まつかぜさんの映画レビュー・感想・評価

まつかぜ

まつかぜ

映画(154)
ドラマ(31)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

3.9

初めてこの映画を観たのは恐らく20年くらい前だったかと思います。
当時はひろしの回想シーンでとても胸を打たれたのをよく憶えています。

あれから時は流れて、再び本作を観て感じたことは、
『ノスタルジー
>>続きを読む

AVP2 エイリアンズVS. プレデター(2007年製作の映画)

3.2

う〜ん、色々と勿体ない。
せっかくエイリアンとプレデターのハイブリッドという素晴らしいアイデアがあるのにも関わらず、暗いシーンばかりでせっかくのデザインを活かせていない。
緊迫感を演出をする為に、暗い
>>続きを読む

その男、凶暴につき(1989年製作の映画)

3.5

その男、凶暴につきタイトル通りにバイオレンスな内容でした。
北野武の狂気に満ちた表情は圧巻だと思います。特にラストシーンのあたりが素晴らしかったです。
この時代の北野さんは渋くて、迫力がありますね。
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

さすがはノーラン監督、とても難解でした。
広告にあったような時間逆行を活かしたアクションというより、時間逆行と順行を入り組ませたタイムラインの群像劇こそが、この作品のテーマのような気がしました。

>>続きを読む

真夜中のカーボーイ(1969年製作の映画)

3.1

ジョーはテキサスからニューヨークまで出てきて、女性に金を貰って生きていくと宣言する今までにない主人公だなと思いました笑

ジョーの生き方は下劣だと思いますが、根拠の無い自信から来るバイタリティには何と
>>続きを読む

イップ・マン 完結(2019年製作の映画)

3.9

イップマンもいよいよ完結!
今作も面白かったです!

相変わらず師匠方には歓迎されないイップマンにはなんだか懐かしい気持ちを感じました。

無敵のイップマンも反抗期の息子とはうまく接する事ができず、人
>>続きを読む

レッド・サン(1971年製作の映画)

3.7

ストーリー自体は軟派なガンマンと硬派な侍が手を組み、悪党を成敗するというシンプルなものでした。

まず一番に言いたいことは、日本、武士道へのリスペクトが随所に感じられたことです。
黒田の出番が思った以
>>続きを読む

劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス(2020年製作の映画)

3.2

まず良かった点は、
・短い尺の中においても客演組の素顔での見せ場がそれぞれにあったこと
・タイガへエネルギーを送る際にウルトラホーンを介したこと
この二つは個人的に良かったと思います。

それ以外は良
>>続きを読む

エイリアンVS.プレデター 完全版(2004年製作の映画)

3.1

うーん、これは微妙でした。
エイリアンシリーズとプレデターシリーズの良さがあまり出ていない気がしました。
プレデター側がエイリアンを地球で繁殖させているという設定だったり、人間と手を組むというのは如何
>>続きを読む

プレデター2(1990年製作の映画)

3.3

前作の筋肉×ジャングルのテイストから一転し、市街地にてプレデターと対峙することになります。

今作でプレデターは確固たる矜持をもつ狩人だということが分かりました。

また人間側とプレデター側で武器の種
>>続きを読む

プレデター(1987年製作の映画)

3.3


序盤からT-800とアポロの筋肉コンビだ!とテンションが上がり、ステルス迷彩を纏うプレデターとの戦闘シーンは迫力と緊張感がありました。

なんとなく代わり映えしない画が続くので後半の方
は少し退屈に
>>続きを読む

エイリアン2(1986年製作の映画)

3.5

船のセットや兵士の装備などが前作に比べてかなりお金を掛けているように思いました。
その為、前作よりもエンタメ性が格段に上がっていました。
今作でも会社内に裏切り者が存在しており、リプリーの受難は続くと
>>続きを読む

エイリアン/ディレクターズ・カット(1979年製作の映画)

3.5

いま鑑賞してもあまり古臭さを感じる事なく楽しむ事ができた。
エイリアンは幼体時よりかなりの脅威だったので、成体になってからは手をつけられない程の強さには納得でした。

実際にエイリアンと対峙するシーン
>>続きを読む

四十七人の刺客(1994年製作の映画)

3.4

忠臣蔵の内容はさわり程度しか知らなかったので、勉強も兼ねて鑑賞しました。

赤穂浪士と吉良の因縁の発端でもある、浅野による吉良への斬り付け事件の動機が本作では分からなかったので、調べたところ、史実でも
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.0

私が映画をよく鑑賞するようになってから2年程経つのですが、初期の頃にこの映画を観た際に半分くらいで止めてしまいました。
それ以来どんなに自分に合わない映画でも途中で切るということはしなかったので、ずっ
>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

3.5

PSYCHO-PASSというアニメをきっかけに此方の映画の原作である『闇の奥』を知り、小説を二回程読んだうえで本作を鑑賞しました。

闇の奥を原作にしているだけあり、時代背景は違えど、ストーリー自体は
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

3.9

ミュージカル映画は苦手ですが、こちらは踊りが素晴らしいクオリティだったので、歌唱パートも飽きることなく観れました。
またストーリーがわかりやすかったのも良かったと思います。
サイレントからトーキーに切
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.2


ストーリーは前作の方がシンプルで好みでした。
今作も戦闘は迫力がありましたが、前作よりも大きく上回る程ではなかったように思いました。

装備を整えるシーンはかっこよかったです。

GOAL!2(2007年製作の映画)

3.5

※過去鑑賞記録

内容自体は挑戦する舞台は違えど、前作と似たような内容なので目新しさはありませんでした。

しかし、こちらの映画ではレアル・マドリードに所属しているので、レジェンド選手が多数出演してい
>>続きを読む

GOAL! ゴール!(2005年製作の映画)

3.5

※過去鑑賞記録
観たのは中学生の時でしたが、サッカー
選手のサクセスストーリーとしてシンプルに楽しむことができました。

こちらの作品は実在のチーム、選手が多数登場しているのでサッカーファンなら更に楽
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.6

キアヌリーブスがかっこいい映画でした。
ストーリーに関しては特に語ることもないのですが、キアヌのアクションが最高でした。
まず銃の構え方からして美しい。
雑魚の処理の仕方は後片付けも含めて非常にスマー
>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.8


中盤くらいまでは退屈に感じていましたが、後半からはグッとくる展開が多くなり楽しめました。
ツッコミ所はめっちゃ多いですが、そんな細かい事はどうでも良くなり、ロックって良いなぁ、クールだなぁ、ホットだ
>>続きを読む

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.1


結構期待していたのですが、個人的にはいまいちでした。
ただただ下品なだけであまり面白いと思えませんでしたし、結末も思ったよりも衝撃的ではありませんでした。

ブラッドリークーパーはめちゃめちゃかっこ
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.7


ロバートデニーロの佇まいがひたすらにかっこいい。
落ち着きながらもイケてる大人の男性をうまく表現できていたと思う。(やや完璧過ぎる気もするが)

「ハンカチは貸すためにある。」
これは名言でした。僕
>>続きを読む

オペラ座の怪人(2004年製作の映画)

3.0


現在を白黒、過去をカラーにする演出、蘇るオペラ座の演出は素晴らしいと思えました。
また有名なPhantom of the Operaもとても印象的な曲で、耳に残りました。

個人的にミュージカル映画
>>続きを読む

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

3.4


面白そうな設定(モデルになったブログは実際にあるそうですが)だと思い鑑賞しました。

篠原涼子さん、佐藤隆太さんの存在感は素晴らしく、役柄にマッチしていたと思います。
序盤はお弁当を通じてのやり取り
>>続きを読む

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

4.7

いやー、大満足でした。
FFは7しかプレイしたこと無いのですが、かなり楽しんで観る事ができました。

ノスタルジックな回想に泣き、ゲーム上のお父さんで笑い、家族と距離を縮めていく過程に泣き、ゲーム上の
>>続きを読む

バイオハザード II アポカリプス(2004年製作の映画)

3.1

前作と比較すると、より原作を踏襲した脚本になっていたのが良かったです。

ラクーンシティの再現度も中々のクオリティでバイオハザードの空気感を感じる事ができ、ジルバレンタインのキャスティングはほぼほぼ完
>>続きを読む

バイオハザード(2002年製作の映画)

2.7

リマスター初代、RE2、RE3をプレイしたのでその流れでこちらを観賞しましたが、いまいちでした。

原作のようなサバイバルホラー要素は感じられず、よくありがちな設定だけ借りてきたよう印象を受けました。
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

評判が良かったので観てきましたが大満足でした。
先が気になり過ぎて目が離せなくなるくらいにのめり込む事ができました。
家族全員がお金持ちの家に寄生していくのは勿論すぐ予想できましたが、そこからどうやっ
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.2

タランティーノ監督のパルプフィクションに全くハマらなかったので劇場で観ることを躊躇してしまい、今更ながらようやく観る事ができました。
また事前にシャロンテート事件についてさらっとだけ調べてから臨みまし
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.6

前作同様に楽しんで観る事ができました。
前作はとてもテンポの良いストーリー構成でしたが、今作はややテンポが悪かった気がします。 
曲も前作の方が好みでした。

エルサの魔法のルーツだったり、キャラクタ
>>続きを読む

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

3.8

今更ながら鑑賞。
冒頭でミュージカル調の映画だということに気づいて驚きました。
歌はキャラクター達の心情をよく表す事が出来ていて素晴らしかったです。
ストーリー自体はシンプルなものに思えましたが、テン
>>続きを読む