Pocalisheadさんの映画レビュー・感想・評価

Pocalishead

Pocalishead

映画(84)
ドラマ(0)

SLAM(1998年製作の映画)

4.7

素晴らしい映画でした。
ポエトリーリーディング、
新しい知識でした。
言葉の力。
まだまだ私は言葉を知らない。

横道世之介(2013年製作の映画)

5.0

もう一度観ましたが、やはり素晴らし過ぎました。
しょうこちゃんがハンバーガーの食べ方をよのすけさんから学ぶシーンが、すでに、じーんときます。

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.8

故郷の懐かしさと温もり、そうではない狭い世界ならではの窮屈さ、よく分かります。
私が出た理由と似ている。
きっと戻って温もりを思い出しても、また都会に戻りたくなる。

インターステラー(2014年製作の映画)

5.0

やっと見られた。
驚いたのは、書ける感想が、ほぼない。

なんというのか、突っ込みどころが全くない。
恐らく、これでも伝えたいことを短縮している方だなあと感じたくらい。
続きものにして、計12時間くら
>>続きを読む

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

5.0

メルヘンがリアルに描かれた映画。
すごく切ないです。
吸血鬼の話だけど、人情溢れる、素晴らしい映画。
映画らしい映画。

女の子の形相が急に変わる感じとかがさりげなくて、リアル。

無駄がなくていい映
>>続きを読む

AMY エイミー(2015年製作の映画)

3.5

かわいそう、かわいそう、という感想は耳が痛い。

彼女は真っ直ぐに生きただけ。
好きなことを好きな時にしただけ。

私は彼女のことがとても羨ましいです。

そして本当に、歌が素晴らしい。

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

滑り込みセーフです。
素晴らしすぎて初めてパンフレット購入。

黒人のナニをしゃぶらせたとかまじ新しい。
最高です。
サミュエルさんの高笑いたまらん。
もうねー、どんどん腕を上げますね、タランティーノ
>>続きを読む

光のノスタルジア(2010年製作の映画)

1.5

組み合わせのセンスが良い。それだけ。

個人的にもっと星の話が聞けることを期待し過ぎたので、骨を探している人たちの気持ちとかが出すぎてて、残念なことにあまり感情移入できなかった。無理矢理繋げた感。イン
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.0

すっごく映画らしい映画ですね。おもしろい。
みんなこれのブラピが好きだ好きだいうけどいやいやイングロリアスバスターズだろ!
デビッドフィンチャーは台詞責めがすごいね。

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

2.0

過剰評価され過ぎじゃないか?
あと俳優陣の演技が素晴らしい。
その二つの理由で何かグッとくるものを求め過ぎたのかな、私が。

ただ、何かを作っていく情熱というよりも、部活を一生懸命頑張っていた人達に伝
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

2.5

だめなんすよ。
いまいちピンとこないんすよ。
ネバーエンディングストーリーの方が好きなんすよ。
しかし新シリーズ楽しみたいから頑張って観てるんすよ。

ウォーリー(2008年製作の映画)

4.6

何回観ても素晴らしい。
完璧。
もー完璧!こわい!

FEAR X フィアー・エックス(2003年製作の映画)

4.0

ニコラスウィンディングレフンの昔のやつ。
やっと観られて嬉しい。
雰囲気がやはりぐっとくる構成で好きです。
復讐劇が好きだねえこの人は復讐劇が。

ニンフォマニアック Vol.1(2013年製作の映画)

5.0

最高です。
いやー最高です。
なんて素晴らしい映画だ
アンチクライスト以降の彼の映画大好きだわ。
セックスの映し方がパーフェクト。
あんなフェチズムを演じさせるラース殿天才。
なにかの究極を常に考えて
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.0

グリズリーベア素晴らしい。
音楽が最高にいい。
まあいかんせん男が可哀想すぎるわ。
同じ女性として可哀想な部分なんか一切見受けられない。
おばあさまから忠告までいただいているわけだし。
と、本気で同情
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

3.5

非常に良かった。
観てる間こちらまで情緒不安定になりそうなくらいに響いた。

この人、自作自演じゃない方が監督としての術が発揮できるのでは?
しかし世のドラン様推しが過ぎるのはよう理解できません。
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

最後は大号泣しました。
顔ビッショビショ。
泣くなんて誰も教えてくれなかったし。




以下、とある批判ポイントをまとめたBlogより抜粋。

1 主人公のアンドリューは「ジャガジャガうるさいばかり
>>続きを読む

ピラミッド 5000年の嘘(2010年製作の映画)

5.0

最高です。
これまでに見たピラミッド系のどのドキュメントよりも革命的で久し振りにわくわくしました。
ピラミッドに興味がある方、紀元前の文明に興味がある方、是非。

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

1.5

わたしはこの監督は、好きな映画、嫌いな映画が分かれる。
これはその中間。
途中まで、やはり退屈してしまった。
なんだろう、おとぎ話に近付けたような、わざとらしい演技が個人的にダメなのかも、スピヴェット
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.0

友達に「絶対好きだよ、保証する。」と言われて観てみた。それは完全にこの間までの未来の私だった。結婚とはまさにああいうこと。みんな結婚に幻想を抱き過ぎ。人の愛は憎悪に変わり得る。この映画での出来事を想像>>続きを読む

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

4.6

好きだけど、ちょっと騒ぎ過ぎ。映画と言うより、舞台って感じ。

アクト・オブ・キリング(2012年製作の映画)

4.9

少なからず、同情できる自分が居なくもない。ここまで衝撃を受けた人間の精神崩壊ぶりはなかった。

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

4.7

いい。リズミカル。素敵。大きい音が出る映画館で観られてよかった。

オンリー・ゴッド(2013年製作の映画)

4.5

この監督が本当に好きで好きで観たけど、ちょっと今回のセンスは色々とピンとこなかった。不思議なリズムだ。

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

5.0

見直した。レクター博士がベルトで鞭打つ表情が、他のどの映画のバイオレンスなシーンよりも、何度見てもいちばんゾクゾクする!たまらない♥︎レクター博士になら食べられてもいい!俳優陣がみんな本気!衣装も本気>>続きを読む

精神(2008年製作の映画)

4.3

1度この病気にやられるともう戻って来れる人は少ないんじゃないのかな。誰にでもある部分、それが中心に世界が回ることは、ある意味幸せよりも気持ちのいいものなのかもしれない。

バベル(2006年製作の映画)

-

今まで観た映画で一番つまんなかった/(,⌒,)\

>|