マーキュリーさんの映画レビュー・感想・評価

マーキュリー

マーキュリー

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

5.0

正直光石研とのやりとりとか前半はキツい。けど、あの最後の臼田あさ美の涙を見たら全部吹っ飛ぶでしょうよ…ダメ男だと分かってても尽くしちゃうんだよね…。オレンジのタオル、赤いタオル、青いコート、黒いバイト>>続きを読む

飛べ!フェニックス(1965年製作の映画)

5.0

むっちゃくちゃ面白い。恐ろしく過酷な内容なのに飲食のシーンがほぼないからあまり重い気持ちにならずに済む、がやはりエモくて泣いてしまう。喜んで適当に踊ったり手を叩いたりしてる姿だけで泣けてくるんだよなぁ>>続きを読む

河内カルメン(1966年製作の映画)

5.0

美女がお札をばら撒きながら「男なんかみんな死ねばええんじゃ!」と叫びまくる映画なんて好きに決まってるし…!演出が最高なのは明確なんだけどテーマが好きすぎて一晩経っても咀嚼できない。個人的には『㊙︎色情>>続きを読む

スリ(2008年製作の映画)

4.5

オープンカーの中、煙草を貸してと求められ口紅が付いた状態で返ってくるとこカッコいいのとダサいのと面白いのでウオオ!
スリ×傘フォーメーションも笑うしかっこいいし。最高。

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.5

撮影が良いと思ったら撮影監督がゾディアックの人やん〜!もうちょっとしっかりゾーイ・ベルが見たかったな。サイレント期並に白と黒の二項対立を駆使してる。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.0

超高速のエズラ・ミラーよりジェシー・アイゼンバーグの喋りの方がスピード感ある。せっかくエキスポシティのでっかいスクリーンで見たのに被写体近いし3Dの立体感で画面に狭苦しさを感じた

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

80年代のオタクボーイたちが仲間と冒険しようぜ!ていう設定にそろそろ飽きてきた。意を決して鬼退治に行ってそれがクライマックスかと思いきや一回帰ってまた改めて出直したのでズッコケた。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

5.0

女性と銃を近づける計画を持ち出して来たおっさん共の気持ち悪さ、それを侮辱的に笑い飛ばし拒絶するジェシカ・チャスティンに好感を持たないわけがない。男娼が出て来た瞬間にブチ上がる。会話の半分は理解できてな>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

前半の差別描写はほんとに面白かった。白人の彼女が過剰なほど黒人の彼氏を庇うのも差別に値する気がしないでもない…とか考えてしまう。
まったく自然な会話を差別描写として(黒人に対して肉体的な偏見の話をした
>>続きを読む

悪魔のような女(1955年製作の映画)

5.0

ちょー面白い。特に後半。あれよあれよと面白くなる仕掛けが投入される。心霊写真には爆笑。奥さんの全身透け透けホイホイネグリジェ。

フェリーニのアマルコルド(1974年製作の映画)

5.0

ブルレイで再見。‪笑って泣いて、戦争の影に怯えて、四季の移り変わりにうっとりして。1年間を2時間に納めてるけど目撃したのは一家の一生分のような重み。こんなに愛おしいのを超一流の映像と音楽で見れちゃんだ>>続きを読む

娘・妻・母(1960年製作の映画)

3.5

ストーリーがあまりにも直接的だから嫌悪感で怯んでしまうが、ラストの笠智衆が子どもをあやしている姿には涙が出た。キスシーンには悶えました

フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996年製作の映画)

2.0

不快な鈍臭さで全く楽しめず。完全に説明を放棄してる姿勢は好きだけどさ

アクエリアス(1986年製作の映画)

4.5

ただのスプラッターだと舐めてたらむちゃくちゃ芸術点高くて腰抜かした。特に主人公が気絶から目覚めてから、フラフラと廊下を歩いてシャワー室への扉を開けるところまでのショットたちが好みすぎた。あと何度も舞う>>続きを読む

ギャング・オブ・ニューヨーク(2001年製作の映画)

3.5

やはり私スコセッシ好きや。カメラの動きは静かなのに被写体は動きまくってるなめらかさは見てて飽きない、と言い切りたいところだけど、ラスト20分くらいで集中力切れた。真っ暗闇からポッと顔面だけ現れるカット>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

4.5

カメラの揺れもテンポの良さのおかげであまり気にならずにちょー楽しい。中米×コカインにアガる。道は外れど家族と妻を大切にする良きプロ映画。景気が良い映画は大好き💸

幻の女(1944年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作のどんでん返しを捨てて中盤に真犯人を観客に見せてしまうのはナイスアイデアなんだけどそのアイデアを巧く使えてないような。
犯人の指がものすごく長く大きな手をしているのは画的に良い。バーテンダーを見つ
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

5.0

リバイバル上映にて再見。あれこんなに面白かったっけ…!!じいちゃんの指チューチュー

その男、凶暴につき(1989年製作の映画)

4.5

この危なっかしさ、鈍痛のようなバイオレンスたまらん!

Kids Return キッズ・リターン(1996年製作の映画)

5.0

最高すぎて。アツいし泣けるのに、根底にあるものはサラッとしててヘラヘラふざけてる。武って学校の先生嫌いなんかな

生き残るヤツ(1971年製作の映画)

4.5

車を盗もうとしたら持ち主が現れてそのまま寝て恋人になっちゃうんだから最高にドープ。基本的に社内のシーンはどれも良かった、あとはエレベーター。

>|