ひさんの映画レビュー・感想・評価

ひ

映画記録
4.0以上はお勧め映画

映画(49)
ドラマ(0)

愛なき森で叫べ(2019年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

期待し過ぎたのかもしれない

人を洗脳していく様はお見事でした
最後15分で映画の本質が分かっていく様でした。私の理解力が足りないのか…分からないが、何故椎名桔平はアルバムに自分は殺していないのに×を
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.0


役者陣の演技力だけで成り立っている気がする…

しあわせのパン(2011年製作の映画)

3.7

色々な思いを抱えながら生きている人々
マーニに来て、その人に合った食べ物を食べたり美味しいパンやコーヒーを口にすると皆の悩みが少しづつ無くなったり
解消していく不思議で愛情が溢れている
そんなカフェ
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

4.3

惹き込まれる

顔だけで売れている様な俳優も割と居るけど、吉岡里帆ってこんなに演技力高いのか…他の作品も観たくなった

視覚障害者と凶悪犯
彼女の正義感と彼女と共に戦った少年達
二時間早く終わらないか
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.9

最初は、都合のいい女と歪んだ愛だと思ってたけど最後いい意味で謎が解けていく。結局都合のいい女と歪んだ愛なのは変わらないけれど、衝撃作

愛なのかも、もはや分からない
これが愛って思いたくはないけど
>>続きを読む

杉原千畝(2015年製作の映画)

4.0

中学生の時に杉原千畝を知り
4年経った今気になって鑑賞
本当にこの人凄い
裏でユダヤ人を助ける為に支えた人もそうだけど心が温かくなる。

何回観ても胸がぎゅっとする

アンダーワールド(2003年製作の映画)

3.5

世界観が好き。ブラックを基調としている感じが…お屋敷の雰囲気やドレスまでもが、可愛いと思う。

脚本は、面白くもなく
めちゃくちゃいい訳でもないが
それなりに好みでした

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

3.6

予告編観て惹かれた
更に評価も高くて期待していたが…

相変わらず菅田将暉は、演技力が高いな
役者陣も豪華で皆さん演技派

脚本がイマイチだと感じてしまった
4.0って高すぎないか??一個人としての感
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

「斬新」

ネットって便利な分怖い
伏線が凄くて、しっかり覚えとかなきゃなあ…驚かされる反面怖くもなる

面白く新しい…考えながら観ちゃう

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

クイーンを知らないけれど
あっ…この曲そうだったのか…って
日常に溶け込んでいる名曲達

人生を短い時間の中で、少し知れた気になる。音楽って凄いなあ

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

4.1

実話がベースな映画
好み…愛してる人が難病になり、話せなくなったりしたら冷めるのかな…
冷めると言っても、愛は残ってたと思う。最後まで二人は想い合っていたと私は思ってる。

一つのことに夢中になり
>>続きを読む

ブリムストーン(2016年製作の映画)

3.6

歪んだ娘への執着心
ごく稀にイカれた主人公の父親の様な人居るよね…

自分の物にしたいから
娘の大切にしているものを全て壊す

あまりに、女性への扱いが酷すぎる
全てがバットエンド

大切な人には優し
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

現代社会の問題(貧困 児童虐待 育児放棄等)とこの映画の特徴でもある。血が繋がってない点が描かれているなあ。

虐待も児童育児放棄も増え続けていて
必ずしも血が繋がっているから
良いとか、愛されてると
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

親の言う通りの人生を歩むより
自分のしたい様に選んでいく姿

そこで生まれた親と子の衝突

少し離れてみれば、暮らしてきた街並みや新しく生まれた感情

自然で難しい年頃の心情が現れているなあ

チワワちゃん(2018年製作の映画)

1.0

めちゃくちゃ期待して観たら

え??ゴミ映画過ぎない??
途中で飽きながらも、ただただ中身のない…時間を無駄にした感覚

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.5

ティム・バートン大好きだなあ
世界観がとにかく、ドツボ

意味のある子供達の特殊能力
ダークファンタジーと言うかファンタジー…

マジカル・ガール(2014年製作の映画)

3.0

好きなバンドのボーカルさんが
オススメしてくれた映画

正直謎が多過ぎる
理解が追いつかない
今まで出会ったことない様な映画でした

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

4.3

期待してた分、評価が微妙だったので
不安な気持ちがあったけれど、秒で惹き込まれた

今年観た中でかなり上位の作品
蜷川実花の世界観とキャストが絶妙
特に玉城ティナの独特で闇深そうな雰囲気が凄い。演技派
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

守るものがある人は強い
感想に困る映画だけど
観て良かったと思う作品

母の愛情に溢れていた

パーフェクト・レボリューション(2017年製作の映画)

3.3

ストーリーは、好みではなかった
リリーフランキーの演技力ってスゴいなあ。マルチな役者さん

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.3

仕事を失ってまで、自分の事を愛してくれないマモルを好きになれるテルコが逆に凄すぎる……私には多分一生理解出来ないし、そうはなりたくない。

好きに理由なんてない
タイプなんて、過去の統計的な事でしょ
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.2

いくつか、おかしな点などはあったが
香川照之のイカれた役が見事にハマっていた…ただただ、怖かった…

実際の事件をベースにしているらしいが、この様な残酷な事があったのかと思うと恐ろしい

悪の教典(2012年製作の映画)

3.8

後味むちゃくちゃ悪いけど
個人的には、好きな映画

伊藤英明の演技力が凄すぎて
魅入ってしまった…サイコパスな役のイメージなかったから新鮮

愛の渦(2013年製作の映画)

1.3

中身が無さすぎ

濡れ場9割と言っても過言ではない
時間の無駄

二重生活(2016年製作の映画)

3.0

大学院生の主人公がある、妻子持ちの男性の生活を観察する

内容もイマイチ
菅田将暉を押し出してる感じがあるのに、全く登場しないのが個人的にツボ

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.6

お嬢様学校らしい雰囲気が好みだった

ポスターに書いてあることそのまま映画にしましたって感じ。

ある程度予想は出来るストーリーだからか、そこまで衝撃はなかった…

けど、こういうの嫌いじゃない

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.7

ずっと気になっていて遂に観た

涙が止まんない
とにかく、泣いた
浜辺美波の自然な演技と北村匠海の組み合わせが素晴らしかった…

こんな終わり方ある?って位に残酷
人を愛するっていいな

フォーカス(2015年製作の映画)

4.0

凄く面白かった
特にスリのシーンに目を奪われた
ハリウッド映画だからこそ、ここまで面白いと感じたのかもしれない

海を感じる時(2014年製作の映画)

2.0

期待外れだった

2時間無駄にした様な気持ちになった

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.9

新しい映画

狂った独占欲から人殺しを始める
あの人まで殺人鬼だったとは…

真っ白な雪景色に染まる鮮やかな血までもが美しく見えた

最後のシーンが特に美しいなと

娼年(2018年製作の映画)

3.0

様々な性癖が垣間見える映画

松坂桃李の濡れ場が自分本位にしか思えなくて、残念だと思った

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.5

在り来りな題材ではあるけど
その人を想ってした事なのに空振り、不器用な男女…すれ違いなど生々しい所がよかった。当てはまる人割と居そう。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.8

舞台は高級ホテル
ホテルだけという感じがしなかったのは
テンポの良さとスマートさがあったからなのかな

小さい出来事と同時並行で大きな事件が忍び寄っているのが印象的
映画館で観た時は微妙だなと、思って
>>続きを読む

>|