percy516さんの映画レビュー・感想・評価

percy516

percy516

映画(853)
ドラマ(66)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

バックトゥザフューチャー2を観たあとの衝撃が思いだされました。すなわち「うわー2時間以上、次の映画の予告編見せられてたんだー」というガクブル感。

紅の豚(1992年製作の映画)

3.0

今回、金ローで見てウチの息子が「これジブリの中で一番好き!」って興奮してたんです。どこが好きなのか説明してくれなかったんだけど、大人の粋な感じが気に入ったのかなぁ、と。どうやら順調に映画好きな子に育っ>>続きを読む

スーパーチューズデー 正義を売った日(2011年製作の映画)

3.0

いかにもジョージクルーニーが好きそうな政治内幕モノだけど、ラストがねぇ、、あんな簡単に黒幕登場しないでしょう、現実には。

マネーモンスター(2016年製作の映画)

3.0

ジョージとジュリアってなんでいつもこんな感じなんだろう。

ぼくのバラ色の人生(1997年製作の映画)

3.6

「母親の包容力のおかげで今がある」なんて綺麗ごとにせず、子供を愛しながらもイラつき振り回されビンタして抱きしめてっていうリアルな両親の描き方に共感。人と違うって本当に大変。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.7

陸マイラーになった2016年を記念して鑑賞。邦題の残念感はおいておくとして、イーストウッド&トムハンクスってだけでニヤニヤしちゃう。政治も信条も違うであろう2人が組んでできたのがこの映画ってのが、また>>続きを読む

愛を積むひと(2015年製作の映画)

4.0

佐藤浩市と樋口可南子っていう世間にはいないレベルの色っぽい2人が序盤の夫婦の買い物シーンとかで普通におじちゃんおばちゃん化していて、やっぱり役者さんて凄いなーって思いました。
逆に俗世にはいなそうなこ
>>続きを読む

オールド・ドッグ(2009年製作の映画)

3.2

キャストが無駄に豪華!内容は適当だけど家事の合間にVODで鑑賞するにはピッタリの作品。トラボルタ夫妻は仮面夫婦説もあるけど仲良く共演してるし、なによりエラが2人にそっくりで可愛い!ロビンあなたがいなく>>続きを読む

とらわれて夏(2013年製作の映画)

3.8

脱獄囚役にジョシュブローリンてあまりにも適役すぎるわ〜。ケイトもハマり役だし!専業主婦の私には御伽噺のようなメロドラマだけど、息子からの視点で描いてるから思春期モノでもあり。

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「ある日どこかで」という映画が大好きで、あの2人が結ばれればよかったのにと時折想いを馳せることがあり、アデラインのあらすじ読んでから、これってある日どこかでのオマージュ入ってるはず!今度こそ絶対結ばれ>>続きを読む

マリリン 7日間の恋(2011年製作の映画)

3.4

ミシェルウィリアムズのマリリンがなんだかなぁ凄く似てるんだけどパンチが足りないので最後までしっくりいかず。ケネスブラナーのラリー役はさすが!本当にラリーの言ったセリフかはわからないが、彼の最後のシーン>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.5

ミレニアム三部作見たあと、しかもフィンチャー監督、そしてあのオープニング、と否が応でも高まる期待!だが、本編はいたって普通のエンタメ映画だった。もちろん楽しめるんだけど、ノオミ版のリスベットがパンチ効>>続きを読む

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁(2016年製作の映画)

4.0

長男を妊娠出産して実に8年ぶり、やっと見たい映画を1人で見に行けた!思い起こせば私が映画にハマるきっかけとなったのはNHKで放送していた「シャーロックホームズの冒険」だったから、映画館への再出発が「シ>>続きを読む

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士(2009年製作の映画)

3.9

パンチが効いた裁判ファッションに驚愕だが、それより意外にもリスベットを応援する人々の多さに胸アツ気分。個人的には疫病神があそこまで頑張ってくれたことにウルウル。裏テーマは「ありがとう」ですね。小説には>>続きを読む

ミレニアム2 火と戯れる女(2009年製作の映画)

3.8

前編とはガラッと印象が変わりリスベット自身の過去と現在の物語。少しでも気に入ったなら3を是非見るべし。

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女(2009年製作の映画)

4.0

やっぱりお金があればなんでもできるんだ、殺人を闇に葬ることも、、ガクブルって内容。評判通り楽しめます!

映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!(2015年製作の映画)

3.4

子供は普通に楽しめると思う。フーツーパートの親が子を思う気持ちは親子共々わかりやすくウルっとさせられるし。私達親子が盛りあがったのはエンマ大王のキャラ設定。1人だけスーパーサイヤ人みたいに超絶強くイケ>>続きを読む

幸せの行方...(2010年製作の映画)

3.1

ライアンゴスリングとエドワードノートンがこういう役で出てくると、似ていてこんがらがるわぁ〜。アメリカってこういうお金持ちの隠蔽された犯罪とかありそうだよね。キルスティンダンストが美女キャラ設定なのに困>>続きを読む

アガサ・クリスティー/サファリ殺人事件(1989年製作の映画)

3.1

アガサクリスティのそして誰もいなくなったのサファリ版。原作が超一級品のわりには映画版は本作に限らずイマイチ。ハリウッドの豪華キャスティング版で見てみたいなぁ。

グレイ・ガーデンズ 追憶の館(2009年製作の映画)

3.6

アメリカンホラーストーリーを見てて、こういう役のジェシカラング前も見たなぁと思いだしたのが、この作品です。「狂気のブロンド女」を演じたらさすがのジェシカラングと実人生もモンスターママに育てられたドリュ>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.6

怖いっていうレビューが多かったので覚悟してみたが、とくに恐怖は感じず。いわゆる鬼畜な人々の話しです。これをコメディにしたのが海外ドラマのソプラノズ辺りで、いわゆる任侠モノじゃないほうのヤクザな映画かな>>続きを読む

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

4.8

昔ファンで東京ガスの営業所にポスターをもらいに行ったことすらあるチャーリーシーンがHIVポジティブだとニュースになり、この映画を思いだして鑑賞。
マコノヒーの演技が凄すぎでグイグイ物語に引きこまれる。
>>続きを読む

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ずーっとずーっと相手を愛してたのはエマの方だけど、ずーっと相手に依存してたのはデクスターだから、エマを失ってしまって今後どうやって生きていくか本当に心配。カフェの店主でもあるわけだし。って見終わったあ>>続きを読む

ドライビング Miss デイジー(1989年製作の映画)

3.8

映画をみはじめた頃アカデミー賞を受賞した作品なので「御涙頂戴モノ」なのかなーと思い未見でいましたが、地味で素敵な南部の物語でした。もっと早く見ておけば!こういう映画大好きです

クロエ(2009年製作の映画)

3.8

”完全に男性目線で女性の登場人物の感情無視”って映画は沢山見てきましたが、この映画は真逆。リーアムニーソンの旦那キャラなんて完全に女性の都合の良いように描かれてて、女性のためのファンタジー映画ってとこ>>続きを読む

GAMBA ガンバと仲間たち(2015年製作の映画)

3.8

古沢良太脚本とのことで息子を誘って鑑賞。期待してたような古沢良太らしさはとくに感じなかったがとても楽しめた。ディズニーやジブリやら妖怪やらドラえもんやら楽しめるけど巨大なマーケティング事情が大人には透>>続きを読む

ワールド・コード 陰謀の支配者たち(2012年製作の映画)

2.5

パッケージのケネディや911はさほど関係せず。ミトラ教とやらを切り口に都市伝説を追っていきます。煽り感少なめなので「それ(都市伝説)あるよ、きっと〜!」ってテンションまではあがらず。

ロッタちゃん はじめてのおつかい(1993年製作の映画)

3.8

子供達が好きな絵本の映画化作品。原作でも映画でもロッタはなかなかのワルです。舞台を日本にうつして映画化されたら、結構批判されそう。ウチの子達もロッタが悪さするたび、ドギマギしながら見てますもん。何が日>>続きを読む

マラヴィータ(2013年製作の映画)

3.4

私が夢中で映画を見てた頃人気だったリュックベッソン監督作品。あの頃あと5本撮ったら引退とか言ってたのはどうなったんだろう?さて本作、デニーロのセルフパロディはすでに何作も作られてるのでぶっ飛んだ設定も>>続きを読む

ウェディング・プランナー(2001年製作の映画)

3.3

ジェニロペがイケイケだった時代に作られたので彼女の魅力満載です。あってはならないシチュエーションだけど映画だからね。

恋するレシピ 〜理想のオトコの作り方〜(2006年製作の映画)

3.4

サラジェシカお得意のハートフルコメディもの。こんな職業の人がいるとも思えないけど、普通に楽しめる

モンスター上司(2011年製作の映画)

3.7

ブラックジョークはハリウッド映画の専売特許だけど、最近見てなかったので楽しめた。豪華な上司3人が嬉々としてパワハラしてる姿が楽しい。バカハラがコリンファレルとはねぇ。第2のブラピで売り出され紆余曲折し>>続きを読む

魔笛(2006年製作の映画)

4.0

ブラボーケネス!映画館で鑑賞しました。知識は浅いですがオペラが好きで数本舞台を観に行ったりもしてます。ただ観客席からキャストを観るのには当然限界があります。この映画はその限界を補ってくれる作品。舞台で>>続きを読む

ワルキューレ(2008年製作の映画)

3.0

トム×タランティーノのタッグ作品だと思い見始めたのに、いつまでたってもタランティーノ色が出てこず淡々と進んでくので頭の中で?マークが100個位出ちゃいました。見終わって調べたらブラピ×タランティーノの>>続きを読む

>|