すずめっこさんの映画レビュー・感想・評価

すずめっこ

すずめっこ

映画(517)
ドラマ(9)

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.6

エルトン・ジョンのことはあまり良く知らないまま鑑賞。
オープニングの、子供時代のストーリーへ入っていくシーンはとても好きだった。
子供時代から刺さるシーンは多かったけれど、中盤からは余りにも切なく、苦
>>続きを読む

ロマンティックじゃない?(2019年製作の映画)

3.5

明るく、軽く楽しめて良かった。結局こういう話が結構好き。
ラブコメの世界が現実になった時の描き方が面白くて笑ってしまった、楽しい映画。
終わり方もとても良かった!

クリッシュ(2013年製作の映画)

3.3

愛と正義のヒーロー映画。
相変わらずインド映画らしい重力ガン無視アクション満載だけれど、歌と踊りもあり、結構楽しめました!
時間さえあれば、気軽に楽しめてスカッとするインド映画!

フランス外人部隊 アルジェリアの戦狼たち(2002年製作の映画)

3.2

外人部隊に入隊した若者達の苦しい訓練の日々や、そんな日常の中での喜び、葛藤…そんな模様を描いた軍隊もの、といった印象。
歴史的な予備知識がもう少しあれば、もっと楽しめたかな。
この頃から、トム・ハーデ
>>続きを読む

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

3.8

序盤はついて行くのが大変だけれど、各々のストーリーが1箇所に集まってクライマックスに向かう、この展開!ドタバタだけど爽快で、癖になる〜〜!!
ジェイソン・ステイサムには、デビュー作とは思えない貫禄が…
>>続きを読む

ブロウ(2001年製作の映画)

3.5

麻薬密売人の半生を描いた、単調ではあるけれどテンポの良い作品。
ジョージの年齢を重ねるにつれて変わっていく映像の雰囲気が良かった。本当に大切なものに気付くのが遅すぎた、でもそれは本心で…そんな彼の心が
>>続きを読む

エド・ウッド(1994年製作の映画)

3.5

白黒でちょっと取っ付き難いと思っていたけれど、自分でも気づかない内にすっかり映画の雰囲気に馴染んでいた。
エドとベラの関係性が素敵。オーソン・ウェルズと出会うシーンからラストまで、伝わってくるエネルギ
>>続きを読む

ロックンローラ(2008年製作の映画)

3.8

カメラワークや音楽の使い方、ストーリーの進み方にガイ・リッチーらしさが満載で、格好良い!
序盤は少しややこしく感じたけれど、どんどん話が繋がっていって面白くなる。所々に入るユーモアも良い。

ニック・オブ・タイム(1995年製作の映画)

3.3

分かりやすいストーリーで時間も短く、サクッと観るには良い。普通の人を演じるジョニー・デップは貴重かも…?
良い所で活躍してくれる脇役達にちょっと嬉しくなる!グッジョブ!!!

ブロンソン(2008年製作の映画)

3.3

うーん!クセ強映画…!
とにかく暴れ回るブロンソン、思考回路がエキセントリック過ぎて混乱してしまった。トム・ハーディの狂気の演技が凄い、時々演じているのが誰だったか忘れてしまう。顔を半分に塗り分けて演
>>続きを読む

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分(2013年製作の映画)

3.5

始終車の中、映し出される登場人物は1人だけ、という今までに観たことの無い映画だった。
夜のハイウェイを車で走りながらひたすら電話をしているシーンのみなので、絵面は単調だけれど面白い。
電話の内容から彼
>>続きを読む

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

4.0

ストーリーの展開と一緒に、話の中に入り込んだような夢見心地になれる作品。
浮世離れした世界観を描かせたらティム・バートンはやっぱり素晴らしい!大好きです。
キラキラした気持ちになれて、最後は感動してし
>>続きを読む

私たちの予感(2017年製作の映画)

3.5

ストーリーは分かりやすいラブコメ的展開。次々ヨーロッパの色々な景色が見られて良い。更にそこにインド映画らしい歌やダンスも盛り込まれているので、そりゃあもう楽しくなるよね!!!

チャイルド44 森に消えた子供たち(2014年製作の映画)

3.5

殺人事件を追った地味めなストーリー展開かと思いきや、それ以外の要素も同時進行であり、中々面白かった!
トム・ハーディとゲイリー・オールドマンのタッグ、どちらも存在感が強く素晴らしい。トム・ハーディの目
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.5

雄大な自然の描写に溜息が出る。
どこまでも広がる雪原、飛沫を上げながら流れる水、軋む森の木々の音、吹き付ける風。
そんな自然の中で繰り広げられる命のやり取り。初っ端乱闘の中を抜けるカメラワークは、間近
>>続きを読む

ハッピー・ニュー・イヤー(2014年製作の映画)

4.5

個人的どストライク映画!
180分本当にずっと面白かった!
ダイヤ強盗計画のはずが途中からダンス大会になったり、ツッコミどころもあるけど、これはもう楽しんだもん勝ち!!!景気が良い。とにかく景気が良い
>>続きを読む

欲望のバージニア(2012年製作の映画)

3.5

全体的に埃っぽいのだけれど、日差しや木々の緑が美しい、良い風景。良い時代。そして豪華なキャスト陣、2人の女優さんともに美しい!
血なまぐさいシーンも多いのだけれど。口数少ないにも関わらず、その中にいる
>>続きを読む

フロム・ヘル(2001年製作の映画)

3.5

19世紀のロンドンの暗くて薄汚れた街並み、赤い蝋燭、真っ赤に染る空。
不気味な空気感の中の赤が印象的だった。
ストーリーは、やはり殺人の描写が続いて重たく感じた。ラストシーンは少し救われたようで、悲し
>>続きを読む

マガディーラ 勇者転生(2009年製作の映画)

3.8

冒頭から、コレコレ!!!!っていうインド映画感が凄いので、一瞬でインドの世界に連れていかれます。笑
歌有りダンス有りバトル有り笑い有り、恐らくインド映画好きが求めてるものは全部詰まってます。
バーフバ
>>続きを読む

パニック・フライト(2005年製作の映画)

3.8

前半はジワジワ責められるような怖さ、後半は手に汗握る展開と楽しめて、期待以上に面白い作品でした!
しかし、冷血な良いキリアン・マーフィーですねこれは…(後半は落ち着いて?!!と思ってしまったけれど)。
>>続きを読む

ドンファン(1995年製作の映画)

3.6

ジョニー・デップ演じるドンファンがとにかく魅力的。
彼自身も、彼の語るストーリーも、浮世離れした雰囲気があってとても惹かれる。
そんなに濃い内容では無いのだけれど、観終えたあとに不思議なふわふわとした
>>続きを読む

テッド 2(2015年製作の映画)

3.2

人権、人種差別、というテーマもライトに絡ませながら…今作も相変わらずお下劣!笑
下ネタ満載だけれど、気軽に観るには良い。コミコンのシーンやパロディも多く、映画好きには楽しかった。
そして、ジュラシック
>>続きを読む

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

4.3

とにかく、アクションシーンが凄い。期待以上でした!
タイラー達と一緒にダッカの街を駆け巡ったり、車に乗って走ったりしているような気がしてしまう、臨場感ある長回しの映像。これは、映画館で観たい…!
そし
>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.5

長い間気になり続けていた作品、ようやく鑑賞。
他の方も書いている通り、画面から匂いが伝わってくる感覚が新鮮だった。あまり経験したことの無いような角度からの没入感。
そしてダークファンタジー的なストーリ
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.0

圧倒された。観ているこちら側が押し潰されそうな緊張感…終盤は特に、瞬きを忘れてしまう程。
観終えて少し時間が経つけれど、心に重みが。重いけれど、観て良い作品。
キリアン・マーフィは見れば見るほど魅力的
>>続きを読む

白鯨との闘い(2015年製作の映画)

3.5

重たかった、けれど…極限状態の描写に見入ってしまった。
人間と鯨との闘いを描いた作品かと思いきや、それに留まらなかった。寧ろ人間の感情や対人関係など考えさせられる作品だった。

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.5

演者含めとにかく魅力的なキャラクターが多くて、見応え抜群!
殆ど目しか見えていないのに、トム・ハーディの醸し出す雰囲気よ……ゲイリー・オールドマンも良いし、一瞬のキリアン・マーフィも良い。
ラスト、と
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.8

前作よりパワーアップしたゾンビ達との戦い!!相変わらずのユーモアセンスで、本作もゾンビ映画ながら思わず笑えるシーンが多数。面白い!

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.0

自分を好きでいる、自分に自信を持つ。そんな、人生を明るく生きる為に大切なことを改めて教えてくれる映画。
みんなそれぞれが美しくて、それぞれ違った素晴らしさがある。ポジティブに、強く!明日からも頑張ろう
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.6

気になってたのに観れていなかった作品、運良く地上波放送で鑑賞!
シンプルにスカッと楽しめた上、やはりロック様は無敵!!!文字通りの大乱闘が繰り広げられるクライマックスは、かなり盛り上がりました!!!映
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

4.0

2人のストーリーが辛くて気が塞ぎそうになってしまったけれど、惹き付けられて最後まで食い入るように鑑賞。
ラストは………そうくるか…私は好きでした。

ゾンビランド(2009年製作の映画)

4.0

期待以上の面白さ!!
コメディで観やすいとは聴いていましたが、ゾンビ系が得意でなく観るのが遅くなってしまった本作。本当にゾンビ苦手でも楽しく観れて、もっと早く観なかったことを後悔!トゥインキー!

インターステラー(2014年製作の映画)

4.0

ようやく観れた作品!
世界観に圧倒された。宇宙や地球外の星、そのほかとにかく空間の描き方が素晴らしくて不思議な感覚に囚われる…。

ウェット・ホット・アメリカン・サマー(原題)(2001年製作の映画)

3.0

くだらない〜けどめちゃくちゃ自由で何でもありで、それが笑える
(笑える所じゃないツッコミどころもあったけど)

愛とセックスとセレブリティ(2009年製作の映画)

2.8

セバスタ目当てで鑑賞。
うーん、ありがち…?!こういうの好きな人なら、サクッと観れて良いかも。
ヒモ男主人公においおいおい!とツッコミ入れたくなりながら観ている中で、セバスチャン・スタン演じる友人だけ
>>続きを読む

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(2014年製作の映画)

3.3

ヴァンパイアが共同生活するシェアハウスに密着…?!
ドキュメンタリー撮影のカメラ越しに観ている風の撮影方法で、ヴァンパイア達の日常生活を描いていく様がユニーク。
本当に実世界にヴァンパイアが混じってい
>>続きを読む

>|