ペンソーさんの映画レビュー・感想・評価

ペンソー

ペンソー

洋画が好きな大学4年生。
中でも群像劇、POV、B級ホラー作品が特に好き。
TSUTAYA、Amazonビデオ、NETFLIX、U-NEXT。

映画(1484)
ドラマ(49)

エクスティンクション 地球奪還(2018年製作の映画)

3.6

NETFLIXオリジナル作品。
M・ペーニャ主演。L・キャプラン共演。

突如としてエイリアンに襲撃される地球。
予知夢でその襲撃を見た主人公が、それを頼りに戦うSF作品。

最初は"宇宙戦争"的な民
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.7

「ピーターラビット」の実写化作品。
R・バーン、D・グリーソン主演。
J・コーデン、M・ロビー、D・リドリー、E・デビッキがラビットの声優。
声優キャストが意外と豪華で驚いた。

ラビットたちと、R・
>>続きを読む

パージなナイト ブラックさん家の史上最悪の12時間(2016年製作の映画)

3.5

"パージ"のパロディ作品。

"バイオハザード"シリーズのM・エップスを主人公に、黒人一家のブラック家と様々な登場人物がひたすらブラックジョークをかます映画。

黒人の容姿を始め、とにかく悪口の応酬、
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

4.0

ディズニーのアニメーションサスペンス作品。

ディズニーということで明るく楽しい作品であることは間違いないけど、ストーリーは意外とシリアス。
登場するのは動物だけど、差別や偏見といった人間に置き換える
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.6

M・ウィリアムズ主演、R・スコット監督による実話を基にした物語。
M・ウォールバーグ共演。

R・スコット監督作品にしてはあまり話題に上らなかったような気がするけど、地味ながらかなり面白かった。
実話
>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.5

E・ライト監督デビュー作のゾンビコメディ作品。
S・ペッグ主演。

"ベイビードライバー"で一躍有名となったE・ライト監督のデビュー作ということで鑑賞。
S・ペッグ、N・フロストというお馴染みのキャス
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

3.6

前作に引き続き、G・リッチー監督、R・ダウニーJr.、J・ロウ主演。

「名探偵コナン」を読んでいれば分かるようなキャラクターばかりなので、シャーロックホームズについてあまり知らなくても楽しめる。
>>続きを読む

ガーディアンズ(2017年製作の映画)

2.7

ロシア製の超人集団アクション作品。

「ロシア版"X-MEN"」らしいけど遠く及ばない、ただのB級作品だった。
オープニングクレジットはいい感じだったのに、いざ本編が始まってみるとハリウッドを無理に真
>>続きを読む

ハングマン(2017年製作の映画)

3.4

A・パチーノ主演、K・アーバン共演のサスペンススリラー作品。

作風は完全に"セブン"のパクリ。
しかしながら楽しむことはできたし、ストーリーもチープといえばチープなのかもしれないけど、B級作品も好き
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

L・ベッソン監督、脚本のSFアクションアドベンチャー作品。
D・デハーン、C・デルヴィーニュ主演。

「これは劇薬!」はさすがに言い過ぎかなって感じだったけど、楽しめた。
ポンコツに見えてめちゃくちゃ
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.4

名作"ボーダーライン"の続編となるシリーズ第2作。

前作で主演だったE・ブラントが抜けたことにより、第三者の視点で描かれていたJ・ブローリン、B・デルトロの行動がより主観的になった。
前作を観たとき
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.5

3日連続で映画館を訪れるという究極の幸福。

"ランペイジ 巨獣大乱闘"に続き人間と戦うことをやめ、今度は超高層ビルと戦うことになったD・ジョンソン主演のアクションエンターテインメント作品。

香港に
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.5

「くまのプーさん」の実写化作品。
クリストファーロビン役にE・マクレガー。

小さい頃はもちろんプーさんが大好きで絵本はたくさん読んだし、プーさんのことが嫌いな人はいないんじゃないだろうかって思う。
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

S・スピルバーグ監督作品。
M・ストリープ、T・ハンクス主演。

ワシントンポスト紙が泥沼化するベトナム戦争をひた隠しにする政府の実態を暴き記事にするまでを描いた社会派ドラマ作品。

"ニュースの真相
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.5

"MEG ザ・モンスター"を鑑賞後、同じく強すぎるが故に人間と戦うことをやめたD・ジョンソン主演の本作をレンタル。

元特殊部隊所属にして現在は霊長類学者というワケの分からない経歴を持つ主人公が巨大化
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.6

あまりにも強すぎてついに人間と戦うことをやめたJ・ステイサムの最新作。

自分はメガロドンが本当にマリアナ海溝の最深部で密かに生きていると信じているので、太古の昔に滅んだはずの古代ザメが実は生きている
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.9

S・ブラック監督による"プレデター"シリーズ第4作。

中学生のときに友達何人かと観に行って、全員が「つまらない」と言って劇場を出てきた前作"プレデターズ"から8年、ついに「面白い」と言って劇場を出る
>>続きを読む

イントゥ・ザ・ストーム(2014年製作の映画)

3.5

史上最大の竜巻に襲われた街で様々な人たちが生き残りを懸けて奮闘するPOVディザスターパニック作品。

POV作品なのでやはり現実感があり、実際にその場で竜巻に遭遇したような感覚になる。
こういう作品の
>>続きを読む

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

3.4

N・ラパス主演、J・マルコヴィッチ、M・ダグラス、O・ブルーム豪華共演のサスペンス作品。

トレイラーでは「裏切り者は誰だ?」と言わんばかりの演出だったけど、実際に観てみると怪しいのは一人しかいなくて
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.5

"ハンガーゲーム"、"ダイバージェント"と共に三大ヤングアダルト向けSF作品の一つである"メイズランナー"シリーズの最終章。

前作、前々作、特に前作は全く面白くなかった記憶があったので義務感で3も観
>>続きを読む

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン(2011年製作の映画)

3.5

P・フェイグ監督、K・ウィグ、M・マッカーシーの"ゴーストバスターズ"トリオによるコメディ作品。

親友の婚約と新たな親友の登場に嫉妬する主人公がハチャメチャかまして、最後は親友の大切さを理解して自分
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.8

E・ブラント主演なので劇場公開したら絶対に観に行こうと思っていた作品が、Filmarksの極上爆音上映試写会に当選したので映画好きの後輩と共に鑑賞。ありがとうございます。

M・ベイ製作による、J・ク
>>続きを読む

RE-KILL[リ・キル]対ゾンビ特殊部隊(2015年製作の映画)

3.2

テレビ番組として放送されている設定のPOVゾンビ作品。

アウトブレイクにより世界中でゾンビが溢れかえり、ゾンビが生活の一部、エンタメとして使われるようになった世界。
人々の娯楽はゾンビ殺し=再殺(リ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

2日連続で映画館を訪れるという幸福を味わいました。

爆発的な人気を誇るこの作品、引きこもりの友人が久々に家から出てきて観たいと言うので一緒に鑑賞。

冒頭の30〜40分はひたすらに苦痛。
なぜこの作
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.6

"ゴーストバスターズ"に続き、"オーシャンズ〜"シリーズのオール女性キャストによる続編兼リブート作品。

前三作品はキャストが豪華ということもあって、観ているだけでカッコよく、スタイリッシュだった。
>>続きを読む

ザ・シークレットマン(2017年製作の映画)

3.5

L・ニーソン主演、ウォーターゲート事件を描いた作品。

ウォーターゲート事件の発端から収束まで、FBIの副長官であるM・フェルトの視点で話が進んでいく。
このM・フェルトこそ、ウォーターゲート事件にお
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.5

"アベンジャーズ / インフィニティウォー"の衝撃的なラストから4ヶ月、展開が気になるMCU作品ということで映画館へ。

"ブラックパンサー"同様、アベンジャーズを全く感じさせない作品だった。
ストー
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.9

D・O・ラッセル監督によるアカデミー賞主演女優賞受賞作品。
B・クーパー、J・ローレンス主演。
R・D・ニーロ共演。

素敵なストーリーでした。
徐々に立ち直る二人と、それを取り巻く家族、友人、全ての
>>続きを読む

クローズド・サーキット 殺人ライブビューイング(2012年製作の映画)

3.0

"パラノーマルアクティビティ"に思いっきり影響を受けた定点カメラによるモキュメンタリー作品。
E・バナ、R・ホールの同名作品を鑑賞した時からちょっと気になってた。

主人公2人の頭がちょっと悪いという
>>続きを読む

ウォーリアー(2011年製作の映画)

4.3

格闘技と兄弟愛、そして家族愛を描いたG・オコナー監督作品。
T・ハーディ、J・エドガートン主演。
F・グリロ、N・ノルティ共演。

困難を乗り越える王道でシンプルな兄弟愛や家族愛の物語というのは無条件
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.4

"ファニーゲーム"のM・ハネケ監督作品。

"ファニーゲーム"に「ファニーゲーム」というタイトルをつけてしまうくらいなので、"ハッピーエンド"というタイトルで「ハッピーエンド」を想像する人は多分いない
>>続きを読む

カジュアリティーズ(1989年製作の映画)

3.6

ベトナム戦争の実話を基にしたB・D・パルマ監督作品。
M・J・フォックス主演、S・ペン共演。

ベトナム戦争作品に限らず、戦争作品というのは後味の悪いものがほとんどだけど、この作品も気分の晴れる作品で
>>続きを読む

死霊のえじき -ブラッドライン-(2018年製作の映画)

2.6

G・A・ロメロ監督のゾンビ三部作と呼ばれた作品のうち、3作目の"死霊のえじき"のリブート作品。
リメイク作品の"デイオブザデッド"も観たけれど、また雰囲気の違った作品だった。

街中がパンデミックに陥
>>続きを読む

インシディアス 第2章(2013年製作の映画)

3.2

当時、"SAW"のJ・ワン監督 × L・ワネル脚本ということで注目を集めた"インシディアス"の続編。

同じくJ・ワンが製作を手掛ける"死霊館"シリーズに比べると下火という感じが否めないけど、こちらも
>>続きを読む

バニーマン/鮮血のチェーンソー(2009年製作の映画)

1.3

まさかの"バニーマン / 殺戮のカーニバル"が実は3で、本作がオリジナル、さらに2もあったというサプライズ。
"〜殺戮のカーニバル"は映画史上最低とも言える作品だったので、その前作があるともなれば鑑賞
>>続きを読む

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964年製作の映画)

3.9

架空の冷戦を舞台にしたS・キューブリック監督のブラックコメディ作品。
なかなか架空の冷戦という設定の作品はないと思うから面白かった。

米空軍の将校の独断によりアメリカがソ連に対して核兵器を行使するに
>>続きを読む

>|