ピヨピヨさんの映画レビュー・感想・評価

ピヨピヨ

ピヨピヨ

SFとミステリー中心の映画備忘録。

映画(309)
ドラマ(0)

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

2.5

ファイナルファンタジー8、9、12を混ぜ混ぜした感じ(←分かる人には分かる?)

ノイズ(1999年製作の映画)

2.3

とりあえずデップがかっこいい。
内容は、、、

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話(2017年製作の映画)

3.5

戦車道再び!テレビシリーズを観てるみたい。
2話に持ち越しかいー!次が楽しみ。

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

4.0

終始笑いっぱなし。三谷幸喜のこのドタバタ感が好き。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

2.8

なんか間延び感があって長く感じた、、、
ファーック!!って叫びたくなる感じ分かります。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.1

日本ゴジラにリスペクトを感じた。
ゴジラの鳴き声、伊福部音楽、オキシジェンデストロイヤー、、、
人間ドラマ的なところは、なんでこの人ら対立してんだっけ的な感じで頭に入って来なかった。

ゴジラVSモスラ(1992年製作の映画)

3.0

モスラーヤモスラーヤ
モスラはゴジラの仲間なんだと思ってたが、そんな単純じゃなかった。
環境問題をテーマにした一作

レッドタートル ある島の物語(2016年製作の映画)

4.0

不思議な雰囲気に引き込まれる。
見る人によっていろいろな解釈ができそう。
生と死、自然とともに生きること、父と子、、、

ゴジラVSキングギドラ(1991年製作の映画)

3.5

ハリウッド版上映記念に。子供の頃にみて以来。
タイムマシン、未来人、アンドロイド、恐竜、スピルバーグと盛りだくさん。
原子力への警鐘が前面に。主人公の車のナンバーが311なのは過去から現在への暗示か、
>>続きを読む

Guava Island(2019年製作の映画)

2.3

南国な雰囲気のミュージカルっぽかった。
最後は、青と赤(レッド)の対比だったのかな?

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.5

途中寝た。ゲイリーオールドマンの名演と特殊メイクに引っ張られた2時間。
近年ブレグジットに揺れるブリティッシュイズムの根源を垣間見たように思える。

天河伝説殺人事件(1991年製作の映画)

2.3

大御所がみんな若くて時代を感じる。オープニングが印象的。名探偵が推理でピカっ!ってなるカットも独特。

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

2.5

これはミステリーではなく、アクション映画なのである。物理法則を無視するRX-7

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.5

男の欲望をそのまま映像化したような作品。ホントにこんな人いたんか??

パニック・ルーム(2002年製作の映画)

3.0

クローズドな雰囲気が好き。
部屋の中を見渡したり、ガス管を通ったりなカメラワークが良い。

サハラ 死の砂漠を脱出せよ(2005年製作の映画)

2.6

砂漠のサバイバルサスペンスかと思ったら、冒険活劇だったでござる。

ロードキラー(2001年製作の映画)

2.3

激突に似た作品。もうちょっとトラックに執拗に追い回されるのかと思いきや、、、なぜかチーズバーガーを買ってこさせられる。最後は、ん?ってなる。

SUPER 8/スーパーエイト(2011年製作の映画)

3.4

スタンドバイミーSF版×クローバーフィールドみたいな感じ。
健気な主人公くんが良い。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

反抗期を通った自分に刺さった!
親は大切にしないといけません。

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.5

雰囲気を楽しむ映画。前半眠くなってしまった、、、
ナイフがスルッと。

ラーメンヘッズ(2017年製作の映画)

2.5

ラメーン食べたくなっちまった!!
タオルハチマキの謎は解けなかった。

ホテル・エルロワイヤル(2018年製作の映画)

3.5

州境のホテルがいい味出してる。
伏線全部回収できてないような気がするんだが、まぁいっか。

ヴェノム(2018年製作の映画)

2.3

ヴェノムに心を蝕まれ、悪と正義の葛藤を描く話かと思ったが、ただの良い奴だった、、、

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年製作の映画)

3.0

難しいこと考えずに観れる。
最新のデバイスとアナログの融合が素晴らしい。
おじさん頑張ってます!

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

2.0

プレデターである必要は無かったかも、、、
やはりシュワちゃんプレデターが原点であり、また見たくなる。

ブラック・ウォーター(2007年製作の映画)

2.0

人もワニもあまり動きのない映画。
実写のワニさんのご機嫌とりが難しいのかほとんど出てこない、、、

メメント(2000年製作の映画)

4.0

巻き戻しの映画。
途中からだんだんと混乱してきて自分も記憶喪失状態。最後はやっぱりそうなる。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.0

昔は良かったなー、最近の若いもんは!な頑固オヤジの懐古主義の気持ちが分かる映画。
お互い歩み寄ることも大事なのですよ。

有名どころ以外の細かなネタは分からなかった。

LOOP/ループ -時に囚われた男-(2016年製作の映画)

2.0

途中ウトウトしたらもうよくわからんくなった。
ドキドキ感があまり無かった。自分自身と真正面から向き合うのは反則では??

チャッピー(2015年製作の映画)

3.7

最後にそうきたか!ってなる。私の意識データはどんなかたちだろ。。。

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.4

原作に忠実だったので良!
北川景子の怖い顔と気の強さで犯人倒せそうだった。

>|