かずさんの映画レビュー・感想・評価

かず

かず

映画(96)
ドラマ(0)

V.I.P. 修羅の獣たち(2017年製作の映画)

3.7

一人の鬼畜野郎に振り回される三つの国の機関。韓国映画らしく描写は非常に過激だが話が進むにつれて引き込む力は流石である。グロい描写が大丈夫な人は是非。

友罪(2017年製作の映画)

3.6

重い。とにかく重い。心にずしりと残る映画。ひさびさ見終わった後疲れた。瑛太の演技の凄まじさが際立っていた。万人にはうけないかもしれないが、見て損はしないと思う。

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.5

一作目を見ていませんでしたが、楽しく見れました。メカゴジラの描写には賛否両論あると思う。三作目で人間が如何にして巻きかえしを図るか楽しみです。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星(2018年製作の映画)

4.5

モビルスーツ戦闘好きにはたまらない内容。一年戦争の始まりの裏側も丁寧に描かれていた。セリフもぐっと来るものも多かった。自分はオリジンの中では今回が一番好きです。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.5

悪くはないがどうしても前作と比べてしまうと怪獣とのバトルにいまいち盛り上がりに欠ける。登場人物の地球を救うんだという熱量も何か弱く感じる。続編ありそうなので期待したい。

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

4.3

初めてコナンの映画を見ましたが、以外と大人向けの内容で自分的にはよかったです。テンポもよく上映時間の長さを感じさせない素晴らしい映画でした。流石昨年邦画No.1の興行収入のシリーズだと思います。ただ専>>続きを読む

人狼ゲーム インフェルノ(2018年製作の映画)

3.5

面白かった。人狼ゲームの映画は毎回話の流れ的には一緒だが、人狼役の人の演技がよかったので中だるみもなく見れたが、最後のシーンだけはもう少しなにかしらあってもよかったが。黒幕の描写も弱いし。

女々演(2017年製作の映画)

2.8

SNS上ならではの女性の裏側を描いた映画だったが、印象的なシーンはなく中途半端でした。もう少しドロドロした描写があってもよかったと思うし、エンディングも時間切れで無理やり終らせた感じがした。女優さんた>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

4.0

面白かったです。伏線もキチンと回収しているし、題名に対してもはっきりとした描写がありました。最後は岩田さんの女性ファンが何人もすすり泣きしていました。

ラーメン食いてぇ!(2018年製作の映画)

3.9

劇中に出てくるラーメン同様あっさりテイストの作品だが、見終わった後はとても清清しい気持ちになるよい作品です。万人にオススメできます。ただお腹が減った状態で見るとつらいです。このあとはラーメンを食べて帰>>続きを読む

サニー/32(2018年製作の映画)

3.0

途中まで面白かったが、急に話の脈絡がなくなった感じ。上手くは言えないが違うジャンルの話を無理やり合わせてたような。前作の凶悪が評判がよかっただけに自分的には残念でした。ただピエールさんとリリーフランキ>>続きを読む

チェリーボーイズ(2018年製作の映画)

3.5

童貞三人が巻き起こすドタバタコメディ映画。所々でお笑いありお色気ありと飽きずに観れたがもう少し描写に過激な所があってもよかったかな。池田エライザさんはセクシーな役が多いが彼女にしかできない唯一無二の女>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

主人公が依頼した広告看板を元に予想外な方向に話が進むという展開で最初からずっと引き込まれました。どのようなオチをつけるのかな?と見ていましたが自分的にはえっここで終わり?という印象でした。いままで曖昧>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.6

素晴らしかったの一言。子を思う親の気持ちの演技と演出は秀一。咲でも注目した桜田ひよりさんの演技が自分的には素晴らしかった。絶対観て損はしないと思う。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.7

あまり期待していませんでしたが、予想外に楽しめました。ジオストームが起きた映像が凍るだけでなく、雷、竜巻、津波、噴火ありとあらゆる自然災害を描かれていて素晴らしかった。最後のシーンもハラハラしたし、ハ>>続きを読む

フルメタル・パニック! イントゥ・ザ・ブルー(2018年製作の映画)

4.0

17年たっても面白いアニメは面白い。春からの新しいテレビシリーズが楽しみです。

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A(2017年製作の映画)

3.9

前作と同様面白かった。原作読んだことないし、アニメも見たことないし、麻雀のルールも知らない。それでも楽しめました。主役の女の子は最近ドラマの相棒にも出ていました。なんとなくブレイクの予感がします。

フルメタル・パニック! ワン・ナイト・スタンド(2018年製作の映画)

4.0

本日三本目の映画だったがこれが一番面白かった。17年前のアニメのディレクターズカット版だが古くささを感じさせない。新作カットをもう少し入れて欲しかった。

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)

3.3

退屈せずには観れたが物足りないかんじがする。140分と長い映画だったが見終わった後はこんなもんかとあっさりした気分。主人公に敵対する人たちがあっさりやられすぎなところが残念。もう少し殺しのシーンなどを>>続きを読む

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

3.1

岡田将生の演技はよかったが他に見どころがなかった。男も女もこんなやつほとんどいないだろと突っ込みたくなる。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.5

油絵が動くという斬新な映画。ゴッホの生き方や苦悩そして死の真相が丁寧に描かれていた。映画が終わったあと少し切ない気分になった。

リベンジgirl(2017年製作の映画)

3.0

桐谷美玲のための映画だった。この一言に尽きる。存在感が違う。恋愛コメディ映画だから仕方ないかもしれないが、最後のシーンは自分はドン引きでした。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.6

素晴らしかった。ほんの少し中だるみを感じたが些細なもの。迫力のある戦闘シーンは流石の一言。スターウォーズの名は伊達じゃない。長い映画を飽きさせずに最後まで見せられると得した気分になる。この作品はスター>>続きを読む

ビジランテ(2017年製作の映画)

4.6

人間の闇の部分をこれでもかと見せつけられます。当然ハッピーエンドの終わりかたなんてしない。万人受けはしないと思うが自分は引き込まれました。3人の主人公の演技は絶品、回りの演技のレベルも高かった。重厚な>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.5

見終わった後清清しい気持ちになる映画でした。堺さんの演技は流石の安定感。山崎監督のVFXの技術力も文句のつけようがない。残念なのはまわりのキャラの個性が強いだけにもう少しスポットをあててほしかったのと>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

ハチャメチャヒーロー大戦。仕事終わりに三本見た映画の三本目ということもありハイスピードの戦闘シーンについていくのがきつかった。桁外れの戦闘力をもったヒーローたちの中でバットマンの人間くささがよかった。>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.8

これこそ、映画館で見て欲しい映画。血はつながっていないが育てた娘に対する感情の起伏がスクリーンごしに伝わってきた。これを見た時間が深夜なので少し眠くなるかなと思ったが眠くなるどころか、集中して観れた。>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

4.0

初めてこのシリーズを見たが面白かった。シリアスな話だが途中途中にクスリと笑う場面がありよいアクセントになっていた。エンドロール後にもお楽しみがある。

フルメタル・パニック! ボーイ・ミーツ・ガール(2017年製作の映画)

4.0

16年前のTVアニメを再編集した映画だったが古さを感じさせず面白かった。新しいカットがあったがもう少し欲しかった。

機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER(2017年製作の映画)

4.5

音楽との融合。こういうガンダムもいい。前作を見ていないと話についていけません。アッガイがかわいい。

密偵(2016年製作の映画)

3.6

序盤から中盤は少しくどいと思ったが終盤の盛り上がりかたは流石。ソンガンホの存在感は圧倒的でした。日韓の歴史問題に対する認識の違いがちらほら見えたような気がしました。

泥棒役者(2017年製作の映画)

3.6

時間の穴埋めで何も知らずに見た映画だったが面白かった。特に会話の掛け合いの面白さはキサラギを思い出した。残念だったのは映画に全く関係ないが後ろに座った老カップルがうるさかったこと。本編が始まってもうる>>続きを読む

MASTER マスター(2016年製作の映画)

4.8

面白かったの一言。かなり長い映画のはずなのにそれを全く感じさせず最初から最後まで無我夢中で見れました。韓国映画流石です。イ・ビョンホンの悪役ハマりすぎ。あとエンドロールが流れても席は立たない方がいい。>>続きを読む

BRAVE STORM ブレイブストーム(2017年製作の映画)

3.5

ほとんど、期待していなかったせいか、自分にとっては楽しめました。残念なのは敵があっさりやられすぎなところ。ロボットの戦闘シーンはパシフィックリムを意識して作ったような気がしました。エイリアンの最後のシ>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

得体の知れない何かがある田舎での出来事を最後まで緊張感をもって持続させたのは見事。最後は自分的には少し残念でしたが、持つべきものは親友だと感じさせるラストでした。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.1

最初は主人公のロビー活動というものを淡々と見せられているだけで少し退屈でしたが、中盤のある事件をキッカケに話が加速するイメージ。ここから勝つことだけが正義であった主人公が少しずつ変化してきた場面が見れ>>続きを読む

>|