chokohanaさんの映画レビュー・感想・評価

chokohana

chokohana

映画(167)
ドラマ(27)

涙のメッセンジャー 14歳の約束(2015年製作の映画)

3.0

戦争に行った兵士の訃報を伝える電報を家族に届ける配達員。しかも14歳でかわいそうな役目。最初のお仕事から重い...。職場の上司たちが温かかった。

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.0

エディレッドメインが、どんどん女性に見えてきてしまうくらい仕草や表情が女性らしくなっていっていた。
夫ではなくなっていく夫と一緒にいる妻は、どれだけ辛かったろうと思うと切なくなる。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.5

親の育て方や生活環境によって子どもの”普通”の感覚もそれぞれ。この子どもたちは自分とはかけ離れすぎてて。尊敬する。
最後よかった。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.5

トイストーリーの大ファンで、いつものおもちゃ仲間が集まってわちゃわちゃしているのが大好きだったから、4も待ちに待ってワクワクしながら鑑賞。。。
映像は更にキレイになっていて感動!
ストーリーは期待して
>>続きを読む

ハリウッド・スキャンダル(2016年製作の映画)

3.0

ハワードヒューズは実在した人なのか。知らなかったから謎すぎてついていけなかった。
リリー・コリンズの美しさで最後まで見れた感じ。

新宿スワン(2015年製作の映画)

3.5

歌舞伎町って本当にこんな感じなのかな。裏で縄張り争いとかありそう。
山田孝之の凄さ。かっこいい。
タツヒコがいい人だったから最後まで見られた。

ウォー・ドッグス(2016年製作の映画)

3.0

コメディと思ったら実話でもあり結構シリアスでこわかった。若者が武器の売買を始めて、そこから軍や他国も絡むスケールの大きさ。途中難しかった。
ブラッドリー・クーパーが出てきてびっくり。

NO EXIT/ノー・イグジット(2015年製作の映画)

2.5

しっかりしてよーと思う場面が多々ありイライラ。でも途中信用していいのかハラハラしたり。
最初と最後も繋がった。少し悲しくなった。

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.5

仕事と育児の両立など働く女性の悩みや母の強さがテーマになっていた。
ジャックジャックが一番強い気がする。

スノーデン(2016年製作の映画)

4.0

ジョセフゴードンレヴィットの役作りがすごい。スノーデン氏の正義を貫くところもすごい。今のスノーデン氏も知ることができた。
自分は社会について無知すぎるなと。当時のニュースではあまり興味を持たなかったの
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.5

オープニングから音楽でテンションあがる。
ジャスミンかわいかった。アニメよりも女性視点で女性の強さが際立っていた気がする。
ジャファーが残念だった。甘めの顔で声も高めだったからか悪役っぽくなかった。

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(2016年製作の映画)

3.0

実話?って思うくらいハチャメチャ。客や新聞社をお金で取り込もうとする夫の必死さがすごい。ピアノ伴奏者役の人がいい味出してた。

ユージュアル・ネイバー/マッド・マザー 生贄の少年(2013年製作の映画)

3.5

母親怖い。我が子だけが大事なんだな。
執着する意味が分かってくると余計母親の恐ろしさが増す。まだ情の残っている父がいて、少しホッ。

胸騒ぎのシチリア(2015年製作の映画)

3.0

優しい彼と異国の地で幸せだったのに。元彼がやかましくてうんざりした。
終わり方はあれでいいのか疑問に思う。
マリアンのドレスがおしゃれで素敵すぎ。

ヴィレッジ(2004年製作の映画)

4.5

不気味でホラーなイメージだけど、切ない話。数回目の鑑賞。なぜだか何年か経つともう一度観たくなる映画。
ブライス・ダラス・ハワードの役が盲目なのに、勇敢で頼もしく美しい。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

オリバーの気持ちが見えず、あとで、え?そこで既に好きだったの?!ってなった。
男性同士というのが気にならないほどドキドキ感を感じた。短パンがまた色っぽい。
見せ方はキレイだけど、ストーリーは切ない。お
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

アベンジャーズを観てブラックパンサーを知り鑑賞。すごくかっこよかった。
力比べ?の岩壁のような場所も印象的でかっこいい。

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.0

最初は、こんな人がお客さんで来たり隣人だったら本当やだなぁと。
車であんなに張り合って仲違いするものなのか。いいタイミングでやってくるご近所さんたちナイス。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.5

分かりやすくて面白かった。悲しいけどそれによって次の4に繋がったんだなと納得。
盲目の人、すごい。かっこよかったー。
ラストびっくりした。

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.5

ストーリーがいまいち掴めなかったけど、二人の掛け合いがドタバタで面白いのと、アクションも見いってしまって楽しめた。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.0

綾瀬はるか目当てで。やっぱり可愛いかった~。
切ないけどすてきな選択だと思った。

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

2.5

自分とは世界が違いすぎて共感できなかった。
ダコタ・ジョンソンがファッション含めて可愛かった。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.0

爽やかで終わり方もよかった。
店長の素朴な優しさと話し方がすき。
小松菜奈かわいかったな~。

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.5

戦争下のなか女性が強く前向きに映画作りをする、凛とした姿勢が素敵だった。
ただ人の命はあっけないのだなと悲しくもなった。

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.5

楽しかった。
あの視力で仕事、しかもホテルマンになるという気持ちがすごい!明るいタッチにしてるけど本当に辛くて大変だったと思う。
でもさすがに人の子を一人で見るのはダメでしょうっ。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.5

アベンジャーズシリーズをちゃんと見たことがなく薄ーーい知識しかなかったけど、友人に解説してもらいながら観賞したら分かりやすくてはまってしまった!
ドラゴンボールを思い出した。
サノス強すぎ。
続きが気
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.5

生田斗真すごい。
本当の女性のように見えてくる。
心あたたまるけど、後半ずっと泣いてた。
沢山の辛い経験をしてきただろうけど、母親の理解があってこそ高い壁に立ち向かっていく芯の強い人に成長したんだな、
>>続きを読む

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

3.0

いい大人が身勝手すぎる。と思うけど明るいタッチでまとめられてた。
みんな幸せな形で進めそうでよかった。

ONCE ダブリンの街角で(2007年製作の映画)

4.5

楽器店で二人で歌うシーンが好き。
彼女の言った言葉の意味をあとから調べて切なくなった。大人の選択、かっこよかった。

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

3.0

自分たちの存在意義を知った時...本当に辛い。この世界にこのような人たちがいないことを切に望みます。

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.5

90年も前に起きてしまうなんて。自分だったら全員起こしてしまうかもしれない。
地球とのメッセージのやりとりの年数に唖然とした。
ラブストーリーも素敵だったけど、機械化の怖さの方が強く残った。

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

4.0

まさかの展開だった。
もの忘れのひどいゼヴが、起きるとすぐに「ルース」と亡き奧さんを呼ぶ様子が印象的。

バーン・カントリー(2016年製作の映画)

2.0

よく分からなかった。残念。
戦場にいる友だち、主人公の人とばかり話さないでいいかげんお母さんに連絡してあげて。
エンドロールまでジェームズフランコに全く気づかなかった。

ハドソン河のモスコー(1984年製作の映画)

3.5

久しぶりにロビンウィリアムズが見たくなって観賞。
コメディータッチにはなっているけど亡命者の話。
トイレットペーパーであんなに並ぶのか。ロシアとアメリカの違いがハッキリ分かりやすく描写されていた。
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.0

主人公はいい方向に変わったのだろうか。最後までスッキリしなかった。
プライバシーの侵害ばかりで見ていて疲れた。
自分の性格上、いくら有名で高給な会社でもサークルには入社したくない。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.0

素敵な夫婦でいいなー。
黄泉の国を早く見たくてウズウズ。だいぶ終盤だった。
CGっぽさはあったけどレトロな雰囲気はよかった。