KakoNakamuraさんの映画レビュー・感想・評価

KakoNakamura

KakoNakamura

映画としての体裁が保ててない 2.0以下
面白くないけどなんとか見れる、映画としては足りないけど嫌いじゃない 2.9以下
映画として成立してる 3.0以上
映画として成立していて嫌いじゃない 3.1以上
映画として成立していて感動がある 3.5以上
人生に影響を与えた 4.0以上

約三十の嘘(2004年製作の映画)

2.9

志方というひとがどーしょもねーていう話で終わった

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜(2011年製作の映画)

3.1

最初にはねられた子がかわいそうかと思いきや結局悪人だった

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.1

最初の1時間はなんだったのか。美しいだけを理由にいらないカットが多すぎる。。。

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

3.3

しがらみ政治だるー、てなるけど乗り越えるとおもしろい、後編からやる気でるかな

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.1

前作みてないけど、ところどころそれいる?みたいなシーンが多くてだるくなった。ラスボス(ジュリアンムーア)の死に方がええ〜ってかんじの

美少女戦士セーラームーンSuperS セーラー9戦士集結! ブラック・ドリーム・ホールの奇跡(1995年製作の映画)

3.4

尊い…顔をあからめるはるかが尊い…尊い…

それはさておき、うさこたちのセリフはすべてアラサー女子で置き換えるとしっくりくるので年齢設定をだな

その土曜日、7時58分(2007年製作の映画)

3.5

強盗をやるときのツメがいろいろ甘すぎて微妙。構成としては面白い

ブラック・ボックス 〜記憶の罠〜(2005年製作の映画)

3.4

面白くないけどよくできてるがところどころ甘い(前半の意味とか彼女の意味とかイマイチつながらない)けど酷評するほどでもない

ザ・レイド(2011年製作の映画)

3.1

人間がでてくるゾンビ映画、ずいぶんと高評価だなぁ

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.4

感動はするけど、ストーリーとしては中盤にネタ明かししてからは想定の通りに動いた。オチがついて安心はするけど、どちらかというとフワッと消息不明とかのほうが雰囲気よいのでは?

>|