chunkymonkeyさんの映画レビュー・感想・評価

chunkymonkey

chunkymonkey

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

5.0

断じて楽しい映画ではないので"お勧めします"とは言えないけれど"お勧めしたい"映画。公開時以来の再鑑賞。本当に心を揺さぶられる映画はそんな気楽に何度もみられないものだ。
安易なごまかしは一切しない。観
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

終わりよければ総てよしとはまさにこの映画のこと。
精神疾患を抱える二人が、誰にも理解してもらえていない、現状は自力で打破するしかないともがく姿が描かれます。もちろん彼らが正しいわけではない。実際には家
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.5

ざっくりした印象で語ると、ウディ・アレン好きな学生が友達・親戚総動員で頑張ってそれっぽい映画を作ってみたよ的な感じでしょうか。って完全に悪口で申し訳ないんですが、いや好きです、すごく好きですこの映画。>>続きを読む

ワン・ナイト/10イヤーズ(2011年製作の映画)

2.0

めちゃくちゃ豪華な俳優陣。ですが、衝撃を受けるほど中身がない。
いや、個人的には中身がなくても全然いいんですけどね、すごく笑えたり、素敵なカップルがいて幸せをおすそ分けしてもらえたり、雰囲気がおしゃれ
>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.0

えっらい金のかかった薬物乱用防止啓発ビデオを中学の体育館で見せられたような感じかな(笑)。いや、皮肉じゃなく、そういう目的と思えばかなりいい作品なので学校の先生がおられましたらぜひ使ってあげて下さい。>>続きを読む

Our Friend/アワー・フレンド(2019年製作の映画)

4.0

ともすればお涙頂戴映画になるであろうプロットが友情に主軸を置くことで心温まる"feeling good"な良作に仕上がっている。苦難の時迷うことなく手を差し伸べ、そして差し伸べられた手は素直に受け取る>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.5

親友のウィルライザーの実体験をもとにセス・ローゲンが彼にけしかけ作られた映画。
あまり期待していなかったがこれはよかった。難病もの、余命ものって嫌いとまでは言わないが少し苦手。この手の映画って、プロッ
>>続きを読む

スーパーノヴァ(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

※誤訳注意報発令中!この映画の結末は曖昧じゃないよー※

認知症になり症状が進行するのを自覚したときにどのように自分と愛する人に向き合うか。ものすごく重いテーマをさらっときれいにまとめてきた。
進行性
>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

カウボーイに象徴される男らしさ・家父長制・キリスト教を土台とした伝統的価値観が個人のアイデンティティ形成と周囲に及ぼす破壊的影響を甘美なブロマンスを通して描く傑作映画。感傷的な物語でありながら、ワンシ>>続きを読む

テッド(2012年製作の映画)

4.0

おとぎ話に年齢も性別も関係ない。誰にだってディズニー映画のような夢と魔法の世界を楽しむ権利があるのだ。この映画はまさにオッサンのためのおとぎ話。それがクマのぬいぐるみの話ってのが皮肉だが。
2012年
>>続きを読む

The King of Staten Island(原題)(2020年製作の映画)

4.5

SNLでお馴染み、いやアリアナ・グランデの元カレといったほうがピンとくる?コメディアンのピート・デイビッドソンの半自伝的映画。
舞台はニューヨーク・スタテンアイランド。フェリーに乗ればマンハッタン、橋
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.5

事故って起きたらビートルズが存在しない世界。本当にそれだけの映画。この設定がなかったらそれこそこの映画自体存在してない。そう、たった一つのこのネタだけで2時間しっかり楽しめてしまう面白い作品。ビートル>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

世界中にファン多数のウディ・アレンだがアメリカでの人気はいまいち。本作はそんな彼が70代にして初めてアメリカ国内で興行的に大成功を収めた作品だ。
いわゆるわかりやすい系の美人さんと婚約中のギルだが、映
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

5.0

罪を背負い心を閉ざし自暴自棄に生きる男が純粋な若者と交流し変わっていく。現実世界でも主人公を演じるボロボロだった俳優がこの映画をきっかけに立ち直る。ってこれなんか別の映画を連想しません?
そう、この作
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

当たり前過ぎる感想で申し訳ないが何といってもライブ・エイドの熱演は感動したし満足のいく完璧なラストだ。
でも何か違う。なんて言うんだろうか、間違いなく感動したんだけどなぜか心に染みてない気がするこの違
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

"普通におもしろい"という言葉がぴったり。
パーム・スプリングス:最近はリタイア組の保養地化しているが古典的にはparty collegeの学生さん御用達な春休みのリゾート地。
春休みにバカンスに出か
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

4.5

この映画が好きという人はそんなにいないかもしれないが、間違いなくいい映画ではある。現代において極めて重要な社会構造的問題を説教くさくも皮肉るでも押しつけがましくもなく極めて受け入れやすい形で描き観る者>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.0

割と低評価でごめんなさい。しゃれた演出、イタリアの美しい景色、ティモシー・シャラメとアーミー・ハマーにうっとりキャーで高評価をつける女性陣の感性を否定するつもりは微塵もございません。ただ原作を知ってし>>続きを読む

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

5.0

鮮やかな映像美にノリノリの音楽。非の打ちどころがない傑作ミュージカル映画。
祖国を想う者、都会での成功を願う者。ニューヨーク・ワシントンハイツに暮らす若者はそれぞれ夢を描くが、現実は家賃も高騰し現状維
>>続きを読む

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

4.0

いわゆる世間ではメンヘラって言うんでしょうか?いますよね、ヤバい病んでるこの女的な人(笑)
そんな彼女、本当は一途に愛を求める純粋な心の持ち主かもしれない。
病んでる女性が出来上がる過程とその心の内が
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

3.0

メッセージは単純明快 "お酒はほどほどがいい"
比較的ゆっくりしたペースで進むので何かもっと大事なメッセージが隠れているに違いないとあれこれ思いを巡らせながら観てみたが、映し出されるどの要素も特に深堀
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

5.0

最高の心温まるコメディ。
アカデミー賞作品賞受賞。人種差別問題に関心の高い人がこの映画および受賞に怒る気持ちはよくわかる。確かにタイトル通り人種差別が土台にあるのは間違いなく、人種差別の映画と捉えてし
>>続きを読む

パリ、恋人たちの2日間(2007年製作の映画)

2.0

この映画そのものがどうだこうだというより、もし女性の多くがこの映画に共感しているようなら、世の中恐ろしいというか独身が正解と思わざるを得ない(笑)。
女性は自分の気持ち・主張は頑として押し通し、男の気
>>続きを読む

ブルックリンの片隅で(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

特段の事情はないけれどカミングアウトできない19歳の青年が優しい視点で描かれる。
少なくとも映画・テレビ内の世界ではLGBTQ+に対しもはや特別感は感じられずカミングアウトして普通に生活するのが当たり
>>続きを読む

世界一不幸せなボクの初恋(2019年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

喜びを感じると失神するから恋ができないという設定は魅力的、ビックバンセオリーのバーナデットでお馴染みのメリッサ・ラウシュのコミカルな演技もよかった。ただ同じストーリーラインでも、一緒にいて落ち着けるタ>>続きを読む

ムービー43(2013年製作の映画)

1.0

もしあなたがこの映画を観るかどうかどうしようかなと迷っているなら観ない方の選択をお勧めする(笑)。
下品だからとかいう問題ではなくただ単にギャグが面白くない。
映画やTVドラマでおなじみの豪華俳優が次
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

監督であるウディ・アレンを模した主人公が見た目重視からより自分の心に合った彼女に乗り換える、この構図は2011年のヒット作「ミッドナイトインパリ」に酷似するが、同作のファンタジー要素や小ネタ連発ゴチャ>>続きを読む