さっちんさんの映画レビュー・感想・評価

さっちん

さっちん

映画(136)
ドラマ(2)

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.3

子供からのクラスの皆もみてるヨーのお決まりのセリフで漫画もアニメも知らないのに観に行くことに!
親友が二種免合格したのでそのお祝いも兼ねて3人で観てきました。

観る前→なんかこれめちゃ売れてるらしい
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.3

文句無しに面白かった!次々と新しく話が展開していくのでなかなか先が読めずラストまでドキドキしっぱなしでした。パソコン画面の中でドラマが進んでく撮影手法もとても斬新でした。ストーリーも演出も高評価なのが>>続きを読む

サニー/32(2018年製作の映画)

2.9

一言で感想を表すと、詰め込みB級スプラッタ。
前評判なしで観賞。主役が某アイドルグループの子だったので、あまり期待せずに再生ボタン押しましたが、結構豪華な俳優さんたちと監督さんだったんですね。
結構難
>>続きを読む

花宵道中(2014年製作の映画)

2.8

安達祐実がとにかく美しい映画だった。童顔なのは隠しきれませんが、そういうのが好きな客もいたのでしょう。
子役のイメージを払拭するために脱いだんでしょうか??
ストーリーに関してはわりとありがちかなーと
>>続きを読む

Another アナザー(2011年製作の映画)

1.0

原作とかコミカライズを読んで、はなしがある程度わかってる人向けなのかな?
原作未読の私には最初から最後までちんぷんかんぷんでした。残念…。
橋本愛と加藤あいは可愛かったです。

トゥルース・オア・デア ~殺人ゲーム~(2017年製作の映画)

2.4

前半は何が始まったのかさっぱりわかりませんでした。
途中から、あーなるほど、となり。
挑戦と真実、中にはドキドキハラハラするのもあったけどこうなるかぁ?というものもあり…
そしてラスト、あれどうなっち
>>続きを読む

蟹工船(2009年製作の映画)

3.0

けっこう豪華な俳優さんでかためてますね!上映時は話題になったのでしょうか?
公開当時は会社と家の往復でTVもなかったので全く存在を知りませんでした。
自決前の木村さんちの妄想等前半は、もしかしてこれお
>>続きを読む

インシディアス 序章(2015年製作の映画)

2.9

序章、第二章とくらべると少し物足りなさを感じたような…
あのお付き?の2人とはここからの仲なのですね。
なんとなく主人公に感情移入できなかったせいか盛り上がれませんでした…
あとお化け屋敷的な怖がらせ
>>続きを読む

インシディアス 第2章(2013年製作の映画)

3.4

昨日に引き続き親友と同時視聴しました。でも2作目だからかな?1ほどは恐くなかったです。
1からの伏線も回収されていてよかったです!やはり続きものの醍醐味ですね。
途中でご遺体が大量に座ってるシーンはう
>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

3.7

恐いので親友と一緒に休憩入れつつ観賞。
ん?思ったより恐くないぞ?と途中で寝落ちしたり親友との話に夢中になったりで最初に戻ったり色々ありつつやっと最後まで観賞。
オープニングのおばあちゃんの顔は3回見
>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

4.0

最後まで母親を好きだといい続けた周平に号泣…。でもこれは母による外界からの隔離による母から見捨てられたら行き場所がないという子供特有の母にすがる気持ちとか、母には僕がいてあげなきゃという共依存や、冬華>>続きを読む

鬼談百景(2015年製作の映画)

1.0

残穢の続編?という形なんですね
ただ一つ一つがすぐにオチがわかるようなもの、ありがちなものばかりで正直退屈でした(辛口すみません)
ギリギリ印象に残るのはお墓で遊んでる子供達の話でしょうかね…
最初の
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

2.9

私も哲学科出身ですが…正直ちょっと尾行を論文に、というのは難解でした…。
訳なき尾行。自分がされたらすごく怖いですよね。色々問題は生じないのでしょうか(^-^;
最初から門脇麦は対象者Bを狙うべきだっ
>>続きを読む

グラスホッパー(2015年製作の映画)

3.5

それぞれが独自のスタイルを持っているバラエティ豊かな殺し屋が出てきて楽しめました。キャスティングがよかったと思います。
山田涼介も浅野忠信もアクションシーンよかったし、吉岡秀隆の地味な感じの押し屋もこ
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

4.2

結婚直前で婚約者に失踪された主人公は、父子家庭で育っており、父の部屋で偶然ユリゴコロと書かれたノートを見つける。
内容は心の動かない幼い女の子が生命の死(というか殺害)や血によって少しずつ心を動かせる
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.3

万引き家族を撮られた監督さんの作品ですね。
他の方と同じくモヤモヤが残りました。が、監督はインタビューで「取材を通して出会った弁護士がみな判決の後にもしかしたら…という釈然としない感情を残しながら次の
>>続きを読む

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

2.8

2回目の視聴。1回目はながら見だったので今回はじっくりと。
ネットって、メディアって、恐いなぁ…と感じる作品。
あと同じものでも人によって見えかたが全然違うのがよくわかる。
にしても、犯人、あんなに念
>>続きを読む

Strange Circus 奇妙なサーカス(2005年製作の映画)

3.0

ネトフリの一番上に出てきたので前情報一切なしに観たのだが…寝る前にとんでもないものを観てしまった…
いきなりサーカスの場面から始まり女の子がギロチンに上がる
そのあとは回想シーン?しよっぱなから母親と
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.3

重たい………けど見てよかった。
邦画の底力見せてもらった感じ。

八王子で夫婦惨殺事件が起き、事件から1年後、東京、千葉、沖縄にそれぞれ素性不明の男が現れ、それぞれその土地の人と交流関係を深めていく。
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.0

全く知らない映画だったけれどNetflixの一番上に出てきたので視聴。予想外にキャストが豪華。
主人公にはまんまと騙されました。
2時間でまとまっているので長すぎず短すぎず、テンポよく話が展開していっ
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.4

朝から久々に重たいテーマの映画を見てしまった。
いくつもの古い事件の関係者が出てきて、皆それに囚われている。
もちろん実際の世界では忘れて楽しく暮らしてる殺人犯もいるのだろうけど…この映画では全員が苦
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

2.7

謎の超能力?を持った松坂桃李がバッタバッタ人を殺していくお話し。対する警官役は沢尻エリカ。
殺された人達も一癖あるキャラが多く、お涙頂戴的な展開もあり。
作ろうと思えば続編も作れそうな終わり方だったが
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

2.5

西島秀俊と竹内結子の夫婦が引っ越してきて、近所の挨拶回りから始まるのだが、おかしな隣人ばかりで終始不穏な雰囲気で進んでいく。
香川照之の演技力が素晴らしかったが、登場人物が誰ひとり感情移入できなかった
>>続きを読む

さくらん(2007年製作の映画)

3.9

初回は映画館で見ました。その後も5回は見てます。冒頭の「舐めんじゃねぇよ」の土屋アンナに惚れました。
菅野美穂、木村佳乃は圧巻の花魁でした。特に出番が少ないものの菅野美穂は名言のオンパレード。是非まだ
>>続きを読む

こどもつかい(2017年製作の映画)

2.8

パッケージがホラーだったので楽しみに見てましたが…あまり恐い話ではありませんでした。
グロ度も低めです。
子供の歌う歌が耳から離れないという言葉が何度も出てくるのですが、歌のメロディにいまいち特徴がな
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

2.3

転校してきた女の子がいじめられて、復讐に燃える話。
舞台は過疎化の進む田舎町とのことで、一面雪景色です。
見所なのは登場人物が誰もまともじゃないというところでしょうか
グロ耐性がない人にはあまりおすす
>>続きを読む

地獄少女(2019年製作の映画)

3.0

アニメは第1シーズンの途中までしか見てない上での実写視聴です。
アニメは全部見るには内容も重たく、量も多かったので、面白かったのですが途中で断念してそのままになっており…。

こちらの実写は107分と
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

4.2

山田孝之が記者となって、収監中のピエール瀧に頼まれ共犯者を解明していく話。山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキーがとにかくはまり役
特に劇中のリリー・フランキー、ぜっったい人生で関わりあいたくないと
>>続きを読む

愛の病(2017年製作の映画)

2.5

和歌山の出会い系サイト殺人の話
登場人物がみんな痛々しくて生々しくて随所飛ばしつつ見た。
主役の方は瀬戸康史の妹さんだそうで、とても綺麗。
実際には日本にああいうすさんだ家庭はたくさんあって、あんな美
>>続きを読む

恋の罪(2011年製作の映画)

3.5

東電OL殺人事件を題材にした映画とのことでしたが、事件と映画の内容は全然違いますね。モチーフにした程度でしょうか。
水野美紀ほどの大物がこういう役をしていたことにびっくり。
主人公はいずみかな?と思い
>>続きを読む

ノア 約束の舟(2014年製作の映画)

2.8

前半は少し眠たくなってしまいました。
キリスト教信者ではないのでノアの方舟の知識はざっくりとしか知りません。
人間と岩?の闘いは迫力がありましたが原作通りなのでしょうか?
洪水シーンはもっと派手でもよ
>>続きを読む

トリハダ 劇場版2(2014年製作の映画)

3.0

1と同様短編集ですが、1と比べるとちょっと1つ1つが冗長だったりインパクト不足だったりで少しパワーダウンした感じがします。
赤い子は前作でファン(?)が多かったので再登場でしょうか、はまり役ですね!
>>続きを読む

トリハダ 劇場版(2012年製作の映画)

3.3

短編集で数分程度で次々話が変わってくので、飽きずに見ることができました。
本当に恐いのは人間てやつですね。
あまり芸能人詳しくないので、登場時に名前だしてくれるのもよかったです。あ、この名前は聞いたこ
>>続きを読む

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

3.7

画面は暗いわ景色は変わらないわ登場人物は少ないわで前半は退屈ですが、中盤あたりから急に面白くなります!
4人目の登場人物がなかなか話が通じず後半はずっとジリジリハラハラさせられました。もうちょっと人の
>>続きを読む

エリザベス:ゴールデン・エイジ(2007年製作の映画)

4.0

ケイトブランシェットがとにかく美しい。女王としての気高さや強さ、1人の女としての不安や弱さを見事に演じきる演技力も素晴らしかった。
白馬に乗って民衆を鼓舞するシーンは勇ましく軍神のようであり、最後に赤
>>続きを読む

自殺サークル(2002年製作の映画)

1.8

正直よくわからなかった。
皮は何のために?
なんでみんな笑顔で飛び降りたの?
終盤に出てきた子供達やジェネシスは何者?
謎は深まるばかりです。
同監督の「紀子の食卓」というのが続編で、それを見ると少し
>>続きを読む

>|