おいもさんの映画レビュー・感想・評価

おいも

おいも

映画を見るのが好きで好きで、たまらない!!!!

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

5.0

最高の映画だった。2つの理由で。
1つ目は圧倒的に怖いということ。幼い頃にオリジナル版で植え付けられたトラウマを目の前に叩き出された。
中盤の怒涛のシークエンスがおわり、一息ついたところで、あまりの恐
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

4.0

グズグズな男のペイバック映画。
前半と後半で明確に物語のトーンを変えることで、映画をコントロールしている。
映画の前半は視聴覚的な違和感の強さと、理解できないこと手間ストレスを感じてしまう。今回も感じ
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

1.5

場面が散らばりすぎて、終始緊迫感のないまま終わってしまった。話が荒唐無稽だとか、細かい見せ方が荒いのは最初からそうだったと思うんだけど、閉ざされた空間の不気味な映像と、そこで起こる残酷なゲームと、外で>>続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道(こうどう)(2017年製作の映画)

3.5

この商法いい加減にしてくれよと思いつつ、「ファンだけが気づくテレビシリーズとの差違と、それによって必要以上に膨らむ期待」でこねくり回される快感には今のところ全敗です。ボイス新録なのに当時の声色を再現し>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.0

ファストフードがデジタル的な閃きではなく、「徹底的な効率化と取捨選択による、オペレーションの加速」で成立したものと発覚するシークエンスの爽快な驚きと、映像的快感にベロベロになってしまった。
マイケルキ
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

5.0

感情が少しずつ、ただ寂寞と佇む街と現在と、そして白昼夢のように挿入される過去の描写で、揺れる波のように表現される。気づけばそれは鑑賞している自分の感情ともリンクしていた。
正しく想いは伝わらず、だから
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.2

2D通常上映で見ました。
感じたのは、久々に「戦争によって影響を受ける人間の脆さ、恐ろしさ」ではなく、「恐ろしい兵器により恐ろしい殺し合いとしての戦争」という面からの恐怖を感じる映画だった。
映像が端
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

5.0

爽やかな物語とドライブ感ってのは、青春ジュブナイルモノの定番だと思うけど、スパイダーマンでそれをやったのは今回が初では。とにかく何もかもが気持ちよくて欠損なし。
マーベルヒーローにありがちな巨大な悩み
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.3

劇伴が全編ノイズミュージックで、劇中にずっとある違和感をしっかり演出してた。一番最初に犯人が分かって、中盤で確信して、終盤で答え合わせする映画。ビル屋上からの映像がキワキワで良かった

ドント・ルック・バック(1967年製作の映画)

4.6

正直ボブディランなんて家にあったベスト聴いてたくらいの認識で見に行ったけど、だからこその収穫のある映画だった。
怒りや哀れみや悲しみを彼の歌から感じられるのに、彼自身がその感情を発してるように見えない
>>続きを読む

バンコクナイツ(2016年製作の映画)

4.6

富田克哉監督は初見だったんだけど、非常にノスタルジックで良かった。タイ人が作ったのかと思うほど、スクリーンの向こうの国への愛情が垣間見れた。音楽がどれもこれも良い。シリアスなシーンで笑いが起きること、>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

2.3

撮影の角度や会話劇の描き方や役者の演技は独特だったり良さがあるのだけど、別にそれだけだった。話としては何でもないし、大きな出来事は何もないし。最後の最後にどう爆発するのかと思ってたけど、肩どころか腰ま>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.5

重力描写がとても良かった。初めてUFOの中に入るまでに時間をたっぷり使ってくれたのでドキドキさせてくれる。スクリーンに絵を描いて交流していく様に知的好奇心をくすぐられまくる。主人公2人にきっちりマイン>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

4.2

基本的に映画は予備知識なしで見るので、最初の20分くらいは「インファナルアフェアみたいな映画なのかな?面白いかもな」くらいだったのが、結局のところ「あ、これ仁義なき戦いだイエエエエェェェェイ!!!!」>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

5.0

良すぎた。個人的に好きすぎるだけなのかもしれないけれども。
全3部構成のこの映画は、それぞれでこちらに全く別の印象を持たせてくる。キャラクターの実像に何層ものグラデーションがあって、何度も同じセリフを
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.4

一作目が良すぎたので見に行ったけど、やっぱり本当に楽しい。でも一作目ほど見終わった後に「あー!!最高ー!!」とはならなかったのは、明らかに続くのが前提で作られた話だったからかもしれない。

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.1

正直に言えば、諸手を挙げて面白い!と言えるものではなかった。ただ、韓国独特の温度の怖さやバカバカしさは研ぎ澄まされていて、観ていて気持ちが良かった。
何より鑑賞後、別の映画館で改めて予告編を見たときに
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.8

何よりもまずはやっぱりカットがかっこよすぎる。冒頭1秒で「あ、この映画勝ちだわ」と思わせる鋭さがある。フラッシュバック映像が多用されてるのも最近のタランティーノみたいでめっちゃかっちょいい。
みんなが
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.2

まずなにより子供達が本当に可愛い。これだけで観てて微笑ましくまた不安になる。
サルーがどうなっていくのか!ていうサヴァイヴの話じゃなくて、彼が自分の境遇に対して向き合えるようになるまでの話だったのがと
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.7

「実写映画化において、自分の希望するサービス精神は原則としてないものとし、作り手が何をしたいかを重視する」ようにしたほうが、自分にとっての面白さを認識しやすいということに気づけました。
そういう意味で
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.5

超つええモンスターたちがマジで人間をボコりまくるので最高です。序盤の地獄の黙示録的展開から類似したカットで一気に絶望的になる(見てるこっちは大喜び)ので盛り上がります。あと、コングが実にプロレスめいた>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

5.0

個々のキャラのアイデンティティの形成と認識を見守っていて涙が止まらなくなる。モアナのメインテーマを聴いて涙が止まらなくなる。船出の時には必ず涙が止まらなくなる。世界最高のアニメを作るチームが世界最先端>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

4.3

序盤から中盤にかけて、あしながおじさん的な笑いが常に起きる映画なのに、終盤の展開で一気に凍りつく。そのままクライマックスに向かって事態が転がっていき、唐突に幕が閉じる。とんでもなく空虚な頭のまま、不気>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

5.0

個人的に年々、戦争を美化した戦争映画が嫌いになりつつあるのだけれども、徹底して恐ろしく戦争を描いたこの映画にはとてつもない熱量のメッセージがある。
主人公が決定的に壊れてしまった瞬間の描き方はアメリカ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

5.0

アバン:750000億万点
ライアン・ゴズリングとエマストーン:823815280億万点
音楽:9825点
「キュート」という単語を現世で最も的確に現している人間がエマストーン:93562582730
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

5.0

こんなに情緒が溢れる映画は久々に見た。まるで古い日本映画の様に、多くを語らず、フレーム内に映る人と物だけで物語る。ボロボロに泣きながら爆笑するようなシーンが大量にある。凄い。

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門(2017年製作の映画)

4.0

ルパン過去編てきなエピソード。原作漫画に近い絵や表情、ハードな演出でかっこいい。話の内容はなんか普通にテレビスペシャルっぽくキャッチー。とにかくラストの五ヱ門がシビれる

未来を花束にして(2015年製作の映画)

3.6

男性の暴力で女性が屈服、支配されていた時代の話。とにかく描写が辛い。キャリーマリガンをあまりいじめないで欲しい。女性を性的に撮る瞬間が全くなく、それにより女性たちが悲痛なまでに力強く映った。

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

1.9

なんでわざわざリメイクしたんだろ。ただ闘っただけの人たちになってしまった。マカロニウェスタンなアクション映画としては後半はとてもかっこいいけど、ただそれだけだった。

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

5.0

平日の夜にこんなにも胸がしめつけられることになるとは……
信仰に対しての様々な立場からの主義主張のぶつけあいが延々続く。議論が白熱、練度を増すごとに主人公同様自分も追い詰められる。今まででの人生でこん
>>続きを読む

オアシス:スーパーソニック(2016年製作の映画)

3.7

考え無しのバカではないんだけど、どうしようもなくバカなのは間違いない、クソ野郎たちが無敵だった頃の話。元気をもらえた。
個人的に意外だったのは凄くインディーなマインドを持ってたことで、もっとビジネス不
>>続きを読む

傷物語Ⅲ 冷血篇(2017年製作の映画)

4.0

鉄血、熱血に続く3作目。異種間の破滅型交流大好きクラスタとしてはたまらないドラマで描き方がパナい良かった。全2作に比べてわざとだろうトーンダウンさせてる戦闘シーンとか、諸々のテクさは相変わらず。むっち>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.2

ハンディキャップ殺人鬼vsバカ強盗という構図は最高。カットもIT FOLLOWSみたいな不気味さあるやつが散見されて楽しいんだけど、なんかパンチが腹に響いてこない。終わり方は良い塩梅で良い

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

たった一つのセリフで、今まで感じたことがないほど「二度とこんな悲しいことがあってはならない」と思わせてくれた。21世紀で最も優れた人間ドラマ。素晴らしい。

エヴォリューション(2015年製作の映画)

5.0

本当に恐ろしい映画だった。何がってそりゃポスターにあるように、ギーガーやラブクラフトの様な悪夢感だとか、ショッキングすぎる演出もなんだけど、何より絵画かよって思う程美しすぎるカットとそれにより世界に引>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

5.0

エピソード7が完膚なきまでにスターウォーズファンムービーだったのに対して、ローグワンは硬派なドラマの戦争映画に見せた完璧なファンムービー。前後半で映画自体がもはや違うんだけど、ドラマが完璧すぎて最後で>>続きを読む

>|