ペコさんの映画レビュー・感想・評価

ペコ

ペコ

色んなジャンル色んな国の映画 ドラマを観ることが私の至福の時♡ 戦争物 中東物 特に好き♡映画やドラマ好きなお友達 交流出来たら嬉しいです。
ドラマはかなりこなしてます(笑)

映画(1102)
ドラマ(360)

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.5

ライアンゴズリング セリフ少なで寡黙に淡々とコトを済ませていく姿がカッコ良かった!静かだけどしっかりバイオレンス系映画。

戦争より愛のカンケイ(2010年製作の映画)

3.2

うん、フランス映画 という感じ。シリアスなのかコメディなのか それが良い味出してるけど😁 主人公の女優さんがとてもキュート♡

なぜ君は絶望と闘えたのか(2010年製作の映画)

-

山口県光市母子殺害事件。残された夫が殺された妻子のために長い年月闘い抜いた結果 法をも変えるまでになった経緯。
死刑云々というより1人では何も変えられないかもしれないけど諦めない強い気持ちがあれば何か
>>続きを読む

奇跡の絆(2017年製作の映画)

3.5

実話ベース。静かにゆっくり話が進む。
温かい気持ちで接すると伝わる事って沢山あると思う。それが実を結び良い方向に進むと沢山の人の笑顔が増えていく。

パワー・オブ・ワン(1992年製作の映画)

4.0

良かった。アフリカの雄大な自然と人々の歌声。南アの悲しい歴史を少し垣間見れる感動作でした。

28DAYS(デイズ)(2000年製作の映画)

3.2

サンドラブロックが若くて良い感じ。
お姉さんと和解するシーンが泣けた。

母と暮せば(2015年製作の映画)

-

二宮くんにピッタリの役。
ファンタジーだけどこういう幻想を見たくなるお母さんの切ない気持ちがとても伝わってきた…

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

4.0

笑いとユーモア そして何よりパパと娘の過ごす時間がとても美しい作品でした。

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.0

欲望の赴くままに… 体当たり演技 凄いですね…

Something Borrowed/幸せのジンクス(2011年製作の映画)

3.2

イーサンみたいな人と結婚した方が幸せになりますよって感じの内容… イケメンの婚約者が優柔不断で悪い奴っぽいけど婚約までしておいて解消する勇気はそりゃなかなかないよね、実際。

新しい人生のはじめかた(2008年製作の映画)

3.4

ホッコリ大人のラブストーリー♡
人は幾つになってもきらめく事が出来るのよね! ダスティホフマンとエマトンプソンの笑顔が素敵なあったかい映画でした。

セレニティー:平穏の海(2019年製作の映画)

3.2

幻想的で悲しい映画だった… 暴力を振るう現夫が何とも憎らしい

息子のしたこと(2018年製作の映画)

3.0

何とも気が重くなる内容だった…
思春期の男女のもつれがとんでもない方向に向かって行く。 ありがちな事だけにズッシリ感が否めない…

セカンド・アクト(2018年製作の映画)

3.5

愛とユーモアに溢れたニューヨークが舞台のスタイリッシュコメディ。元気を貰える映画でした☺️
「あなたを阻むものはあなただけ」
ラストのセリフ 深い。人生は一度きり。
全てが自分のストーリーになるんだも
>>続きを読む

泥棒は幸せのはじまり(2013年製作の映画)

3.4

メリッサマッカーシーがいつもながら面白くてキュート。ドタバタコメディだけど意外とホッコリ作品でした☺️

エヴァの告白(2013年製作の映画)

-

マリオンコティヤールが美しくて 内容はまぁ良いか という感じ… 素敵な俳優さん揃いなのにもう少しどうにかして欲しかった感。

ラストツアー​(2019年製作の映画)

3.2

誰でも迎える人生の終わり。やり残した事を叶えるべく2人のおじいちゃんが奮闘する。たくさんの人を笑顔にできる仕事ってすごいな

キス・オブ・ザ・ドラゴン(2001年製作の映画)

3.5

ジェットリーが素敵過ぎる♡
アクションシーンで魅了される上に女性の前ではとてもシャイな役どころ♡
現在は闘病中なんだよね… いつまでも元気でいて欲しいです。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

やっと観れた。極音シアター 音響にとことんこだわった立川シネマシティ ほぼ満席。すごいな。ラミマレック 演じてくれてありがとう!

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

-

暗い部屋で観てたらラスト20分 ゾクっとした💦 國村準さん 凄いな。ハッキリしないエンディングが逆に面白い。

誰でもない女(2012年製作の映画)

3.8

とても興味深い映画だった。ナチ党が行った 生命の泉 通称レーベンスボルン。北方人種を特に好んだヒトラーは計画的にドイツ人男性とノルウェー人女性との子供を後世に残す施設を作ったという。
1989年 ベル
>>続きを読む

チャイナ・ムーン(1994年製作の映画)

3.3

美女に操られ利用される男たち… マデリーンストゥが本当に美しい。
ドラマ リベンジでもメインキャストだったけどスタイル抜群 妖艶な熟女ぶりが健在で圧倒された。

イントゥ・ザ・ストーム(2014年製作の映画)

3.4

ストーリーは王道だけど見応えあった。
アメリカでは竜巻を目の前で見るツアーがあるみたい。確かに渦を巻いてはっきり見える姿は圧巻。日本も地震や台風がとても多い国。どんな対策が良いのだろうっと考えてしまう
>>続きを読む

ヒトラーを欺いた黄色い星(2017年製作の映画)

-

収容所送りは何とか逃れたものの長い期間恐怖や孤独 飢えに耐えてユダヤ人狩りを生き抜いた実在の4人の方の映像を交えながらのドキュメンタリー。
理不尽なこの時代 自分たちの危険を顧みずユダヤ人と知っていて
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.8

実話ベース。人間は感情がある生き物なのに本能で生きる動物の方が掟に沿って潔く生きている気がする… 全くもって卑劣な犯罪者達。
美しく広がる雪深い山々。静けさの中に残酷な事件がより引き立っていた。ジェレ
>>続きを読む

ナチスが最も恐れた男(2008年製作の映画)

3.4

ノルウェー映画🇳🇴ナチス政権下 レジスタンス活動の中心を担っていた実在のマックスマヌスを描いている。派手な戦闘シーンよりも彼を取り巻く人物を淡々と描写していた感じ。この時代のノルウェーの動向が勉強にな>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.0

悲しいけど美しい映画でした🎶 レディガガがもっと好きになる♡

バード・ボックス(2018年製作の映画)

3.5

今日からネットフリックスで配信なので早速。 なかなかでした。こういう類のを観ると世の中がパニックに陥った時 自分はどんな行動を取れるのかなって考えたりもします…サンドラブロックは最後までカッコいい>>続きを読む

目元が似てる君へ(2016年製作の映画)

3.5

フレンチコメディ🇫🇷 子どもを熱望している黒人夫婦の養子に白人のキュートな赤ちゃんが来ることに。世間や身内からなかなか理解が得られず夫婦は悲しくて悔しい思いばかり。でもママやパパのたくさんの愛情を一番>>続きを読む

最強のチーム(2016年製作の映画)

3.6

サッカーのお話⚽️ 純粋でイタズラ好きな少年たちとケガをして地元に戻り嫌々監督を引き受けた人気のサッカー選手が織りなすホッコリ癒される内容でした☺️
ハイタッチするワンコちゃんがとにかくキュート🐕♡

アメリカン・ギャングスター(2007年製作の映画)

3.5

実在の黒人麻薬密売人のボス フランクルーカスのストーリー。麻薬ビジネスが巨額の富を得るのは事実。自分は手を染めず立派な生き方をしてるって自負していても殺人行為で裕福な暮らしを送るのはやはり理解出来ない>>続きを読む

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

-

移民大国アメリカ。ゴッドファーザーに描かれているように100年ほど前イタリア南部 貧しい暮らしをしていた人達が夢を抱いてどんどんアメリカへ移り住んだらしい。
アイルランドもしかり。他のヨーロッパ大国移
>>続きを読む

炎の人ゴッホ(1956年製作の映画)

3.5

ゴッホの人生 古い映画だけどそれがより愛着のある内容になっている。時折入る本物のゴッホの絵が素晴らしい。彼は孤独を好まないのに風変わりな性格からかいつも孤立してしまう… 寂しい最期が悲しかった。

めぐりあう時間たち(2002年製作の映画)

-

重い精神疾患を抱えていたという作家のヴァージニアウルフさん。生と死の間の時間を生きることにとても敏感だったように感じた。最初のシーン 人生を閉じようと決意し夫へ遺した最後の手紙が美しくて悲しい。ニコー>>続きを読む

ハムレット(1996年製作の映画)

3.6

ケネスブラナーの情熱がこもった監督&主演映画。シェイクスピア作品をセリフ含め一番忠実に制作されたと言われている。
長いので観るのに気合がいるけれど最後の最後まで見応えある映画になっている。

>|