Sooinさんの映画レビュー・感想・評価

Sooin

Sooin

映画(18)
ドラマ(8)
アニメ(0)

THE FIRST SLAM DUNK(2022年製作の映画)

4.5

「エモい」が爆発している。漫画という素晴らしい文化や漫画愛を映画で体験できる凄い作品。漫画原作の全アニメーション映画が平伏すであろう凄い作品。凄い、とにかく凄い。いや寧ろ、やべぇ、って感じかな。とにか>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

この話に共感ゼロで「なんか変わってて面白い話だよね」とか言う人と多分友達になれない。どうしよう、色んな人の意見を聞いて回りたい。これに共感ゼロの人がどんな人か知りたい。

二、あーいう人いたなー。あの
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.0

恋愛映画そんなに好きじゃない私がついに見た。結論。良かったわ!

カップルの小さなあるあるをとことん集めただけの映画とも言えるけどだからこそリアル。エモさが半端ない。なんか色々思い出す。

私はこのふ
>>続きを読む

私は世界一幸運よ(2022年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

幸せな人生を送る主人公に一体どんな悲劇が起きたのかが中盤ごろまでわからない展開のため結果的に飽きずに最後まで見ることはできた。その内容がわかってからの展開は想像の範囲内だけれどある意味で予想を裏切られ>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.0

各賞で絶賛された、ということだけ知って見たのだが、案外「普通」をはみ出さない映画だった。悪くはないけど勝手に過度な期待をしてしまったため「高校生の頃ってまぁそんな感じだねぇ」って思いながら特に感動もな>>続きを読む

チャンシルさんには福が多いね(2019年製作の映画)

3.0

アマプラでお薦めされたため視聴。邦画を見ているような気分で韓国映画を見た。途中、チャンシルさんの台詞に一番好きな監督は小津安二郎とあって、やはり監督は日本映画っぽさを意識したのかなぁと思ったりもした。>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

きっとこれからもふとした時に何度も思い出してしまいそうな映画。色んな受け取り方が可能だからこそ心の深いところを揺さぶり続けるような。但し人に気軽にオススメするような映画ではない。

人の脳は一度疑い始
>>続きを読む

リベンジ・スワップ(2022年製作の映画)

2.0

これ、面白いか?Twitterでおすすめだと流れてきて見たけど、てかそれがなければすっ飛ばす作品なのに見てみたけどもなんていうか…こういう「どんでん返しのどんでん返しプロットにして画面オシャレにして音>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

タイトルのSwallow。
主人公は異食症になりあらゆるものを「飲み込む」。自分を愛していると言ってくれる夫、素晴らしい家、何不自由ない暮らし、新しい命、幸せを全て手にしているはずなのに何故か満たされ
>>続きを読む

2つの人生が教えてくれること(2022年製作の映画)

2.5

いい台詞もあったし映画として出来が悪いとかではないんだけどなんか色々不満。

妊娠検査薬でポジティブがネガティブか、その結果の違いを起点に2つのストーリーが進行するんだけど、何故そこで区切ったんだろう
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これさぁ、これ見た男はどういう気分になるんだろうね(「男性」なんてキレイな呼び方したくない気分、今。寧ろ「男ども」って呼びたい気分)。

女の中にも裏切り者は必ずいる(この映画にもいた)。それでもほと
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.5

ウディアレン好きなのでいつも通り十分に美味しくいただきました。でもウディアレン目的じゃないと好みが分かれる映画でしょう。

表情や空気感でキャラクターを魅せる映画と、膨大な台詞の中からキャラクターの本
>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

2.5

私にとって裸の王様みたいな映画(勇気を持って言いました)。まさかアカデミーまで獲るとは…。なんとなく、これを理解し味わえるかどうかで鑑賞者としての力量を計られるようなそんなプレッシャーを感じつつ、でも>>続きを読む

ピノキオ(2022年製作の映画)

3.0

子供と視聴。幼稚園児が前半で脱落したので後半は小学生と字幕に切り替え視聴。個人的にゼペットじいさんの吹き替えが苦手だったので後半はトムハンクスの声で見れて良かった。ちなみに子供たちは時計のシーンでかな>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

3.5

正直、話の進み方がゆったりしていて観る側が"感じる"タイプの映画だったため、途中まで特に文句はないけど「うーん、そうかぁ…」って感じで見ていた。

がしかし、二人が展覧会で特別な再会を果たすシーンで「
>>続きを読む

ベイビー・ブローカー(2022年製作の映画)

3.5

是枝監督がIUにこの役を用意したと聞いた瞬間に「是枝監督、絶対マイディアミスター見たな」と直感したし、鑑賞中は「うん、そうだよ」と監督に苦笑顔で答えてもらった気がした(後日監督がインタビューでまさにそ>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

4.0

小さくまとまってるけど十分に楽しませてくれる、イギリス映画らしい作品だった。そしてホラーテイストだけどホラーではない。ホラー苦手だからどうしよう…と悩んでいる人には「ホーンテッドマンション乗れるくらい>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

4.5

「いやぁ、映画って本当にいいもんですねぇ」って久々にその映画愛みたいな感情を思い出させてもらった。

IMAXにて鑑賞。初ジョーダンピールだし予告編も敢えて見ず、レビューもほとんど読まずに来た。Twi
>>続きを読む