリントイーストウッドの
スパイ&スカイアクション作品。

80年代の半分SFなピコピコ感で、ちょっとアレかなと思いながらも、スパイシーンでハラハラしたのは、吹替の山田康雄さんの力な気がする。

ソ連
>>続きを読む

トータル・リコール(2012年製作の映画)

2.5

レンタルで鑑賞して、
エンドロールまで見たはずなのに、、、、

いまいち記憶がない。

シュワちゃん版は好きなんだが、、、、


あっ!!!

これが記憶の改竄か!!!!

プレデターズ(2010年製作の映画)

3.9

プレデターファンは必見、、、、

なのか、、、、、?

確かに、確かに、

すんごく面白いのか?
人に自信を持って勧めれんのか?

と聞かれれば吃ります。


でも嫌いではない。

プレデターの第1作
>>続きを読む

フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996年製作の映画)

4.1

田舎の盆踊り大会から、
いきなり夏フェスにその姿を変貌させる作品。

田舎の盆踊り的なロードムービーから、
夏フェスのモッシュピット的なドンチャンバトルアクションに切り替わるのが極端過ぎて、本当に同じ
>>続きを読む

エル・マリアッチ(1992年製作の映画)

3.3

ロバートロドリゲスの初期作として名高く、

低予算からの映画バカドリームを勝ちとった映画。

デスペラード、レジェンド・オブ・メキシコのエルマリアッチシリーズの第1作。

アントニオバンデラスいないけ
>>続きを読む

グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.1

本来はこれで一本の映画ですが、
「デス・プルーフ」
「プラネットテラー」
が分けて換算されているので、
レビューがなんともややこしいという。

「グラインドハウス」とは、アメリカの場末(失礼)な映画館
>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

3.7

最近一緒にメキシコに旅行に行く友人が、
出発前に読んどけと渡された一冊の本。

「血と暴力の国」
C・マッカーシー

これが原作のアカデミー賞作品が本作。

映画入りで原作はさらっと流し読み程度
(実
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.8

一月レビューをサボっていたら、
レビューよりクリップが上回ってしまい慌てて更新(笑)

此度の「シン」の意図は?

庵野節全開の実写ゴジラ。

あれはなんだったの?
あれにはどんな意図が?

と、様々
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.4

恐竜ドリフ。

恐竜は現代に甦らせたら、
必ず金に目がくらんでポカするヤツが現れる。

やたら恐竜に詳しい少年が出現、入っちゃダメなところに入ってしまう。

主人公、恐竜を必ず敬う。

そしてパニック
>>続きを読む

X-ミッション(2015年製作の映画)

3.5

YouTubeでたまに見入ってしまうエクストリームスポーツ系動画のまとめ。

エクストリームシーンは確かにど迫力!

それだけでこの点数。

ストーリーはかなり申し訳程度の潜入捜査もの、、、、、、、
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

3.2

ニートよ、フリーターよ、

そうなんだ、本当はそうなんだ。

実はまだ本気を出してないだけ、

いや本当の力は封印されているだけなのだ!!!!

そうゆう事だろ?

と、言わんばかりのダメ男からのヒー
>>続きを読む

テラフォーマーズ(2016年製作の映画)

3.0

邦画版トロピックサンダーを見ている気持ちになった。

まだ実写化されてない人気コミックスをパロディとして実写化するとは、、、、、

往年のSFや特撮を彷彿とさせる見事なパロり方に脱帽である。

ブレー
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.2

待ってました!!!

いよっ!!

ゴーストバスターズが帰ってくるって!?

シンゴジラで上げたテンションをそのままに、

ゴーストバスターズのTシャツに着替え、
ニューヨークってロゴのヘアバンドを装
>>続きを読む

ゴーストバスターズ2(1989年製作の映画)

3.6

当たり前の事をなんのひねりもなしに言ってしまうが、

やはり1作目は超えられない。

幽霊船になったタイタニックは悲願のNY接岸を果たし、自由の女神が歩きだす。

落ちぶれバラバラになってしまったチー
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

4.7

幼少の頃のクリスマスプレゼント、

本作のVHSだった。

テープが擦り切れるほど、
何度も何度も繰り返し観た。

あのロゴを何回も何回も、
画用紙、Tシャツ、壁に書き殴った。

筋を丸暗記したのに、
>>続きを読む

100歳の華麗なる冒険(2013年製作の映画)

4.4

ちょっと前の新聞の映画評で、

「東側版フォレストガンプ」

って例えられていた記憶があるが納得である。

本作は100歳の誕生日に老人ホームを抜け出した破天荒おじいちゃんが事件巻き込まれ、むしろ事件
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.3

そんなところで!

スターマン流すのはずるい!!!!

というか音楽が色々ずるい!

アメリカ的な1人の人間を救うために、大勢が一丸となって頑張っちゃう系のストーリーが割と好きな自分にとって、

更に
>>続きを読む

バケモノの子(2015年製作の映画)

2.5

他のユーザー様も書かれてましたが、

卵かけご飯をこんなに美味しくなさそうに描かれて、初っ端から少しテンションがダウン。

そこからあれよあれよと、いつの間にか終わっていた作品。

バケモノ達の世界の
>>続きを読む

予告犯(2015年製作の映画)

2.6

原作?マンガは読了済。

マンガでは闇金ウシジマくん並みに、
格差社会こぇー、明日は我が身かもと思ったら辛い内容である。

ハラハラドキドキ、、、、
別の意味でなるやつ。

そのマンガの実写化、、、、
>>続きを読む

サクラメント 死の楽園(2013年製作の映画)

3.9

世界の猟奇事件〜20世紀編〜
などで、なんとなくは人民寺院事件を知ってはいたものの、こんな感じだったのか!

ってなった作品。

VICEの取材という切り口の設定が、今時な感じで斬新だった。

イーラ
>>続きを読む

スリー・キングス(1999年製作の映画)

4.0

ナム戦のタイガーストライプ迷彩の次に好きなチョコチップデザート迷彩がふんだんに出てくる作品。

そりゃあ湾岸戦争ものになるから当然ではあるが。

湾岸戦争収束直後、アメリカ軍の不良米兵たちが、たまたま
>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

4.6

ドロップキックマーフィーズのテーマ曲がめちゃめちゃかっこいい件。

ボストン、アイリッシュマフィア、潜入捜査、裏切りを描いた男臭い作品ならば、

実話ベースのブラックスキャンダルよりもやっぱり本作が好
>>続きを読む

テッド 2(2015年製作の映画)

3.4

お下品ティディベア、
子作りに挑戦。

前作に続き、下世話、エログロナンセンスなギャグをこれでもかと入れてくる。

タブーなきコメディ映画。

そこ笑っていいの?の一線を越えるのが、
最初は面白く感じ
>>続きを読む

ジョーカー・ゲーム(2015年製作の映画)

3.6

戦時中の都市伝説の鉄板:陸軍中野学校。

それを模したD機関が登場する本作。

原作は未読。

アニメは一通り鑑賞。
アニメは群像劇だったのに対し、それを色々端折りながら綺麗にまとめた作品。


「死
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.2

究極の師弟関係。

俺は、俺は、お前達を殴る!!!

の、熱血体育会系師弟物と予告編で思っていたが、とんでもなく裏切られる。

俺は、俺は、お前を見下し続ける!

どこまでも平行線な雰囲気が、平行線ど
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.5

撮影の妙技。

ひたすらワンカット風で、ヒーローだった男の転落と失望、そこからの再生を描いた作品。

過去にも多くあったワンカット作品の中でも、実験的な要素も多かった気がする。

ワンカットといえども
>>続きを読む

新選組オブ・ザ・デッド(2015年製作の映画)

2.9

水樹たま、、、、、、、

ちょっと痩せてないか!!!!
えぇーーーーわからなかったww

本作の第一の感想wwww

新撰組とゾンビの融合。

まさかの主演はバナナマン:日村勇紀

ジャケット、、、、
>>続きを読む

最強サイボーグX(2016年製作の映画)

2.5

人工知能を持ったサイボーグウィルスがうんたらかんたら、

ターミネーターのスカイネットよろしくなサイボーグが人類をうんたらかんたら、

最強ゾンビハンターと、ほぼ同じテンションとストーリーである。
>>続きを読む

エンド・オブ・ホワイトハウス(2013年製作の映画)

3.8

ホワイトハウスダウンと色々被っちゃった感じである。

正直、どちらもなかなかの面白さ。
甲乙つけがたい、定番立て篭りアクション

ホワイトハウスに全力で責めてくる、
北朝鮮。

人員に装備はどうやって
>>続きを読む

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

3.0

ジブリ的、シャイニング。

ジブリ的、ほんとにあった怖い話
(感動できるバージョンの方)

ファンタジー弱めなジブリは、

耳すばや思ポロ的、親しみのあるキャラやエピソードで親近感がわくのだけれど、そ
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.3

チャラ男とビッチ必見!!!

ワンチャンをエンジョイしたらこうなるのか作品。

昼間でもどこまでも、一定の速度で「それ」はついてくる、、、、、

姿を変えて、、、、、、、

ついてくる速度がずっと徒歩
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.8

仕掛けたもん勝ち作品。

ノーラン節が如実に出ている開花作品。

10分しか記憶を保てない男。
妻を殺された復讐心だけが彼のアイデンティティーを保つ。

男は忘れてはいけない事をひたすからメモし続ける
>>続きを読む

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲(2010年製作の映画)

2.8

前作から一気に世界観が変わり、

東京がゼブラシティとなってカオスディストピアへ。

ハロウィンで時計仕掛けのオレンジのコスプレしちゃってどハマりしたかのような都知事とその軍隊と自由を求め戦うレジスタ
>>続きを読む

>|