コジラさんの映画レビュー・感想・評価

コジラ

コジラ

2017年から転勤でタイ在住。日本より公開が早いのは魅力的ですが、当然日本語字幕なんて無く、語学力不足が残念なところ。
戦争について描かれたものやサスペンス作品を好んで観ます。

映画(182)
ドラマ(0)

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.2

よかったー
ストーリー展開、キャスティング、歌、ダンス、どれもよかった。サーカス小屋のワクワク感、臨場感がすごい。ストーリーはベタかもしれないがテンポ良く気持ちいい。
仕事への向き合い方も考えさせられ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.2

鳥肌もの。前半は感心しつつ楽しく観れましたが、途中名作の誕生の瞬間にテンションが一気に高まり、そしてラストに向かって切ない思いが。改めて歌詞の意味を噛みしめ、涙してしまいました。

来る(2018年製作の映画)

3.5

評価が難しいような。
純粋なホラーかと思いきや、こっち系でしたか。でも、他にない作品だと思います。
心霊世界の存在が社会の一部に認められてる感じ好きです。
妻夫木聡の演技が見事すぎてクズ人間ぶりに腹が
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.9

いい映画だなーという感じのいい映画。
今の平和な時代だからこそ差別に違和感を感じることができているが、社会が差別を認めていた時代にあってはどうだっただろう。人に優しく敬意を払って生きていきたい、いい仲
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.0

ずっと切ない。やや盛り上がりに欠けるかなと思っていたところ事態は動く。
東野作品らしい問題提起に考えさせられていたところ、最後はやはり切なくそして心温まる。登場人物それぞれの気持ちが理解できて感情移入
>>続きを読む

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘(1966年製作の映画)

3.5

ゴジラ映画らしくていいと思います。少し遊びすぎかなという演出もありますが。
モスラのヒーロー感もたっぷり出てて満足。

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年製作の映画)

3.6

シリーズの中でこの作品が一番おもしろいですね。前半は突っ込み所満載の軽快なコント仕立て。中盤以降はぐっと締まりメッセージ性もあり引き込まれます。あるべきリーダー像について考えさせられます。

踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!(1998年製作の映画)

3.4

何度も観たからかキャラクターや演出に味わいがあって良い。
ドラマも見直してみたい。

相棒 劇場版Ⅳ 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断(2017年製作の映画)

3.3

だいたい想像できた展開ですが、相棒だけに楽しめました。もはや隅々までキャラが立っていて説明不要なのがすごい。
最後は右京さんがしっかり締めてくれます。

怪獣大戦争(1965年製作の映画)

3.3

ゴジラがやや脇役感。X星人の侵略に対する地球人の戦いがメイン。
それでも最後のゴジラ・ラドンコンビとキングギドラとの戦いは見応えあり。キングギドラの動きって芸術を感じます。

アマルフィ 女神の報酬(2009年製作の映画)

3.2

ストーリーいいと思います。
織田裕二がかっこいいのとローマに行きたくなる、そんな感じです。

名探偵コナン 世紀末の魔術師(1999年製作の映画)

3.4

映画らしいストーリーの奥行きに満足しました。コナン初期の名作ですね。からくりがやや非現実なのが気になりつつも、素敵なエピソード、エンディングに感動も。

容疑者 室井慎次(2005年製作の映画)

3.1

点数低いですね。映画としてのスケール感が感じられないのでその辺でしょうか。
あの内容で容疑者というのも無理矢理感も。テーマは好きです。現場との一体感も。いわきで働いていた時に近くでロケをしていたのでそ
>>続きを読む

ホワイトアウト(2000年製作の映画)

3.2

織田裕二はいいですね。
また雪山、ダムの壮大さがスケール感を出しています。
ただ、テロリスト集団が漫画っぽいというか嘘っぽいのが残念。

エリジウム(2013年製作の映画)

3.0

第9地区の監督作品とのことで斬新な切り口に期待しましたが、普通って感じでした。全般を通して緊張感がありクライマックスもスリルがあって楽しめます。

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.5

ここまでのはちゃめちゃ馬鹿騒ぎは見ていて楽しい。やってみたくもあり、自分が酔い潰れた時が心配にもなります。
無くした記憶がつながっていく様は爽快。

羊の木(2018年製作の映画)

3.4

少し薄気味悪い雰囲気を漂わせながら、途中いい話がありこのまま流れるのかなと思い始めたところ、終盤一変する。
更生できる人、できない人、したくてもできない人。被害者はそれを望むでもなく。現実社会の問題と
>>続きを読む

交渉人 真下正義(2005年製作の映画)

3.4

寺島さん、國村さん、松重さん、みんないい味出してます。
叱咤激励を通してリーダーとして成長を見せる真下。その真下に犯人が追い詰められていくさまは痛快です。
だが結局犯人は…?

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.5

どちらの組もまとまりなく、幹部たちに迫力は失せ、若手は消されて、ヤクザの世界が先細っていくような思いすら感じます。
前半まったりとした感じから中盤以降いつものように主要人物が順に消され、最後はエッて感
>>続きを読む

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

3.9

前作に劣らず油断のできない展開に緊張感たっぷりでした。ストーリーは前作よりシンプルにきれいに恨みとしがらみを清算させていく。俳優陣がいやらしいくらいにいい味出してます。

アウトレイジ(2010年製作の映画)

4.0

血で血を洗う終わりのない抗争。もはや仁義なんて関係ない展開に最後まで緊張感とどす黒い感じが持続します。
俳優陣の演技の迫力に引き込まれ気がつけばエンディング。おもしろい。

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望(2012年製作の映画)

3.5

いつものおちゃらけたところは少なかったですが、それをマイナスに感じることなくこれが最後なんだなと楽しみながら観れました。キャストの皆さんの味が一層深くなったなと感慨もあり。

手紙(2006年製作の映画)

4.2

原作、映画どちらもファンです。ラストの描き方の違いについてはこちらも納得できるものであり、やはりとても考えさせられる。
キャストの名演に作品に入り込ませられ、これぞ映画だなと思わされます。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(1988年製作の映画)

3.2

モビルスーツ線はとてもカッコよく描かれていました。
それにしても、アムロとシャアの女々しさに残念な気持ちになりながら、そしてハサウェイ、クェス他のとてつもない身勝手さに微妙な気持ちにさせられました。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星(2018年製作の映画)

3.3

最後はちょっと説明っぽくなってましたが、なぜシャアって自由に動いていたのかなど、個人的に色々繋がったので改めて1st見たくなりました。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦(2017年製作の映画)

3.4

戦争って、とよく考えさせられる内容でした。一部の暴走が狂気を生み多くの命が奪われる。「これは戦争ではなく殺戮だ」印象的なセリフでした。
テレビシリーズであっさりと描かれていた背景が全て明らかになってい
>>続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜(2016年製作の映画)

3.5

戦争に突入する緊張感があります。1stガンダム直前の様子が描かれていますが、モビルスーツの開発競争やジオンの侵攻状況など、当時の背景が再認識できます。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起(2016年製作の映画)

3.5

武力蜂起の緊張感、シャアの冷静の奥に潜む狂気がたまらない。1年戦争に向かう発端がとても丁寧に描かれていると改めて思う。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア(2015年製作の映画)

3.2

全体的に淡々と流れます。
少年時代のアムロ、ミライとのすれ違いは少し無理があるような。
来たる戦争に向けてジオン(ザビ家)が着々と準備を進めているのが垣間見れます。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル(2015年製作の映画)

3.5

原作を忠実に映像化。人間模様を丁寧に描いているが1stガンダムの世界観に違和感を感じさせることなくしっかりと補完してくれています。

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!(2010年製作の映画)

3.2

久しぶりに視聴。シリーズの中では一番盛り上がりに欠ける印象だったが、やはりそれは変わらず。設定かな。
ただファンとしてはふつうには楽しめます。
今大活躍している俳優が脇役として多く参加しているのには改
>>続きを読む

名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)(2010年製作の映画)

3.0

最近の映画作品と比べると序盤の盛り上がりには欠けますね。
安定して楽しめますが。キッドがいい感じです。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.3

人として大事なことは何なのか ということですね。
出演していた大半が当事者だったということに映画を観た後に聞いて驚きました。

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.6

勧善懲悪もの。最後は期待通りスカッとします。キャストも豪華でそれぞれの個性が光っていて満足できます。
きれいごとだけでは生きていけませんが、企業のあり方、企業人としての自分のあり方について考えさせられ
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.1

後半が少し雑な印象。サスペンスならもう少し事件の顛末を丁寧に扱って欲しかった。キャストも揃っていたのに残念。原作は好きです。

となりのトトロ(1988年製作の映画)

4.0

シンプルなストーリーの中に、何度見てもその度に気付くこと思うことがあります。日本の昔の風景、大自然に幻想世界。時を経るごとに価値が高まる作品なのでしょう。

>|