いよさんの映画レビュー・感想・評価

いよ

いよ

結構見てるけどレビューめどくてよくサボります。点数はその時々で適当…5大好き/4.5かなり好き/4好き/3.5よかった/3ふつう/2.5以下合わなかった
ベストムービーは2017年公開
7月中旬現在劇場鑑賞作品100本弱

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.5

私にはあんまり合わなかった
綺麗と思うシーンもあるんだけど


なんかじわじわと評価が上がったので点数上げます

ブルーム・オブ・イエスタディ(2016年製作の映画)

3.5

ヒロインは完全に頭おかしいヒス女だし
主人公も倫理観とか色々問題あるのに
なぜか展開が気になってしまう映画だった
犬をいじめるのはだめ

サーミの血(2016年製作の映画)

3.5

民族的に手足の長さが違うのに必死で周りの子に合わせて体操するシーンが健気

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.0

電車で陣治の目が光るシーンは名シーンだと思う
蒼井優の関西弁が自然でびっくりした
ベタなんだけど最後の回想シーンで号泣してしまった
竹野内豊の棒読みっぽい演技がクズ男の役にちょうどよく嵌ってた
もっと
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.5

どこかで誰かも書いてたけど
吉高由里子はこういうダウナーな役の方が似合うと思う
なんで急にまほかるが映像化されだしたんだろう

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.0

アクションが痛そうでよい
ハードボイルドの主人公を女性が演じて
ヒロインはどうするんだ?と思ったらヒロインも女性!その手があったかー!
ソフィアブテラちゃんかわいい…シャーリーズセロンかっこいい
冷戦
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

上映中座席から飛び出す勢いでビクってなりすぎて友達に「4dx」と言われた

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.0

女優さんの演技はすごい
設定も面白い
けど展開に既視感があって出落ち感が漂う
幼少期の7人にもっと仲良くしてたシーンがあるとより感情移入できたかも

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.5

塩見三省の顔色が心配で映画に集中できねーぞコノヤロー
大森南朋が犬っころみたいでかわいかった
「オメー死ぬぞ」「いいですよ?」のところかわいかった
原田龍二全く見せ場なく死んでいったけど日本来た時のス
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

4.0

愛についての寓話
陽気で物騒などんちゃん騒ぎと
高地の美しい風景を楽しむ
モニカベルッチの美しさは健在
兵士たちとの追っかけっこがコントみたいで笑う
地雷原のシーンってラム肉の焼ける匂いが漂ったりして
>>続きを読む

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

3.0

なんだか退屈だった…CGアニメの動きがカクカクしていてあまり集中できなかった
新感染のフレッシュさ、スピーディーな展開を期待してたからちょっと肩透かし
ラスト10分の展開はおっと思った

D.N.A.(1996年製作の映画)

2.5

リアルタイムで観てしばらく悪夢に魘された
特に白塗りのマーロンブランドとその惨殺死体はトラウマ
母曰く「ドクタードリトルと間違えた」

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.5

不覚…!まだレビューしていなかったなんて!
この年のアカデミー賞はロザムンドパイクに獲らせるべきだった!
美しいけど中身は自己愛とプライドの塊
ダメ夫を罠にかけるしたたかさ、ストーカーの家でアイスクリ
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.5

概念を抜き取るという設定が面白い
【A】長澤まさみ、松田龍平のパートと【B】長谷川博己パートに分かれてお話が進んでいく
断然前者の方がよく出来ていたと思う
いわゆるセカイ系な愛のお話
松田龍平のぬぼー
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.0

不謹慎ギャグかと思って観に行ったらオゲレツ純愛BLだったーーー!
最後のシークエンスはちょっと蛇足かも

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

試写会で字幕、後日吹き替えで見ました
息もつかせぬ展開、緩急のつけ方も絶妙、そしてキャラクターがよかった
序盤は自分さえよければいいという考え方だったソグが、負うた子に教えられて相互扶助の精神に目覚め
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.0

ネタバレ






デヴィッド狂ってるなぁ
マイケルファスペンダーが無機質な役柄にぴったりだった
ウォルター最初疑ってごめん、君はいいやつだった…
目がひっくり返って瞬殺かと思いきや意外にも健闘して
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.5

野望に燃える姉ローラは強く美しい
妹ケイトは無邪気な子供のような振る舞いだけれど、どこかアンバランス
血の気の失せた唇に、じっと見つめて相手の内面まで見透かしてしまいそうな瞳
バイのユダヤ人、しかも移
>>続きを読む

>|