garnetさんの映画レビュー・感想・評価

garnet

garnet

記録。

映画(10)
ドラマ(0)

ザ・ボーイ 人形少年の館(2016年製作の映画)

2.6

ルールがすき。破ったら想像通りのことが起こるけど、守ってれば何の問題もないってこのこピュアだなあ・・ってちょっと可愛く思えてたら、まさか。とんだサイコ野郎の間違いだった。全てが愛情の裏返しで寂しくて飢>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.7

エンドロールを見ながら放心。家族、友達、恋人、どの輪の中にいても1人だということには変わりなく、だからこそ分かり合えない気持ちも補いながら一緒に過ごしていく。当たり前だけど当たり前じゃない。
79年の
>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

3.5

オープニングの赤い色と音楽。ロッキーホラーショーを思い出しちゃった。
登場人物たちの背景に映る、プールで転覆し続けるカヌー、浴場の緑の壁に塗り重ねる赤いペンキ。非常ベルを殴りつけて手から溢れる血。単調
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.3

地球侵略の為に人に寄生し概念を奪う宇宙人と、概念を奪われた人間。普段考えていないだけで、当たり前の様に刷り込まれた概念があるから共存できている。仕事という概念がなくなったら子供のように遊び、家族という>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.0

ミュージカル映画好きの母に連れられ鑑賞。お腹いっぱいなうえに寝不足であくびが止まらず、途中でコンタクトが一時行方不明。結局集中して見れたのは始まりと終わりの部分だけだった。鑑賞し終えて感じたのは、私は>>続きを読む

ヴィクトリア女王 世紀の愛(2009年製作の映画)

3.0

美しい庭と、建物と、家と。身分の違いで大きな隔たりがある恋愛モノに弱い。プライドと偏見で悪役のイメージが刷り込まれていたから、ルパートの眩しいくらいの王子様加減にどきどき。溜息が止まらない。

どちら
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.6

無人島に流れ着いてもう寂しくて死んでやる・・って首括ったタイミングで、流れ着いた死体との出会いにちょっと生きる希望が湧いて、ガスの力で無人島脱出!って始まりからしてくだらなさすぎて笑うしかない。
ダニ
>>続きを読む

バッド・エデュケーション(2004年製作の映画)

3.2

中学生の頃に深夜枠で放送されていたのを見たのが初めてで、見返すまで両思いの綺麗な男の子が二人、狭い個室で震えてるのがずっと頭に残ってた。親が寝てる間にリビングでこっそり盗み見ていたからか、
同性愛とい
>>続きを読む

サガン -悲しみよ こんにちは-(2008年製作の映画)

2.8

中流階級の穏やかな家庭に育った少女は夏休みに書いた小説で一躍脚光を浴び、世を騒がせる小説家になった。処女作「悲しみよ、こんにちは」の名のように、小説家として生きた人生の中の寂しさを描いた物語。

サガ
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

2.6

失恋をきっかけに不眠症になり、時間を止めることが出来るようになった男が、新しい恋を始めるまでの話。
夜勤勤務のスーパーの従業員が暇な時間の過ごし方を心得ていて、それがまた、皆それぞれにクセがあって可愛
>>続きを読む