ざくろさんの映画レビュー・感想・評価

ざくろ

ざくろ

洋画邦画問わず(ホラー以外)
熱しやすいけど落ち着くところは英国俳優。
レビューが追いつかない人。あとやたら長い人。

  • List view
  • Grid view

舟を編む(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

まず「右」を引いてしまった。
私は辞書を引かずに誰にでも分かりやすく説明できる言葉がどのくらいあるだろう。

なんとなく原作より先に観た。
みっちゃんに自分を重ねる。
私も声は小さく一言で終わらせてし
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

3回目。なのに思うことがありすぎてまとまらない。

ただ何度も観たい。私にとって人と向き合う、自分と向き合うこと、信じることの怖さと大切さを教えてくれる映画。そしてこれから観る度背中を押してくれる映画
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

初見の感想。(①2018.2.8)
これは映画館で観たかった...
戦闘機、駆逐艦、爆撃音、きっとすごい迫力だっただろう。

台詞が少なく、登場人物の背景(生い立ちや家族など)が描写されていないからか
>>続きを読む

コンスタンティン(2005年製作の映画)

-

ティルダ・スウィントン美しい...
天使と聞いたらもうこのガブリエルしか出てこない。

喫煙とか、何かと息苦しいシーンが多い。展開のテンポの良さとキアヌのかっこよさ、サタンの迫力がすき。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

原作知らずに鑑賞。

意外にもCMなどで受けた印象より、黄泉シーンまでの構成がしっかりとしていてエンドロールまで飽きなかった。パンフにもあったが、セットや小物が多いのにも関わらず、細かくて世界観に入り
>>続きを読む

猫が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

-

猫大好きだし、それも前々から興味あるトルコ、イスタンブルが舞台と聞いて...迷わず鑑賞。

町並み、人々、猫たちはもちろん、BGMや猫目線のワークも素敵✨猫も人もそれぞれに出会いや物語があり、尊重し合
>>続きを読む

ホールドアップダウン(2005年製作の映画)

-

V6すごいなぁ面白いなぁ、と。

意外性があって突っ込みどころも多過ぎるけど楽しかった😊
ただ一つだけ、戦闘シーンかちょい長かったような。ファン向けかな?

最初から最後まで岡田の扱いが...なんとも
>>続きを読む

天地明察(2012年製作の映画)

-

個人的に目と耳に嬉しい歴史映画。(久石さん、好きなキャスト、星空)

婚約の場面が温かくて良い🌘

自分も興味関心があるものに向かって、手を伸ばし続ける姿勢を見習いたい。

SP 革命篇(2011年製作の映画)

-

正義とは。悪の境界とは。
井上のシンクロは結局?
今回は尾形がかっこよかった。

SP 野望篇(2010年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

続きが気になる展開。
岡田准一のアクションがかっこよかったのと、お面🎭?福面の良い不気味さが忘れられない。

自分に言われてるんじゃないのに、尾形さんの「残念だよ、本当に残念だよ。」が刺さる。

永遠の0(2013年製作の映画)

-

ずっと涙が止まらなかった。
特にラスト5分弱。

斜め読みで大筋は掴んでいたが、公開当時、岡田准一に興味なく、勝手に見ず嫌いをしていた。
が、國岡商店を鑑賞した勢いで観て驚いた。構成や展開も分かりやす
>>続きを読む

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

-

熱い。とにかく熱い。
どんな逆境や困難にも尻込みせず、堂々とぶつかっていく、ぶれなさと豪快な姿は、いつ思い描いても自分に活を入れてくれる。
その点は原作と変わらない。

ただ原作を読んでいただけに、た
>>続きを読む

戦場からのラブレター(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

2回目の鑑賞。原作は読んでいない。

戦争映画だが、構成や背景をはじめすべて美しい。初めて観たときは終盤で彼らの思い出の風景カットが印象的だった。

年齢が近いため、また俳優さんたちの演技が自然だった
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

-

安藤サクラの演技に引き込まれる。
もう試合なんか、自分まで息苦しいし顔面痛かったし悔しかった。

全体的に飾らない生々しさ、リアルさが心に響いた。
それにラストがまた良い。あのアングルとか、間とか。い
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

優しくて素敵は映画。
音楽の力は素晴らしい。
人を、人の心を繋ぐ。

今回は先にサントラを借りてから映画を鑑賞してみた。歌声がすっと心に入ってきて心地好く、鑑賞後も歌詞の背景を知った分、深みが増してよ
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

レトロな音楽、衣装、街並みと風景、そして Saoirse (エイリシュ)が素敵。

思わず"強くなったね"と声を掛けたくなるほど。

"忘れてた、ここはそういう町だった"とラストの彼女の言葉、特に
>>続きを読む

モネ・ゲーム(2012年製作の映画)

3.2

Colin Firth見たさに。記録忘れて2回目鑑賞。

おもしろい😊
特に思い通りに行かなくとも強行しようとするハリーやホテル絡みのシーンが良い。
途中までは現実は甘くないよな、と思いながら観てたけ
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

恐らく人生初フランス映画。
アメリの独特の世界観と徹底した悪戯が素敵。他人の恋心や気持ちには敏感ですごい行動力を発揮するのに、自分の恋には不器用な姿は少しだけ共感。

冒頭と最後のシーンはどの人にも奇
>>続きを読む

アラビアの女王 愛と宿命の日々(2014年製作の映画)

3.0

音楽そして砂漠を中心とした風景が美しい。
全体的に落ち着いていて、副題通りGBの愛と果敢さが主に描かれていたように感じた。

どんな人でも、何かに直向きに打ち込む姿は強くて美しい。

"アラビアのロレ
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

これは即サントラをレンタル🎬
舞台は(個人的に大好きな)アイルランド!

挿入歌は何度どれを聴いても最高!
落ち込みそうになっても、よし自分らしくいこう、と思わせてくれる。
シーンとしては特にプロムの
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.2

十字路に比べて、今回の事件と、舞台や百人一首との関連性は薄いけれど、やはり京都だけあって華やかさがある🍁
あとやっぱり平次とかずはちゃんのやり取りいいなあ好きだなあ♡
突っ込み処は多々あったけど(爆発
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.4

ちくちく。心が痛む映画。
就活を目前に控え気になっていたので鑑賞。原作は読んでいない。

裏垢のナレーターとともに、それが段々と芝居になっていく描写が心に残った。SNS上で自らの分析を上げ、小さな世界
>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

4.0

とりあえず即サントラをレンタル😊
ストーリーは比較的シンプルだけど筋が通ってて分かりやすい。
とにかくアリの前向きさ明るさが輝いていて、特に共感できる境遇ではないが、周りを巻き込みながら全身で歌とダン
>>続きを読む

陽だまりの彼女(2013年製作の映画)

3.5

終盤で二人を繋ぐものが1つずつ消えていく描写でほろり。(*´ `)

上野樹里がかわいくて
切なくとも温かい映画でした♡

MEMORIES(1995年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

Memories,memories...Memories aren´t an escape!想い出に暫し浸るのは感傷で済むけど、囚われれば永遠に進めなくなってしまう。Heitzは結局助かったのだろうか>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

3.4

歴史映画だが重すぎず軽すぎずみやすかった。大野くんの(個人的に思う)良さが出ていたからかなと。

映画が予想よりも面白かったので原作もぜひ読みたいと思った。

やっぱり伊勢谷さんがかっこ良い。それに静
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.0

ただ死体探しに行くというシンプルな話であり4人の少年のやり取りが自然ですんなりと映画に入っていけた。

別れがあって2度と関わらることがなくとも、その時を過ごした人や過ごした時間は永久であり、後々に
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.5

フォレストを中心に心が揺さぶられる言葉が多過ぎて。これは何度も何度も観たい映画だ。きっと見る度、考えさせられるし柔らかく前向きにさせてくれそう。

人生何が起きるか本当に分からない。一瞬やたった1つの
>>続きを読む

あやしい彼女(2016年製作の映画)

3.9

多部ちゃんが好きで鑑賞。
ストーリーはちょこちょこ突っ込みたくなるところがあったけどテンポよい映画でした

曲も節ちゃんの衣装も素敵。特にAudrey Hepburn意識した時の青のスカートと水色のワ
>>続きを読む

リトル・フォレスト 冬・春(2015年製作の映画)

3.9

夏/秋に続いてやっぱりおいしそう。
いつも食べてる野菜や米等々は多くの苦労と工夫の上にできていて多くの命の上に成り立っているのだと、実際の現場のほんの一部から改めて考えさせられた。生命に感謝、そして作
>>続きを読む

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

3.8

とにかくおいしそう。そしてシンプルで食べ物が自然が愛しくなる映画。
小学生の頃よく食べたグミ。ジャムにするなんて発想はなかった👀作ってみたい。
原作は読んでないので主人公の葛藤は掴みにくいけどそれでも
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.0

いろいろ覚悟して鑑賞。思ったよりグロくないけどこわい。

恐いのに画面から目が離せず気づいたらエンドロール。これもまた不気味。夕食をともにする「友人」を追いかけ、人々の日常に溶け込んでいくレクター博士
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ミュージカル映画だけに全体を通して音楽がほんとに素敵。衣装から道具、音楽まで鮮やかで目で耳で楽しい映画でした
内容も素敵。また夢と理想と現実、それぞれの叶え方や受入れ方の違い等々、共感しやすく感じた😌
>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年製作の映画)

3.1

自分にとって彼女の状況に共通点や共感は少ないのに、不思議と元気をもらえる映画だった。
目先に振り回されても、素直に全力で頑張るブリジットは憎めない。多少お下品でも。
あとはもうコリンファースが...ほ
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.2

コリンファースとタロンエガートン見たさに2回目鑑賞。

少々グロいがテンポのよい場面展開と音楽、スカッとするようなアクションがクセになる。一見メッセージ性の無い映画のようにも感じるが、台詞や内容には考
>>続きを読む

>|