pencilさんの映画レビュー・感想・評価

pencil

pencil

映画(19)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.0

全く予備知識なしで見たので、エンドロールが終わってもやりきれなくて気持ちの整理がつかない。
余韻という言葉ではなく、ただ消化できないやるせない感情を引きずっていて、明日からまた一週間始まるのに、どうし
>>続きを読む

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

3.9

登場人物、台詞、音楽全てがかなり絞られてて、ヨークシャーの田舎の閉鎖的で重苦しい感じや、辛い日常から逃れられない主人公のやりきれない現状がすごく伝わってきた。
台詞は少ないけど、その一つ一つが主人公2
>>続きを読む

エリック・クラプトン~12小節の人生~(2017年製作の映画)

3.7

先月観たボヘミアンラプソディーは世間での話題性もあって、Queen世代だけでなく色んな年代のお客さんがいたけど、こちらはほとんどがおじ様がでした。(地方だからかな)これだけ偏ったメンバーで映画観るの初>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

世代的にあんまりピンとこないかもと思いながら観始めたけど、終わってみれば劇中の曲はほとんど聞いたことある曲でQueenのすごさを改めて思い知った。
その反面、バンドについてはほとんど無知だった事も実感
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

映画館で観る機会を逃してブルーレイで鑑賞。

2人の機微な心理描写が、決して多くないセリフの中にすごく出ていてその分グッときた。さらにそれを引き立てているのが彼らをとりまく周囲の人達の温かさや、北イタ
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.7

母と娘の思い合ってるけど、お互い素直になれない関係がとてもリアルに描かれている作品。同性同士って親子でもなかなか面倒なものだなぁと改めて感じた。
劇中のアラニス・モリセットのHand In My Po
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

ウェス・アンダーソンの世界観炸裂です!!これまでの作品も好きですが、これはまた別物で大好きです。
今回も隅々までこだわってます。もう一回、色んな所に注意しながら観たい。
特に音楽がよかったなぁ。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.5

設定が1979年と言う事を忘れてしまう位、現代に当てはまる作品。
ファッションや音楽もいわゆる「懐かしい感じ」は全くなく、この映画の中ではむしろ新しく感じるほどステキだった。
エル・ファニングが森でタ
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.2

冒頭の曲から持っていかれる!そして全編通して楽曲が全ていいです。
扱っているテーマは決して明るい物ではないし、かつて若くてキラキラしていた主役陣は、年月と重力によってギラギラしたおじさんになったけど、
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.5

映画の世界観はとっても好きだし、すごく引き込まれるけど、劇中何度か出てくるストリートミュージシャンの場面で、一気に気持ちが途切れる。しかも何度も。そこの奇跡は必要なのかな?

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.9

ドランの映画はいつも音楽がとても印象的だけど、この映画もやはり冒頭の曲から持っていかれました。そしてこの冒頭の曲の余韻を引きずったまま、ラストまでいった感じです。そしてラストのMobyの曲もよかったで>>続きを読む

oasis FUJI ROCK FESTIVAL'09(2016年製作の映画)

4.2

ノエルが日本で初めて演奏すると言って始まったHalf The World Away のイントロで泣きそうになったのを思い出した

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

3.1

劇中で使われている曲のセンスはやっぱりすごいです。

神のゆらぎ(2014年製作の映画)

3.8

後味悪いようで、なぜか納得な感じで映画館を出た