RYOさんの映画レビュー・感想・評価

RYO

RYO

映画(482)
ドラマ(50)

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.0

女子結託!打倒ロジャー!って感じかと思ったら限りなくドキュメントで、概要をなぞって教えてくれた感じでした。しかし事件が起きてからこのスピード感で映画化するのはすごい。どこにでもある話でみんな経験しがち>>続きを読む

恐竜が教えてくれたこと(2019年製作の映画)

4.5

人生へのアプローチがキッズながらに素晴らしくって、真っ直ぐ体当たりで真理。
あんな親になりたい、ヨーロッパの家族はお洒落な会話しかしないのかってくらい楽しくていいな!サルサ踊れるように私もyoutub
>>続きを読む

AMY エイミー(2015年製作の映画)

5.0

愛に殺された人生、こんなに痛みに寄り添ってくれる歌を作るのはすごいよなあって改めて劇中なぞられる詞を見ながら思ってた。自分が高校生くらいからか、エイミーの音楽はずっと聞いてる音楽。

ハスラーズ(2019年製作の映画)

3.0

ハスリングしていきたい…。
J.loの冒頭のダンス超セクシー、みんなスーパーボウルの映像も見てほしいです。
カーディーもリゾも綺麗だったし、カメオで出てくるアッシャーのくだりめっちゃ最高だった。

トリコロール/青の愛(1993年製作の映画)

3.0

トリコロールシリーズ一作目、執着からの解放は強くて綺麗だった。エンディング、完成した交響曲とそれぞれの姿をとらえるクライマックスは素晴らしかったです。

それにしてもあんなアパート住みたい。大きい椅子
>>続きを読む

#生きている(2020年製作の映画)

3.0

ほんわかゾンビ映画で癒された。やっぱ新鮮なゾンビはいいね!カラカラじゃないゾンビ。一応言うと、2人のやりとりもラブリーで良かったです。

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

3.5

結局生きててもしょうがないことはしょうがないのですか、辛い。最後のスピーチの悲しさ凄くて。

アメリカ小説とかミュージカルとかの知識がほぼゼロだから、ちんぷんかんぷんでそれがまた自分が悲しい。カサヴェ
>>続きを読む

火口のふたり(2019年製作の映画)

3.0

淡々とした会話とひたすらにセックスとで、色が付いてないものの展開だったからさらっと見れた。ATG作品見てる感じでした。

隙間で出てくる、瓶ビールとソーセージとお新香とか、アクアパッツァとか、アルミホ
>>続きを読む

リード・マイ・リップス(2001年製作の映画)

3.0

フレンチノワールものの気持ちで見たら思ってたよりハードボイルドで、運命共同体に成らざるを得なかったというよりお互い選んでその道に突き進んでる感じが、ハッピーすぎて良かった。いくらでも派手にできる脚本が>>続きを読む

i-新聞記者ドキュメント-(2019年製作の映画)

3.5

ジャーナリズムの話、それを森さんが監督してるっていう、それだけでこの状況がどれだけ異常なのかわかる。
思ってることを言ったらすぐに、やれ左だやれ右だやれフェミだ、アクティビスト扱いされて異端に見られる
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.0

ほぼ日本映画でやらないことをストレートにやってて、ちゃんと日の目を見てることは意味があってすごい。芸能の構造は変えられない中でこれ作ってんだなと思うと松坂桃李が出てること、トップコートのファンになりそ>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.0

相変わらずロマンチックでヒロイックでノスタルジックでいつものごとく笑えたし、ただいま感がすごい。
等身大ものの青春映画ばっかり最近は見てるけど、久しぶりに大人っぽく振舞うお洒落な若者のお話でみんなセク
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

4.5

私は大好き。この痛みも美しさも一緒に分かち合える人と隣に並びたい。

エミリーの存在がマリア過ぎて。本当に愛に満ちていて、周りを救済していく姿が眩しかった。家族を描いていく中で、彼女が唯一母親として機
>>続きを読む

Red(2020年製作の映画)

3.0

全体的に硬くて、2人の絡みのシーンもなんだか寂しく見えた。どうしようもない塔子の気持ちは生々しい。照明がキレイだった、絶妙な赤というかオレンジというか。

(2017年製作の映画)

3.5

色っぽいのにカラッとしてて爽やかだった。こんなふうに優しく触れ合えることが生きられる秘訣ですね。

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

3.5

切ないけど、こんなにスマートでいい子に生きられたらどんなにいいことか。全員チャーミングで天国みたいな世界でした。描けるようなドラマは劇中たくさんあったのに全て省いてメッセージに注力してるところがシンプ>>続きを読む

サマーフィーリング(2016年製作の映画)

4.0

すごく好きだった。とても綺麗で静かで。何でもない瞬間にストンって真っ暗なところに落ちちゃうどうしようもない感じ、自分は恋人とか家族を亡くしたことはないから…、こんな風に時間が過ぎてどうにか立てるんだろ>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

日本のバディものはやっぱハイエースまたは軽トラだね!
最後の着地が全然想像してなかった本質的なことに辿りついてて良かった。私もこの時が一生続けばいいのにって感じる瞬間の連続のために人生があっていいと思
>>続きを読む

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

4.0

中学生の時きつくて見きれなくて、高校の時に見たんだっけな。鉄塔を見ると絶対思い出す、気持ち良さそうなんだよね。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.0

恋に落ちたことがある人が観たら「しょーもな」って言いながら煙を吐いてアルコールを流し込むしか術が無いはず。中原の吐いたツバ、超よかった。
この作品に超共感する人も超嫌悪する人もすごいわかる。人間ってよ
>>続きを読む

ファッションが教えてくれること(2009年製作の映画)

3.0

メットガラでも思ったけど、アナはやっぱ最強。母性がすごい。

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

-

過去に3回くらいチャレンジして最後まで見切れずいつもギブしてる。鬼のラースフォントリアー。

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.0

ケイトウィンスレットかわいかった大好き。手洗えと顔触るなは本当に守ろうな…🧼グウィネスパルトロウが頭ぺろんってされるのが1番の見所です。

Last Lover ラストラバー(2020年製作の映画)

3.5

泣くわ怖がるわ笑うわで本当ヘトヘトになった。かなりエンタメでした。アフタートークでヘレディタリーの話が出たけど、劇中の音もエンドロールの音楽も良かった。
目の前に居るのに触れられないとかどこまでも強く
>>続きを読む

ケンとカズ(2015年製作の映画)

3.5

この手の題材の邦画だとダントツ好き。王道ストーリーだからか、丁寧に描写されててそれぞれに愛を持てたし、画が綺麗だったな〜。テンションも落ち着いててテンポも良くて好みだった。ケンとやりあった後のカズがタ>>続きを読む

容疑者、ホアキン・フェニックス(2010年製作の映画)

3.0

知ってるおじさんがおじさんの割にガチャガチャしながらラップしてる。パフダディが常にすんってしててウケます。このあとPTAの映画出るんだからすんごいよね。ケイシーが干されたのは可哀想。

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.5

まだ見てなかったから見たけど怖かったよ〜涙 久しぶりにこういう古典ぽい怖さに触れるとしっかり驚くし1人で部屋にいるの嫌になるし、すごいですね。
ミッドサマー同様、コミュニティの中で起こる話でした。どう
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

あるある男女話とないない全状況の組み合わせがコントラスト効いててめちゃギャグでした。あっという間だった。一枚絵で切り取った時に素晴らしくカッコいいカットが多いし、編集も素晴らしかったです。

何よりも
>>続きを読む

アメリカン・ドリーマー 理想の代償(2015年製作の映画)

3.0

派手にもできるカーチェイスをあんなに淡々と追っているのにどこか追われているような緊張感で締め括ってて、ラストも血の舞い方といいリアクションといい色気があって終始渋い映画でした。将来こんな感じの強い嫁に>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

相変わらずジョークがすごくて、ずっとニヤニヤしながら見てました。水浸しのトイレの上に座って美味しそうに煙草に吸ってるギジョン美人すぎ。

後半どんどん地上と半地下のコントラストが強くなっていって…、ジ
>>続きを読む

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

3.0

なんでポンジュノが怪獣もの?と思ってなめてかかったらめっちゃ面白かった記憶です。

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.0

どのシーン思い出してもよかった。こんな風に人と深く関係し合えるのは理想よ、たとえ別れたとしても。
ノラの聖母マリアの話の件は笑った。強い。

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

3.0

超マイケルベイ。すんごい派手、もう正月かと思った。後半に出てくる磁石はワンピースなん?ってくらい強くて楽しいよ!

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.0

ダークヒーロー型ホラー映画。
エロ、サスペンス、ロマンス(古典)、家族複雑だなあ、エロ、サスペンス、家族ドタバタコメディ、エロ、グロ、復讐完了おつかれした!って感じのてんこ盛り感でお腹いっぱいです…。
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.5

「家族だと思って」なんて人に言えるのすごい。よっぽど心から思ってないと人にイラストがついた付箋も貼れない私にはかなり無理だった。一度優しくしようと思ったなら最後まで付き合えよ。何も言わなかったとしても>>続きを読む

>|