Kinakosanさんの映画レビュー・感想・評価

Kinakosan

Kinakosan

映画があってよかった、、、。先入観を持たずに映画を選べたらと思ってます。視界を広げられるように、いろいろな映画に出会いたいです☆
過去に見たものも思い出しながら、ピックアップしてます。

映画(301)
ドラマ(16)

女が眠る時(2016年製作の映画)

3.3

難しかった、、、。どこまで現実なのかわからなくなって。普通に考えたら、あんなに知らないカップルに執着するのもおかしな話だし。犯罪だし‼️

辻褄合わないことばかりで。示唆しているような描写も、繋がらな
>>続きを読む

この世の外へ クラブ進駐軍(2003年製作の映画)

3.3

ジャズが聴きたくなる、、、。
音楽に癒されるって、人間の特徴のひとつだな。

学校(1993年製作の映画)

4.2

イノさんの人生の何が幸せなんだよっ‼️
そこから、幸福について、みんなで考えを巡らせるシーンは、とても考えさせられます。答えは難しく、そもそも答えがあるのかどうかもわからない。

教育って、みんな同じ
>>続きを読む

恐怖分子(1986年製作の映画)

3.7

なんかおしゃれ。なのに、生活感もあって、この不思議な感じはやはり異国だからなのか。出て来る女の人がみんな綺麗で、儚い。

この世界に生きていたら、思わぬところで、知らない人の人生に影響を与えているのか
>>続きを読む

世界の中心で、愛をさけぶ(2004年製作の映画)

3.5

原作は手放してしまったので、またいずれ読み直したいかも。

最初に観た時も、やっぱり今回観た時も、原作にないアレンジにちょっと馴染めない私、、、。頭が固いのですね、きっと。

懐かしい気持ちになった〜
>>続きを読む

重力ピエロ(2009年製作の映画)

3.8

反省しない、悪いと思わない、そういう役がぴったり、笑、渡部篤郎。

復讐について、映画や物語ではよく題材になります。その度に考える、、、。それは悪い事だけど、とても大きな事だけど。お父さんが、大切な事
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.9

アデルの危うさは大人と子供の間にいるだけじゃなく、女性が好きなのか、はたまた男性が好きなのか、自分の本質がどこにあるのかわからないところなのかなと思いました。自分でも分からない感じがすごく出てる。>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.6

おとぎ話のような、絵本の世界の中のような、、、。ちょっと眠くなります、笑。

こんなドラマチックな謎はないだろうけど、ルーツをたどりたくなる、、、。

39 刑法第三十九条(1999年製作の映画)

4.0

何回か観たのに、なかなか内容把握できないのが不思議。長いし、淡々としているせいかも。でも観れば観るほど、考えさせられる。

この事件自体について、少年犯罪や、少年法、精神鑑定、罪、復讐、詐病、人が人を
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.9

忘れたいけど忘れたくないということですね。

関係ないですが、なんか、大事なことを忘れているような気がするっていう感覚を感じられる人間ってすごいなぁと思う。脳内?記憶の中?をぐるぐるしている時の表現が
>>続きを読む

ハンニバル(2001年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

なんといっても脳みそが、、、。トラウマになりそう。頭がぱっくり割れても話できるのはなぜ?そればかり気になってしまう。サスペンスによくある、なぜ自ら危険に飛び込んでいくのか?という疑問満載。
メイスンは
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.0

何回観ても、心臓がぎゅーっとなります。めちゃめちゃ怖い。レクター博士、、、。

プロファイリングとかが、認知されだした頃の映画と認識しているのですが、犯罪者に犯罪者のことを聞くなんて⁈FBIってなんぞ
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

4.0

真実を証明することの難しさを知りました。感情的にならずに、冷静に客観的な証拠を積み重ねること。焦点を絞ること。チーム力に感動しました。これは相当の疲労だ、、、。自分の良心を人に委ねることの辛さなんて考>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.8

こんな不幸な事があるのか、と思わずにはいられないのが東野圭吾!めぐり合わせも宿命的。読めそうで読めないところはさすがだなぁと思います。

過去の罪をずっと抱えて生きてきた親子の絆が明らかになってきたあ
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.7

兄弟姉妹の関係に迫った映画って、あまり無いような気がして、これは面白かった。殺しあうぐらい憎み合っている訳じゃないけど、まあまあ憎んでて、それがくつがえる瞬間もあって、そしてまた、、、。

家族なんだ
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.5

赤ちゃんなのにおっさんっていう設定がそもそも好き♡

ビジネスマンを気取る、というよりビジネスマンなボスベイビーがかわいい。顔つきとか動きとか、本当によく見てる。感心します。

吹き替えおススメ‼️

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.7

90年代を感じる。ファッションとか、髪型とか。閉塞感とか、、、。ドライな感じとか。

原作は未読。でも岡崎京子の漫画は読んだことあるので、その空気感が映画に出ている気はしました。

生きているのか死ん
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.0

なんか、うーん、私はあまり相性が良くなかったようです。

気弱な優しいキャラクターは、錦戸くんのハマり役の気はしましたが、、、。

オカルトな感じが一周まわってちょっと滑稽で不思議な雰囲気をまとってい
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.6

気持ち悪い。不気味がすごい。
あの男の子がやばい。

訳わからないです。なんでそうなるのか説明はありません。復讐、報復、呪い?淡々と、それでいて執拗。

新しいスリラーなのは間違いないと思います。

マルコムX(1992年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

宗教や人種差別の問題は根深い、、、。神は白人とか、そういう事が教えられていたり、辞書の表現とか、白人至上主義が当たり前だった時代が長くあったんだなと。知らなかった訳ではないけれど、公に差別を受けるとい>>続きを読む

ニワトリ★スター(2018年製作の映画)

3.5

こんな風に悪くなりきれない不良の人たちがいるのかな。確かに破天荒でいい加減だけど、急に的を射たこと言う人いるしなぁ。そんな感じ。草太はヘタレでもなんでもなく、危険を察知したんだな。ヤクザはヤバイ。大阪>>続きを読む

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

3.6

最後のシーンの意味?!

原作があるのですね。是非読んでみたい、、、。

ちょうどメメント観たばかりで、リンクするものがありました。自分のしたことがわからないって、本当に怖い。記憶に頼ってるんだな、人
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.7

難解なのかなと、不安を感じつつ鑑賞。たしかに混乱してくるのですが、チャプターが短いので、思ったより大丈夫な気がしました。

さかのぼって本当の事実(確固たる確証はないけれど、そう解釈します)が判明する
>>続きを読む

ボーイズ・オン・ザ・ラン(2009年製作の映画)

3.5

痛い〜。どこまでもダサい星の下に生まれた者たちは、こんなことになってしまうけれど、でも青山みたいなクソ野郎にはなりたくない‼️本気になれないのって、実はかなり悲しいことだからねっ。

本気はみっともな
>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

3.7

1回目訳わからず。2回目観て、解説も調べたりしちゃって、なるほど、それでももちろん完璧ではないのですが、違和感の意味が少しわかった気がしました。

唐突な事故、関係性のよくわからない人々、エピソードも
>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.5

感動しかない‼️

父さんの何をどうしたらいいかわからない感。自分のこともままならないし、妻はいないし、仕事は全くうまく行ってないし。
不器用すぎる。
でも、その父さんをも動かしたのは、ダンスなわけで
>>続きを読む

ヒミズ(2011年製作の映画)

3.7

2回目。1回目はあまりよく覚えてなくて、、、。

これは観る時で結構感じ方が変わるタイプのやつかも(自分的に)。
今回はぐっとくる時が多々ありました。こんなに酷い親いるのか?しんどい。普通を保とうとす
>>続きを読む

ドラえもん のび太と鉄人兵団(1986年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ドラえもんの映画の中でも1番好きですね。何回も観たけど、大人になって観ると、やっぱり突っ込みどころ満載、笑。ドラえもん、のび太を甘やかしすぎ!

ストーリーは割と壮大なSF‼️しずかちゃんが大活躍しま
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

死者の世界が明るくて美しくて、楽しいのだけど、涙が止まらない‼️
悲しいとか切ないとも違うし、、、。忘れられて消えてしまったおじいちゃんと、奇跡的に忘れられなかったヘクター。あー良かった‼️と素直に思
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ジョーカーの卑劣なところは試してくるところ。試されるのは人間につきまとう一生の課題。戦いが終わることはない。

どよーんとした気持ちになるので、頻繁には観れません‼️しかし、重厚でスタイリッシュな作品
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

なんとなく、スカッと解決する感じじゃないんだろうなぁと思っていたんですが、しみじみ感じるものがありました。

署長、すごい。ミルドレッドの執念もすごいけど。憎しみが憎しみを呼ぶのかと思わせといて、そう
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.9

リアリティーーー‼️

人の気持ちは変わるから。状況も変わるし。かつてあったものは無くなる。変わらないものは無い。

ディーンがウォルターの部屋を勝手に飾ってたとこは、本当に素敵。優しい人なんだけどね
>>続きを読む

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

3.6

エル・ファニングの男の子っぷりがすごい。思春期の男子感が伝わってきた気がします。細部にまで、、、。

しかし、みんな自分の感情に素直すぎて、笑。日本人だとこうはならないんだろうな。いろんなことがあって
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.8

これは、何回か観ると、ジワジワくるかも、、、。1回目だと、情報量が処理しきれずわちゃわちゃしてしまいました。
補足も兼ねてもう1回観ると理解深まる、、、。

カイロ・レンとレイの交流が、切ない。本当に
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.6

可愛いけど割とリアルに熊なところもいい。行き過ぎたドジに、ほっこり。

絵本のような可愛らしくてカラフルな世界観も、モフモフも相変わらず。素直だし。

疲れた時にはこういうモフモフちゃんが出てくる映画
>>続きを読む

風花 kaza-hana(2000年製作の映画)

3.3

なんか懐かしくて、つい。浅野忠信もキョンキョンも若い‼️キョンキョンがだんだんアイドルじゃなくて女優になってきた頃だなぁと思ったけど、あまりキョンキョンのアイドル時代を知らない訳で、、、。

キョンキ
>>続きを読む

>|