ぺんじんさんの映画レビュー・感想・評価

ぺんじん

ぺんじん

あの夏とサイドブレーキを忘れない。
(ベストムービーは2018年版です!)

映画(412)
ドラマ(4)

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.5

ううっ…さ…寂しい…
『トイ・ストーリー3』で完璧な形で閉じたおもちゃ達の物語。それを今までと全く違うストーリーで描くピクサー、恐るべし!
『3』までは人間(主にアンディ)とおもちゃ達の物語だったけど
>>続きを読む

ゴールデン・リバー(2018年製作の映画)

4.5

良いな…西部劇好きにはたまらない!
舞台はアメリカ、ゴールド・ラッシュの時代。雇われ賞金稼ぎのシースターズ・ブラザーズ(シースターズ兄弟!?)が謎の男を追って西へ西へと追走を続ける。
西部劇というと派
>>続きを読む

ワイルドライフ(2018年製作の映画)

4.1

ボーイ!ボーイ!ボーイ!
ポール・ダノ初監督作品は家族を巡る、静けさと感情の嵐が渦巻く物語。
ポール・ダノは良い意味で癖のある俳優だけど、今回の監督作は結構静かで横にゆっくりと滑っていくカットが多くて
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.7

やった〜!楽しい〜!バンザーイ!
『エンドゲーム』でしんみりした心に沁みこむ暖かい楽しさ…
『ファー・フロム・ホーム』で海外旅行なんて、まんまやん!って思ってだけど、ごめん!恐れ入りました!
単に有名
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

うぅん…これは評価が難しいな…
オリジナルの『アラジン』の歌も盛りだくさんで、ミュージカル調のダンスも華やかでとても楽しい!ジャッキー・チェン風のアクションもあり、『バーフバリ』を思い起こさせるような
>>続きを読む

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.7

いやぁ、駄目かぁー!くぅー、勿体ないよなぁ…素晴らしい作品があったシリーズだけにね…
サンサ…じゃなかったジーン・グレイを中心にしたストーリーにしたかったのは分かるけど、他の登場人物たちのストーリーが
>>続きを読む

COLD WAR あの歌、2つの心(2018年製作の映画)

4.6

オヨヨ〜、オヨヨ〜。
ポーランドの片田舎に悲しげなメロディがこだまする。
待つ男と気まぐれな女。描かれているのは古典的なテーマだけど、そこに冷戦下の西側諸国と東側諸国の政治的な隔たりが関わってるから、
>>続きを読む

海獣の子供(2018年製作の映画)

4.1

うぉ〜、映像!映像が凄い!鉛筆で描かれたような表現とか、油絵で描かれたような表現だったりとか、ありとあらゆる表現方法を使って、海、そして生命の神秘をこれまでもかと描き切る!なんと言っても水の表現が凄く>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.6

主人公二人はかなり魅力的なんだけどなぁ。『マイティー・ソー ラグナロク』のあの二人だしね。
ただストーリーがねぇ。謎があったり、話のテンポは早いから楽しめるんだけど、結構重要なところが省かれちゃうから
>>続きを読む

ゴジラ対メカゴジラ(1974年製作の映画)

3.9

わーい、今回のゴジラは沖縄を舞台にしたスパイアクション風味の大決戦だ!
キングシーサーの謎を巡り、東京と沖縄を何回も往復するのは2時間サスペンスっぽくて楽しい!『怪獣大戦争』みたいに怪獣同士のバトルだ
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.3

コレッくらいのお弁当箱に『初代ゴジラ』!『三代怪獣 地球最大の決戦』!『怪獣大戦争』!『vsヘドラ』!『vsデストロイヤ』!『大怪獣総攻撃』!『Final Wars』!『ギャレゴジ』!平成版『ガメラ』>>続きを読む

ゴジラの逆襲(1955年製作の映画)

3.7

初代『ゴジラ』の続編はなんと大阪が舞台!前作とは打って変わって作風は「待つ女」と「(ゴジラを)探す男」の昭和ロマンススタイルだ!あれっ、大阪弁ほとんど出てこないぞ?山根博士も一瞬だったな…
この映画の
>>続きを読む

カリガリ博士(1919年製作の映画)

4.4

これぞドイツ表現主義!主人公の精神状況を映すような、グニャグニャの背景がいかにも不穏で素晴らしい!
これこそアレの元祖オブ元祖!
犯人はお前だ!

RBG 最強の85才(2018年製作の映画)

4.4

現在86歳のアメリカ最高裁判事が何故ブームになるほど注目されているのか?彼女の弁護士時代から現状までを追ったドキュメンタリー。
この映画を観る前はいかにもアメリカ的な自己主張が得意な強い女性の話かと思
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

4.1

モフモフのピカチュウ、かわえぇ〜!コーヒー臭そうだけど、抱きしめたい!モフモフ〜!
ポケモンシリーズの実写版という事で不安も大きかったけど、それぞれのポケモンのデフォルメの仕方が可愛かったり、気持ち悪
>>続きを読む

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

4.0

シリアスなジャッキーを見れた事に只々感謝!こんなジャッキーが観たかった!もちろん『ニュー・ポリスストーリー』とかシリアスな映画もあったけど、あれはあくまで正義のジャッキーだもんね。どの方向にお辞儀すれ>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

4.5

たっ、楽し〜い!『アクアマン』に引き続き、暗くなりがちだったDCに朗らかな風が〜♪
『グーニーズ』や『グレムリン』など80年代ジュブナイル冒険物(トム・ハンクスの『ビッグ』にもかなり影響受けているらし
>>続きを読む

ザ・バニシング-消失-(1988年製作の映画)

4.3

ひっ、ひぇー。じわじわくるのは止めてくれ〜。ヘルプ!ヘルプミー!これは思ったより怖い!人間が怖い!
この映画が怖いのはまず被害者側から見ると楽しくて安心しきった状況に静かに悪夢が忍び寄ってくるからなん
>>続きを読む

魂のゆくえ(2017年製作の映画)

4.1

ちゅどーん!溜まり溜まった感情が最後の最後に大爆発!なんだか凄いぞ。
息子をイラク戦争で失ったイーサン・ホーク演じる牧師。メガチャーチの支援もあって小さな歴史ある教会に努めることに。
しかし、過激な環
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.9

うぉぉ!遂にやりきった!10年間の集大成!これ以上は無いと思われるようなラストだ!
やはり一見さんお断りの部分があるのはしょうがないけど、マーベル映画を追っかけてきた観客には隅から隅までご褒美に溢れる
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.3

どんなに尽くしても報われない恋。いや、報われないからこそ良いのか?
衛星のように好きな人の周りを回る、自分を巡る物語。クズ男マモちゃんは主人公のテルコの事なんかちっとも気にしていないのだけど、彼の事を
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.2

うー、青春は痛々しいね…
事実を元にした映画だと最後にご本人登場!というのが普通なんだけど、この映画だとこの事件の張本人たちのインタビュー映像が挟まれてくるので斬新!
虚構とドキュメンタリーが相まって
>>続きを読む

ゴジラ対ヘドラ(1971年製作の映画)

4.3

アングラダンス…ヘドロに埋まった赤ちゃん…白骨死体…ゴジラシリーズ最も奇妙な怪作『ゴジラVS ヘドラ』を君は見たか!
当時の環境問題、水質汚染問題の嫌さ・禍々しさを5日間煮込んで、ガチガチのアバンギャ
>>続きを読む

キングコング対ゴジラ(1962年製作の映画)

4.6

楽し〜い!これこそ夢にまで見た異種大怪獣決戦!
南からはキングコングが!北からはゴジラが!そして最後は熱海城を挟んだ大迫力の殴り合い!やった〜!
作品全体に漂う陽気な雰囲気。大会社の社長なのにキングコ
>>続きを読む

ある少年の告白(2018年製作の映画)

4.2

うわー、辛い...しかもすっきりしない...辛い...
本当にあった同性愛者矯正施設の話なんだけど、やってることがほぼ洗脳!家系図を書かされて親族に「外れた奴」はいないか、いなくても「いる」というまで
>>続きを読む

幸福なラザロ(2018年製作の映画)

4.2

これは不思議なストーリーだ...
イタリアの片田舎に住む無口なラザロ。誰よりも黙々と働く無口なラザロの村に村の「所有者」らしき女性が現れる。彼の息子がラザロを使って狂言誘拐を思いついた時、静かでどこか
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

4.4

笑うに笑えない、ブラックな笑いに満ちた現代版マクベス!それが『バイス』だ!
滅茶苦茶太って特殊メイクもバッチリのクリスチャン・ベールも凄いんだけど、ブッシュ大統領役のサム・ロックウェルが下がり眉やしゃ
>>続きを読む

レゴ(R)ムービー2(2019年製作の映画)

3.9

やっぱりレゴ・ムービーは最高!
なんにでも変化できるレゴの特徴を生かして、マッドマックスみたいな世紀末の世界から子供チックなおとぎ話の世界まで縦横無尽に変化する世界観が前作に引き続き良い!
前作よりも
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.3

やったね!今まで『トランスフォーマー』シリーズは何故だか観て来なかったんだけど、冒頭からのロボットバトルの壮絶さには大興奮!
バンブルビーが地球に脱出してからは新たな物語が始まるんだけど、とにかくバン
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.4

スパイク・リー、アカデミー賞脚色賞受賞おめでとう!
実際にあった実話を基にした話なんだけど、それを現在にも続く人種差別に継なげる真面目さ、そしてそれを様々な映像で大胆に脚色する遊び心。まさにスパイク・
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.8

映画館で観れて良かった…イオンシネマさん有難う!
水たまりに映る飛行機の姿。過ぎ去ってしまった日々は遥か遠く、もう手が届かない。
監督が子供だった頃にいた原住民系のお手伝いさんに対する贖罪の物語。カメ
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.6

『ブラックパンサー』がアフリカ系の人たちの新しい物語だとすれば、『キャプテン・マーベル 』はUnderestimateされてきた女性たちの為の物語だ!
ヒーロー・ヒロイン誕生譚っぽくない謎に満ちたスト
>>続きを読む

ロボコップ ディレクターズ・カット版(1987年製作の映画)

4.6

劇場で観れた事に感謝!あつぎのえいがかんkikiさんありがとう!
あまりにも過激な暴力描写…当時の時代状況とヴァーホーヴェンのスタイルが見事に融合!サイボーグとして復活したロボコップは地獄のキリストだ
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.2

お爺ちゃんが麻薬の運び人?…かなり深刻なストーリーかと思いきや、意外とほのぼの珍道中!それというのも麻薬運んでるのにお爺ちゃんめちゃめちゃマイペース。イカつい麻薬組織のお兄さん達から早く麻薬運べって言>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.6

スウィングしなけりゃスパイダーマンじゃない!
兎に角ありとあらゆる映像表現にただただ脱帽!アメコミという平面世界の枠組みをそのまま立体的に表現するという途方も無いアイディアと人力を2時間に詰め込みまく
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.7

スーツ姿がバシッと決まったブレイク・ライヴリー、そしてちょっと抜けてるアナ・ケンドリックの魅力が詰まった一作!
ブレイク・ライヴリーは旦那も息子もいるのにかなり性的に過激な発言をするんだけど、する事な
>>続きを読む

>|