pecoさんの映画レビュー・感想・評価

peco

peco

私というパズル(2020年製作の映画)

4.2

ちょっとの違和感が溜まっていき最終的には崩壊していく感じ。とってもリアルな映画

あまりにも生々しい痛みで、観てるのが辛い

THE GUILTY/ギルティ(2021年製作の映画)

3.0

ジェイクさん、絶対職業不適合だって。緊急コールオペレーションの人が慌てちゃダメでしょ。。。

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.5

見えなくても感じることはできるよなーと。生きる姿勢次第でいくらでも人生に色を持たせることはできる

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

4.3

公開をずっと楽しみにしていました!

映像の迫力と透明感が強調され綺麗で壮大なストーリーになっていた。資源争いと労働力っていつの時代になっても不変のテーマなのだなと。。。

現実世界も盛者必衰で石油戦
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.3

久しぶりの王道キュンキュンストーリー!

ウィットの効いた男性が好みなので、楽しく見れた!カラフルなビタミンカラーのファッションもポイント

整形水(2020年製作の映画)

3.8

さすが整形とヒエラルキー社会の韓国!切れ味がとっても良く楽しめました❤️

甘い話でショートカットをすると、自信を喪失し自己劣等感に苛まれ、結局は幸運を使えないまま終わるというのが学びです

〜この映
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~(2019年製作の映画)

4.5

音の使い方が上手。自然と自分が難聴を抱えてるのではと感情移入してしまった。

人生をそのまま映画にしている感じで、偶然やタイミングで人生が180度変わるっていうのがストーリー。目の前の状況を考え方や自
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

3.8

時が流れるのが早くなるだけで、こんなにも感情が不安定になるのかと。感動あり、ホラーあり、恋愛あり!この映画で感情をぶん回しさせられます笑

〜作品を作るにあたっての引用映画〜
-トールグラス: 狂気の
>>続きを読む

アンセイン ~狂気の真実~(2018年製作の映画)

3.7

あちゃー、精神病棟もビジネスになる時代とは世も末だなと。ストーカーって一方的な愛で、自分が迷惑とか一切考えないからすごいよなーと。その信念とリサーチング能力あれば、お仕事で成績残せそうなのに。。。

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.8

美しく世界一時間の流れがスローになる映画。その一言に尽きる

ラスト・シフト/最期の夜勤(2014年製作の映画)

3.5

素晴らしきお化け屋敷系ホラー!

カップルでキャーって言いながら抱きつくにはもってこいの映画。グロあり、爆音あり、サプライズあり!是非ご活用ください〜

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.6

オススメ映画に絶対ランクインしていて気になり、やっとの思いで鑑賞。

青春映画!!アメリカ感が強いのか世代ではないのか、正直あまり刺さらなかった。。。

最後の一文、12歳の時の様な友達が今でもいるか
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

3.5

2回とも映画館をトライしたが満席という状況。ライアンが出演しているからなのかな〜

Twitchのストリーマー達が出演していて、時代の流れを感じました。所々に出てくるディズニーキャラクターの要素にディ
>>続きを読む

リミットレス(2011年製作の映画)

3.2

ドラッグで自分の限界値を突破できるとして、それは自分ではない気がするけれどもサクッと見れてスッキリできる映画!

その住人たちは(2020年製作の映画)

3.0

好んで監視をするお父さんが狂気。1日から2日3日と続き最終的には数年。。。悪ふざけも一般的な感覚であれば許されるが、ここまでいくと狂気しか感じない

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

3.9

オンラインでの加害者が小児性愛者である確率が3-5%という事実を受け止めるのが辛かった。弱者を利用しようとする大人が、長期に渡って他人にトラウマを負わせているのが許せない。

セレステ∞ジェシー(2012年製作の映画)

3.7

仲の良いカップルも終わりはこんな感じかと現実味強め。恋愛はタイミング。

関係って勿論ベースの相性重要だけど、それ以上に2人が協力して続けていこうとする強い意志があるかどうかにかかっている気がする

群がり(2020年製作の映画)

3.6

イナゴって気持ち悪いのよ。自然の摂理に手を加えると、自然が牙を剥くとはまさにこの事。


という訳で、3連休にオススメな虫映画をお送りします❤️

虫 the weekend 3連休スペシャル!!!!
>>続きを読む

ジェニファーズ・ボディ(2009年製作の映画)

3.0

舌を火で炙っちゃう位セクシーでクレイジーな子がいたら、首ったけになっちゃうしかないです❤️

トップガン(1986年製作の映画)

3.5

才能を持ったイケメンのトムを鑑賞し心の安らぎを得る映画

熱い友情と汗水握る空中戦、The アクションムービーって感じ!

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

3.8

付き合う相手によって自分の価値観が変わっていく過程を見させられた気分。

他人に自分の幸せを委ねると、悪い面が見えても目を瞑ってしまう、依存関係が出来上がるという学びになりました。

犬鳴村(2020年製作の映画)

2.5

恐怖の村シリーズという言葉に騙されました。

エフェクトの癖が強く不自然で笑ってしまい、コメディーの様でした。。。ストーリー性を重視しているため、家系図や人間関係が複雑です。また恐怖感よりストーリーを
>>続きを読む

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

3.6

久しぶりのアクション鑑賞

最近のテクノロジーの発展と共に、カーアクションという枠を超えてました!!言えるのは電磁石が最強ってこと!!

8 Mile(2002年製作の映画)

3.5

てっきり成功するまでの道のりかと思ったら、人生を紆余曲折して成長して行くストーリーだった

これ観ると人生は山あり谷ありで、終わりよければ全て良しだよなーと思う

ラップとは無縁の人生でしたが、これを
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.0

2009年にIoTのリスクについて話している。まだガラケーもあった当時に、この分かりやすいアニメを作れたのは先見の明に長けている監督だからこそ作れたのだなと!子供向けと言いながら、教育番組見ている気分>>続きを読む

プライドと偏見(2005年製作の映画)

3.2

王道のラブストーリー!身分差を超えて愛を求めるというお話

姉妹ストーリーなら若草物語も似てるかな〜

高慢と偏見、本でも有名で鑑賞したけれど、中身がここまでありきたりな内容とはちょっとショック

ドーンウォール(2017年製作の映画)

4.2

これ観たならFree soloもセットで観て下さい!

彼の怪我をした後の方が強くなっていることに感動する。言い訳って自分を壊す最大の武器だなって!また友情の美しさを学べる映画

最後にして最初の人類(2020年製作の映画)

3.8

壮大なaudio bookだった!
規模が大きいため本で読んだ方が面白いのではないかと思った。

数年前ならこの映画拒否反応が出ていたと思う。とてもゆっくりなのでその時間をいかに楽しみナレーターと一緒
>>続きを読む

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

4.1

やっと観賞!表紙のポップな雰囲気に騙されてはいけない。。。

上辺だけの付き合いの軽さに慣れてしまうと、本当に自分を想ってくれる人が現れた時に逃がしてしまうのだなと。恋とは上手く行かないもので、常に自
>>続きを読む

ウィッカーマン(1973年製作の映画)

4.0

カメラワークや俳優群の不自然な笑顔が作り物すぎて終始不安になる。社会科の教材並み

ー教材ビデオの目次ー
1. 村の人々への挨拶
2. 探し物を尋ねて
3. 村の文化を学ぶ
4. 村の慣習を体験

M
>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

3.2

格差社会、搾取する側とされる側を端的に表した映画

コンセプトは大変ユニークなのに、予告以上の何物もなかった

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.7

The フランス映画!!切なくてワンシーンずつが絵になります

誰か1人でも信頼できる心の拠所があれば、彼女の人生は大きく変わったはず。話を親身に聞いてくれる人の存在は偉大です。最後は彼女なりのケジメ
>>続きを読む

ウルフウォーカー(2020年製作の映画)

4.0

It’s all for your own good.

ヒトのためを思って行う親切心って、本当にそのヒトのためになっているのか再度考えるべきだなと思った。

宗教や歴史背景などの要素も所々あり、見
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.1

神の名の元に行われる大量虐殺。。。また厳しい貧困から騙されてテロリストになる子もいて、社会の闇を感じた。

運ゲーで進み常に緊張感あるこの映画、すっごく体力消耗した

ハングリー・ハーツ(2014年製作の映画)

3.7

最初の10分以降は下り坂です。音楽も色遣いも何もかもが澱んでいます。

母親になるプレッシャー、わかります。ただこの良い母親であるべきという圧力って、他人の子供と触れ合う機会のない核家族が産出した代物
>>続きを読む

君と歩く世界(2012年製作の映画)

3.6

現時点では不明瞭な点が、将来に進むにつれて点が繋がってストーリーを作っていく。人生の数珠丸を見ている様で、とても新鮮だった!

またリレーションシップが課題を乗り越えて、相手の重要性に気付き結びつきが
>>続きを読む

>|