taoさんの映画レビュー・感想・評価

tao

tao

記録 (2016/1/1 - )

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

3.8

マイクミルズ基本的に若干苦手意識があるのだけど人生はビギナーズはそのなかでも割と好きな方 原稿書くために見返したら当初見た記憶ほとんどなくてちゃんと見てなかったなあと思った そういうことばかりだな

ムード・インディゴ うたかたの日々(2013年製作の映画)

3.5

劇場で見て以来久々に見たのだけど 当時見たとき素晴らしいと思ってだけどそこから現在までの間でミシェルゴンドリーどうなのよ?面白いと思ってた私恥ずかしいとか思ってて でも最近見返したらやっぱ普通にす>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.4

『偶数と奇数』を見ていたらファンタスティックビーストを想起したなんて本人には絶対に言えない

エル ELLE(2016年製作の映画)

4.0

バーホーベン本当にいつもいつもありがとうね

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

4.0

黒沢清は新しい映画スタイルを模索しているキレッキレの監督とか言われておきながらもなんだかんだ娯楽映画としての下世話な感じに溢れてるから本当に好き

劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード(2000年製作の映画)

1.8

停滞期が来るとアニメ一気見をするというのが習慣になってきてるんだけど大抵の場合テレビのアニメがすごく良くて映画がマジで駄目だ

LOW DOWN ロウダウン(2014年製作の映画)

3.2

このオフビートで渋い感じ大好物だけどそれでもちょっと庇いきれない退屈感

ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択(2016年製作の映画)

5.0

これだけケリーライヒャルトが好きな人はいないんじゃないかと思うくらい私はライヒャルト狂なんですけど、だから全然劇場公開されなくて毎回DVDスルーなの本当に我慢ならないこれは大きなスクリーンで見ないと意>>続きを読む

旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス(2012年製作の映画)

2.8

今まで見た映画のなかの砂漠なんかどうでも良かったと思わせるくらいドゥパルドンの撮る砂漠は断トツで美しかった

これが私の人生設計(2014年製作の映画)

3.2

建築映画は好きなのだけどこれは建築映画ではないから普通にコメディだった

パターソン(2016年製作の映画)

3.8

日常の繰り返しのなかの些細な差異といった主題はあまりにもありふれたテーマではあるんだけど、あれだけ詩を扱った近代劇はなかったようにも思う 今泉力哉監督作に通づるものがあるけれどやっぱりジャームッシュ>>続きを読む

>|