イギータさんの映画レビュー・感想・評価

イギータ

イギータ

映画(138)
ドラマ(0)

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.0

ビートルズって何てロックなんだろう!改めて思った今日。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

出先の地方劇場で観ました。開場を待つフロアに地元のDC好きとおぼしきバットマンとジョーカーの二人連れコスプレ者がおりました。公開初日でもありませんし、また地方なものですから他にコスプレ者はおりません。>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

3.9

単に下品なセレブなのかと思ったロシアンが結構、骨のある人物。ロシアンのセリフ「祈らなくていい。それが全ての元凶だ」皮肉っぽいが言い得て妙。あと、首謀者捕まっていない(!)実行犯への指示的確過ぎるだろ、>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.2

劇中作が気になります。元ネタを確認したくなりました。劇中作のセリフ「ザワークラウトを注文したヤツは誰だ(その後火炎放射)」的なヤツはバカで好き。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.0

近年、アジア代表が中国になって久しいので、まさかのマシオカが中国人役かと思いましたが、ちゃんと日本人役で良かったですね(笑)

アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲(2017年製作の映画)

2.1

スミマセン、前作好きだったのですがコレは・・・。出資した前作ファンは納得しているのかコレ。

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

3.7

天気の子を観るつもりでしたが土壇場で変更。大正解(あっ天気の子は観ていません・・笑) 結果、大和が建造されるのは決まっている中、原作を知らないワタクシは物語的にどんな展開がありえるのか興味深く観ました>>続きを読む

ギャング・イン・ニューヨーク(2017年製作の映画)

2.5

これ、観たのしばらく前でしたが、レビュー記録忘れていた作品。内容と関係ありませんが、この辺りの作品(日本でも知られている俳優が出演するクラス)の本国での認知度はいかほどなんでしょうか。たまに気になりま>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.2

他の方のレビューにもありましたが、私もネトフリ派。でもこちらも良いです。あっ原作も好きです。

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.2

なんでしょう、知っている人物ですし、偉業なんでしょうが、いまいち盛り上がりませんでしたワタシ。家族の事情は本作品にて初めて知りましたが。

オーヴァーロード(2018年製作の映画)

3.2

途中、ターミネーターVSターミネーター有り(笑)。あと、冒頭の降下あたりまでは特に好みな感じ。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

ケンタッキーのエピソードは事実?本筋関係ないトコが印象に。何故か(笑)。

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.0

家族サービスでいまさらアニメ含め初ポケモン。予備知識ゼロかつ、うっかり吹替で観たのでライアンレイノルズ登場にびっくり(笑)。

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.2

キャーキャーが耳に堪える。あと、模倣作の方が評価高いのがウケる。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

何とも切ない。現実にこんな家族があるかはわからないが、おそらく令和日本に部分的にでもこういった境遇にある人々がいるであろうリアル。後半、登場人物の明かされる背景に引き込まれる。俳優陣が皆、良い。

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

4.2

ワタシ的にこれ絶対泣くヤツ。設定からもうダメ。原題も最高。

ヘル・フロント 地獄の最前線(2017年製作の映画)

3.0

最前線の塹壕での淡々とした日常の後の無情。あと、最前線は1週間交代なのね(笑)。ツタヤに相当数ありましたが全部レンタル中。連休中みんな家でコレ観ているの?

デトロイト(2017年製作の映画)

3.0

白人全てが人種差別的発想ではなく、(消極的ながらも)人権保護意識が芽生えていた時代らしい事が描かれていて興味深い。

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

オモロ。近所のレンタル屋でGWフェアで108円。10連休の初日最高。

キラー・メイズ(2017年製作の映画)

2.8

シッチェスのイベントで見逃していたので期待を持って観たのですが、世界観がしっくりきませんでした。ハードル上げすぎました自分で。

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.2

権力闘争の手段に普通に暗殺があるのがおそロシア。現在でも変わらないようなトコロもおそロシア。

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.5

う~ん。挑戦者の方が絶対ハングリーだよな~(笑)。

七つの会議(2018年製作の映画)

4.0

いやいやオモロい。エンドロールまで見せきる。良い良い。

シド・アンド・ナンシー(1986年製作の映画)

3.3

「お前 何様だ 」 「シド ヴィシャス」最高。破滅、時々ファンタジー。

眠れぬ夜のために(1984年製作の映画)

2.9

80年代の香りが好きです(笑)。劇中のテレビ番組やCMもツボ(笑)。エンドロールも、またコレが味がある(笑)。以上です。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.3

実話モノはいい。勉強になる。聞いた事あるよなないよなワードが知れる。映画は素晴らしい。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.9

劇中の台詞、「バカしか出てこない物語」とは言い得ている。リンクの観客のヤジ「労働者 オン アイス」も何かツボ。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.0

えっコメディなのコレ。同じネタでも最初と最後の当方の受け取り方の落差たるや。

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.5

スピーチ前の緊張感たまらん。大勢の人が見てる、聞いているプレッシャーは想像を絶する。聞いている方は気楽、結構アホ~と聞いている場合が多いのとのギャップ(笑)。沢山の映画賞を受賞しているだけはあります。>>続きを読む

>|