あゆみちんさんの映画レビュー・感想・評価

あゆみちん

あゆみちん

洋画大好き
レビューちょっと始めました

映画(1243)
ドラマ(0)

バトル・ドローン(2018年製作の映画)

3.3

wowowで流し見してたけど予想以上に面白かった。
登場人物のキャラも立ってて、
バトル多めで気づいたら最後まで。

でも色んな映画の良い所詰め込んだ感じでB級感が拭いきれなかった笑

A-X-L アクセル(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーは読めるしオチも想像通り
設定はちょっとガバガバ…

でも長すぎず丁度よく楽しめて、
わかってても泣けるシーンも。
演出とか台詞に無駄がないので、
軽めの娯楽作品としての完成度は高い
勧善懲
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.5

1作目の衝撃が忘れられなかったけど
今作も全く期待を裏切らず。

絶えない緊張感
デルトロの存在感たるや

ホテル・エルロワイヤル(2018年製作の映画)

3.8

登場人物みんなが主役。
みんな良い味出してました

視点の切り替わりのテンポが良くて、
長かったけど飽きずに見られた

音楽とシンシア・エリボの美声が最高

猟奇島:REBORN(2017年製作の映画)

1.0

ハンターから逃げてるはずなのに
終始緊迫感に欠ける主人公たち

悪役も信念が無さすぎて

魅力が見つけられない90分でした…

ウイスキーと2人の花嫁(2016年製作の映画)

5.0

良かった!!

ウイスキーが飲みたくて飲みたくて飲みたくてたまらない、小さな島の住民たちをただひたすら応援する映画。

登場人物がみんなどこか抜けてて、
そんな中での人間模様と奏でる音楽が最高でした。
>>続きを読む

カジノ・ハウス(2017年製作の映画)

3.6

とにかく笑った
息継ぎできないくらいに色々起こる

考えることも行動もぶっ飛びすぎ
でもこんな夫婦(両親)素敵。憧れる

来る(2018年製作の映画)

2.5

長い…
途中まですごい良かったのに。
そろそろ終わるかな?と思ってからが長かった

人間の怖さとか悪霊とか、詰め込んだ要素を消化し切れてない感じが。

最後の方は白けてしまった
私には面白さがわからな
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

ホアキン・フェニックスの演技と、胸に響くBGMが最高でした

ストーリーは単純だけど
最恐のヴィランに相応しい描かれ方。
狂気に至る境遇が凄まじい

映画館で何度でも観たい!

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

4.0

前評判見ずになんとなく見てみたら
めちゃくちゃ面白いサスペンスでした。
オチもしっかり用意されてた。

主人公の幻覚が怖いったらない

エロも重要なファクター

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.5

スターリンが死んだ直後からの
側近達のエゴが露骨に出まくりで笑えた

みんなちょっとずつ抜けてて会話が面白い。

史実に基づいてるそうなのでネタバレはしてるんだろうけど、結末知ってても楽しめると思いま
>>続きを読む

エル・クラン(2015年製作の映画)

3.8

誘拐ビジネスなんてあったとは…
これが実話なんてかなり恐ろしい話。

父親のヴィラン感がすごい

緊迫したシーンに流れるロックがアンマッチだけど素敵でした

だめんず・コップ2(2018年製作の映画)

3.3

終始くだらない会話と笑い
憎めない5人組の珍騒動

イタズラのレベルがすごい!

ボディ・ダブル(1984年製作の映画)

3.8

ちょっとB級サスペンス。
音楽とか演出が良く惹き込まれた。

主人公の情けない表情が良い
良かれと思ってやったことが全部裏目に出るタイプ。
可哀想ったらない

あと、終始おっぱいの迫力が凄かった

ガン・ドッグ(2018年製作の映画)

3.0

要素盛り込みまくりで全てがちょっとずつ中途半端に感じた

主人公2人のキャラは好きでした。
シュタイナーのウィンクが格好いい

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

3.6

イタリア語で喋る喋る喋る喋る!
これが普通かと思ってたら、主人公もウンザリしてる場面があって笑った

キャラクターが立っててとても軽快
でも1はまだまだ序章って感じ

これは2.3も観ないと損かも、と
>>続きを読む

イン・ザ・プール(2005年製作の映画)

3.0

松尾スズキの一人勝ち

原作読んでないと雰囲気感じて終わる気がしなくもない

さよなら、人類(2014年製作の映画)

3.5

中心人物以外みんな動かないし、みんなヤケに青白い顔。背景もどことなく青白い。
絵画を見てるみたいな映画

ん?
んん?
の繰り返しだったけど、コミカルな会話と展開に目が離せず観てしまってました

3部
>>続きを読む

ファーザー・フィギュア(2017年製作の映画)

3.6

コメディと思って軽く見てたら
意外なラストにちょっと泣けました

自分達のルーツを探しながら、
今の自分も見つめ直すお話

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

-

わからなかった泣

最後までずっと、小説の内容は2人の過去の話だと思ってました、違うのね。
その時点で頭がこんがらがってしまった。
ちゃんと解釈できた人が羨ましい

音楽とファッションは素敵でした

ダンテズ・ピーク(1997年製作の映画)

3.3

火山の映像が迫力満点

ストーリーは単純で、この人死んじゃいそう〜って思うと思った通りな感じ

ミッシング・レポート(2018年製作の映画)

2.9

最後までスリリングでずっと疑心暗鬼。
雰囲気と配役はとても良かった

けど妄想と記憶が入り交じっていてオチと真実がどれだったのか私には理解できなかった…

2回見たらわかるのかな?

エネミー・オブ・アメリカ(1998年製作の映画)

4.8

面白かった!

全部の設定がハマっていく爽快感
2時間でちょうど良いストーリーの盛り込み具合

「相手の武器を自分の武器に変えて戦う」ってやっぱり格好いい。
スカっとする映画でした。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.6

前作と今作合わせてもまだ序章的な感じ

次作は映画館で観たい
映像がとにかくすごい

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年製作の映画)

3.8

1からは考えられないほど重い展開。
「名前を言ってはいけない」とまで恐れられる設定がとても実感できた

魔法は単なる背景なだけで、
家族愛とかいろんな愛を描いた映画でした。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年製作の映画)

3.8

ストーリーのテンポよりも、
登場人物の心情重視でじっくり描いてるように感じた。

そこまで熱心なファンじゃなかったけど、一緒に喜んだり悲しんだりできました。

ハリーとハーマイオニーの友情が素敵

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年製作の映画)

3.6

クライマックスに繋がる部分の話。
この章があとでどう効いてくるのかな〜
って期待させられた

恋のお話が多めで微笑ましい

妖精ファイター(2010年製作の映画)

3.0

紛れもないB級映画
ドゥエインジョンソンは髪の毛ない方が格好いいかも

泣かないで(1981年製作の映画)

4.5

こうなるんだろうな〜と展開は読めるけど、テンポも速くて会話も速い。
ジョークの言い合いもすごい。
この3人組みたいな親友に憧れる

ONLY WHEN I LAUGH
邦題にするのは難しいジョークでし
>>続きを読む

N.Y.式ハッピー・セラピー(2003年製作の映画)

3.5

ジャック・ニコルソンの食えない役がハマりすぎ
終始ほんわか安心して見られる

陪審員(1996年製作の映画)

3.3

途中までずっと淡々と
終盤だけおお〜と思える展開

ジョセフ・ゴードン・レビットの子役時代がめちゃくちゃ可愛い

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.8

2人の表情が素敵でずっと見てられる
軽快なバディムービー

立場が二転三転するけどドゥエインジョンソンはどうしても悪に見えない

高校時代の顔面CGは作りがひどい笑

バスターズ(2012年製作の映画)

3.5

機動隊とかイタリア政治のことがわかってなかったので最初は???って状態
登場人物とそれぞれの背景把握できてからが見入ってしまった

ジャケットは荒々しいけど
情に訴えるような話でした

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.3

最初からずっと息の詰まる展開

「クリーチャー出落ちのパニック映画」
とは一線を画す面白さでした

>|