モズクさんの映画レビュー・感想・評価

モズク

モズク

映画(142)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

3.4

確かにラスト1秒でひっくり返った。
ただし、もう一度観ないと理解できない。自分の見方に問題があるのかもしれないが…。端から端まで観た方が良い作品。
絵は最近の流行りなのか、セルシェーディングの3DCG
>>続きを読む

空の青さを知る人よ(2019年製作の映画)

3.9

青春ものだが、割と広い世代に刺さるんじゃないかなぁ、という佳作。特に10代と30代、つまりは作中の主要人物の年齢の人には、とても響くと思う。
作風としては、ヒロインのあおいを中心とした群像劇。心がえぐ
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.8

政治への批判を織り交ぜつつも、優しい仕上がりにした素敵な作品。
コメディとして出来が良く、冒頭は笑いっぱなしだった。
中井貴一をはじめ実力派の俳優陣がしっかりキャラ作りをしてくれているので、安心してみ
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.2

とにかく観るのに体力がいる作品。衝撃的な内容で、観る価値は大いにあるが、暗い気分にもなる。
事実を基にした作品は数あれど、ヒーロー的存在を脚色しない作品は多くないと思う。
確かに、ホテルの従業員たちは
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.5

原作既読。
題名からも分かる通り、端から端までふざけた作品。だからこそ良い。
一応のストーリーはあるが、埼玉近辺の小ネタを楽しむ作品。秘密のケンミンショーが好きな人は、多分好き。
ギャグだが、作中のキ
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.0

これは、面白い。
でも池井戸作品をいくつか見たことがある人は、多分、展開が読めてしまう。という点では、ストーリー展開の面白味は薄め。
しかし、キャラは濃く、魅力的で、好きな人にはこれほど外れない作家さ
>>続きを読む

キャビン(2012年製作の映画)

3.7

なんだろうこの作品の不思議な魅力は。
一見すると思いつきの投げっぱなし作品で酷評されてもいいと思う。でも、その突拍子もない展開は、冒頭からつきまとうなんか普通のホラーとは違うな、という期待をしっかり叶
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

タランティーノ監督の映画愛に溢れる作品。
観る前にシャロン・テートの事件については調べておいた方が良い。知識の多さや愛着が作品を楽しむ鍵になっていると思う。
作品全体は当時の緊張感が香るものの穏やか。
>>続きを読む

LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘(2019年製作の映画)

3.8

テレビシリーズではなく、ルパンがふつうに人を殺していた時期の原作をアニメ化した作品…だと思う。
次元、五右衛門を主人公にした作品に続く、第3弾という立ち位置だが、国民的アニメなので、多くの人がある程度
>>続きを読む

劇場版 幼女戦記(2018年製作の映画)

3.7

原作未読、テレビシリーズは観ている。
総集編ではなく、続編。この劇場版から作品に入ることはオススメできない。ただし、作品の持つ雰囲気は分かると思う。
クールにイかれていて、ナチュラルに各方面へのディス
>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

4.0

歌とセクシーな踊りが楽しい作品。
田舎から出てきた才能ある女性が『ガラスの仮面』の月影先生のような女主人テスの経営するバーレスクラウンジという店で活躍し、恋をして、みんなも幸せにしてしまうお話。
まあ
>>続きを読む

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

4.1

ファンムービーとしては申し分ないクオリティと熱さ。
ストーリーは単純明快でバレットとフェスタという2人の悪役の野望も納得いくものだった。とはいえストーリーを楽しむ作品ではない。大半がバトルシーンなので
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.1

なんだか響かなかった。
つまらなくはないし、良い話なのもわかるが、キャラもストーリーもストレート過ぎた。
映像は、少し前の映画の雰囲気があって、優しく丸みのある色合いが美しい。アリーもノアもビジュアル
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0

原作エッセイは未読。
お茶の手習いを通して和の心と言って良いのか…格差と競争、変化にもまれ、忙しなく生きる現代人が忘れた心の在り方が描かれる。とても穏やかで、心にしみる作品。
ストーリーとしては、主人
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

スパイダーマンのライバルにあたるヴィランを主人公にした作品。金のかかったド派手アクションが魅力のキャラもの映画。ビームは出ません。
ヒーローを主役にした作品にはない、汚さがあって、リアルというか、力の
>>続きを読む

ハード・コア(2018年製作の映画)

3.4

原作未読。
とても愛らしい映画。
主人公たちは、社会の底辺。極左組織の準構成員で月7万で埋蔵金の発掘をしている。金なし女なし、不器用で周囲に馴染めない社会不適合者。だけど悪人ではない。だから憎めない。
>>続きを読む

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

3.6

ドラクエ5 はクリア済み。
映像はすごい。ストーリーはプレイしてないときつい。が良くまとめてある。思入れが深すぎると怒り。未プレイの人には不親切、という、ライトなファン向けの映画だった。

ドラえもん
>>続きを読む

あした世界が終わるとしても(2019年製作の映画)

3.2

とても惜しい作品。とにかく尺が足らない。でも、色々と良いところはあるので、アニメ好きにはオススメ。
第二次世界大戦の軍事実験をきっかけとして、二つに分かれてしまった地球のお話。ギミックとして、この二つ
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.0

割とバトル少なめのマーベル作品。舞台は1990年代、アベンジャーズの名前の由来や組織計画にもつながる1作。必須ではないが、アベンジャーズのエンドゲームを観る前にも観ておきたい作品でもある。作品としては>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.8

原作は途中まで既読。芸能界、特に演劇界を舞台にしたファンダジー要素ありのサスペンス。
今作は原作の丹沢ニナ編を映画化したもので、掘り下げて描くキャラも累とニナくらいと漫画原作作品の怖さである、説明不足
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

心に響く一作だった。非常に教訓的で、定期的に見直したくなる作品。
90歳の爺さんが麻薬組織の運び屋をやるということで、無茶だろ…なんて思いつつも、NYタイムズに掲載された記事から着想を得たというから驚
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.3

いい作品だった。
元は一つの国であったインドとパキスタンは宗教上の対立から分離し今でも軍事的、政治的な緊張関係にある。ムンニーことシャーヒダーの暮らしていたカシミール地方は、この対立の中心と言える地域
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

自分の中では新感覚のリズム系アクション映画だった。
音楽と作品の内容やシーンがマッチしているだけでなく、映画の中で登場人物たちが起こす音が音楽になっている。これのおかげで、テンポ良く観ることができた。
>>続きを読む

きみと、波にのれたら(2019年製作の映画)

3.0

うーん、何だか普通の作品。
面白さのほとんどは、絵や表現の面白さで、ストーリーやキャラでは感じなかった。悪いことは何もないのだけれど、特筆することもない作品。アニメとしてはそれは違和感になってしまう。
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.1

万人ウケするであろう、珍しい戦争映画。
というのも描かれるのは戦場ではなく、その前日譚というか裏舞台。なので、すごく気楽に観られる。
テンポが良くて、キャラが魅力的。全体的にコメディの要素があるところ
>>続きを読む

虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜(2012年製作の映画)

3.8

小学生の夏休み、タイムスリップと来れば、外れるわけもなく。良作。
ただし、絵にはクセあり。水彩かコピックのような着彩は、夏の明るさを良く表現していて、ノスタルジー。内容には合っているものの、それでも漂
>>続きを読む

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

3.6

公開当時に観ていたら、多分、高得点をつけただろうなぁ。
短尺なキャラもの映画という印象。エイリアンの造形とCGが売りなのだろうという事でストーリーは最低限。
なので、すごいCGが沢山ある今になってみる
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.5

絵がすごくいい。が、それ以外は普通。という作品。
多分、見せたい絵があって、それを作ったら、ストーリーは駆け足、キャラの魅力を表現し損ねた。そんな感じに見えた。
特にクワガタには不満がある。

劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか オリオンの矢(2018年製作の映画)

3.2

まあ、こんなもんかなぁという作品。これなら、OVAで6話とかで作ったらよかったのに。
この映画からダンまちに入るのはオススメしない。ファン向けの作品になっている。
自分はTVアニメシリーズしかまともに
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.1

やっぱりトイストーリーは面白い。
映像は抜群。おもちゃの質感まで表現しているのは、流石。脚本もやはりよく練られている。
これまでの物語やウッディの論理から言えば、彼の選択に賛否あるのは分かるが、個人的
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

ラノベ風味は薄めな青春セカイ系の作品。新海監督作品なので、リアルかつ鮮やかな画面作りが魅力。前作、「君の名は」に続きRADWIMPSが音楽を担当しているので、作品と曲、歌詞との調和が素晴らしい。
惜し
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.2

ゴージャスで格好いい作品。
劇中でかかる曲も素晴らしい。間違いなく映画館の音響で見て得をする作品。
アニメよりも尺が長い分、ジャファーのキャラが掘り下げられている。同じような境遇にあったと思われるアラ
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.2

エンドゲームの後の世界観で紡がれるスパイダーマン。
敵はキャラ的にも能力的にもやや弱いが、スパイダーマンの成長の第一歩としては、ちょうど良く、そして厄介な敵だった。敵の強みがアレなので、それに伴う映像
>>続きを読む

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

4.2

テンポが良くて、面白い。
短い映画でオススメは?と聞かれたら答えたい作品の一つ。
ストップモーションって、自分にとっては、劇場版クレヨンしんちゃんのオープニングが基準なので、これほどハイクオリティにヌ
>>続きを読む

アラジン(1992年製作の映画)

3.8

安心の面白さ。出来のいい読み切り漫画という風情。難しいことは何もなく、単純明快な作品。映像は、ディズニーらしくコミカルでエンターテイメントとして素晴らしい。
ただし、キャラもストーリーもクセが無さすぎ
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.3

傑作、感動した。
愛情が振り切れている。まさにタイトル通り、偽りなし。
エピソード一つ一つは、きっとありがちでチープに感じるかもしれない。しかし、そこには細かなギミックが散りばめられ、綿密に練られた脚
>>続きを読む

>|