narcoticさんの映画レビュー・感想・評価

narcotic

narcotic

  • List view
  • Grid view

グッド・ワイフ(2018年製作の映画)

3.5

80年代のメキシコを襲った経済危機により、セレブが没落するという題材自体正直面白味はないが、固体かつ長回しの素晴らしいショットが何度かあり、肩パッドや蛾などの暗喩を用いてジワジワと堕ちる描写は画的には>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

3.5

予告編は面白かった。
冒頭の30分から1時間の橋から落ちるシーンなどのアクション、ラミマレック登場時の素晴らしいショットなど期待していが、その後は冗長かつプロットも…。ジェンダー的観点ではやや進歩した
>>続きを読む

シンクロニック(2019年製作の映画)

3.0

ボーッと見てれば面白い。しかしオチが弱く、予想の範疇。また、人種主義への批判は過去だけでなく、現在へもむけて欲しかった。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

ディクソンの心情が真逆に変化した描写がもっと必要な気がするけど

シリアスマン(2009年製作の映画)

4.0

真面目に生きているのに、災難しか降り注がない理不尽さを面白い可笑しく描いていて、最高。コーエン兄弟の幼少期がモデルというパーソナルな一面も。ラストが非常にオシャレ。

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

『ジ・アメリカンズ』想起させる冒頭、ナターシャが鑑賞しているシーンもあった『007』感のあるシーン(空中で落下しながらのアクションシーンなど)が散りばめられた素晴らしいスパイ映画だ。中盤間延びした印象>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

一昔前のラブコメ的終わり方かと思えば、後半から怒涛の追い上げ。
感情的に女性同士の対立を煽る復讐劇から脱し、ステレオタイプな幸せを壊してでも、復讐を遂げるという決意のキャリーミリガンのクローズアップは
>>続きを読む