pinooo129さんの映画レビュー・感想・評価

pinooo129

pinooo129

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

3.4

クリミナルマインドとかでよく名前が出てきてたテッド・バンディの実録映画なので鑑賞~^^* ザック・エフロンがすごく本人と似せてる!!ザック大人になったねー。実際の犯行シーンはほとんど再現していないので>>続きを読む

インサイド(2016年製作の映画)

2.5

えーなんなん?知らない女にずっと襲撃される映画。しかもサラの赤ちゃんめっちゃ強っ。交通事故も乗り越え、この女とのバトルにも耐える。そして女の正体は予想通りだった……。

テルアビブ・オン・ファイア(2018年製作の映画)

3.4

イスラエルとパレスチナの様々な様子を大人気のメロドラマを通して描いてゆく。こんな穏やかなパレスチナもあるんだと少しホッさせられる。パレスチナの悲惨な部分は映されていない。

ザ・マスター(2012年製作の映画)

3.4

理解できるところと理解しずらいところがあってとりあえずこのくらい。私の解釈だと社会不適合者のフレディがカルト教祖に出会って世界が変わる的な……。とにかくホアキン・フェニックスの存在感がすごい。

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.6

この3人が共演してるだけでもう観たい!!ベトナム戦争への皮肉もたっぷり交えて見応えのある作品でした^^*

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.0

お父さん生きてたよ……。(ㆆ_ㆆ) すごい再会なのにあまり感動できなかったな。

パッション・プレイ(2010年製作の映画)

2.0

騙された……。クオリティ低いし、天使ってだけで話はありがち。時間もったいなかったなぁ~。ビル・マーレイが出る作品じゃないなこれ。

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

3.0

小さくなって大変って話かと思ってたけど全然違ってた(笑)まぁ、最後は幸せになれたみたいなのでヨシとしましょ。

人生の特等席(2012年製作の映画)

3.6

イーストウッドらしいストーリー。最後はちょっと泣けました。エイミーアダムズが可愛い♡

ウィズアウト・リモース(2021年製作の映画)

3.0

先が読めてしまう展開。同じような話、たくさん見たことあるね。

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.4

えー!本当にゲイリー・オールドマン??って信じられなかった。アカデミーのメイク部門も取ってるだけある。圧巻のラストは映画館で見たらすごかっただろうと思える

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

3.2

なるほど……。ちょっと想像してたのと違ってた。時代もそうだけど、男性同士の恋愛を恥だと感じていることで気持ちと行動が伴わないところがなんともせつない。ジェイク・ギレンホールが今と全然変わらなくてビック>>続きを読む

わたしは生きていける(2013年製作の映画)

3.4

シアーシャ・ローナンがとても可愛い。突然起こった戦争の原因はよく分からないままサバイバルに突入する。

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

3.8

動くものは全て殺す非道なテロリストたち。実際の映像も組み込まれていて、ホテルに取り残された人々がどうなるのか終始、息をのんで見守りました。

モンスター上司2(2014年製作の映画)

3.5

前作見てからかなり時間経ってしまったのであまり覚えてないのが良かった。ジェイソン・ベイトマンの世界感炸裂って感じ。カート役のジェイソン・サダイキスがまた最高でした。3人の息ピッタリ。面白かったです。

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

3.5

レッドフォード立ち振る舞いはまだまだカッコイイけど今作で引退なんですね。たくさんの名作をありがとう。実話を基にした作品でテンポも良かった。脱走のプロフェッショナル。

ストレイ・ドッグ(2018年製作の映画)

3.0

期待してただけに残念感。いつも美しいニコール・キッドマンの逆バージョンというか……特殊メイクすごすぎ。ストーリー的には過去の失敗に囚われてる女刑事の執念。長かったのでイマイチかな。

クルエラ(2021年製作の映画)

4.0

101匹~シリーズを見たことないため、クルエラというキャラクターも当然知らなかったけど、全然楽しめました。エマ・ワトソンて悪役似合う顔。

クーパー家の晩餐会(2015年製作の映画)

3.0

クリスマスに集まる一家の群像劇っぽい造りかな。それぞれにいろんな悩みや秘密を抱えているけど、最後は心温まるストーリー。

ワイルドライフ(2018年製作の映画)

3.2

キャリー・マリガンが生活のために裕福な男性と関係を持ち変わってゆく母親を演じている。父親が職を失うところから家族か崩壊してゆくが、14歳のジョーはその様子を敏感に感じ、不在の父を裏切る母に悩み抱え込ん>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

3.5

ソプラノズの世界やな。3時間半という長さに結構な覚悟が必要だけど半分過ぎたくらいから早く感じる。アル・パチーノとロバート・デ・ニーロの共演はこれで何作目なのか。こんなにおじいちゃんになってもこの2人が>>続きを読む

2人のローマ教皇(2019年製作の映画)

3.6

最後は心温まる2人の教皇の様子で終わります。日本はカトリックとは縁遠いのでピンとこないが、当時の映像なども入っていて人々の熱狂ぶりに鳥肌がたつ。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.2

シャーリーズ・セロンの激しいアクションに圧倒される。そしていつも美しい♡ MI6の諜報員として壁崩壊直前のベルリン東西を行き来する女スパイを華麗に演じている。

死ぬまでにしたい10のこと(2003年製作の映画)

3.2

死を宣告された時にこんなにまっすぐ受け止められるのか……。愛する人たちに直接告げる場面や、死を迎える場面もないため間接的な表現に留まっている。主人公アンは取り乱さず病気のことを1人で抱えながら、今まで>>続きを読む

リピーテッド(2014年製作の映画)

3.0

過去にも観たと思うけど……。確認のため鑑賞😅毎朝起きると記憶がリセットされていて、段々誰も信用出来なくなる。ニコール・キッドマンはこうゆう弱い役が多いな。

時の面影(2021年製作の映画)

3.5

第2次世界大戦が迫るイギリスを舞台に発掘に人生を捧ぐ人々の様子を描く。全体的に穏やかで静かに見ていられた。映像もキレイ。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

ジェニファー・ローレンスがプリマの道を絶たれ、生きるためにスパイへ転身する女性を見事に演じている。祖国に尽くすのか、アメリカに寝返るのか最後までハラハラさせられる。そしてジェニファーが美しすぎる!!

ラスト・フェイス(2016年製作の映画)

3.8

みなさんのレビュー見てからの鑑賞だったので、残虐なシーンも心の準備しておけて良かったです。そんな中で芽生えた2人の愛の行方。どんなに危険でも戦地でしか働けない医師のミゲルと、アフリカで自分の無力さを痛>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.3

いい意味で、ダウニー・Jr演じるドリトル先生は思ってた通りの感じだったな。分かりやすいストーリーで入れました。

>|