maria

maria

洋画がひと足早く観られる米国在住。大学生。主に自分の記録用。

母と暮せば(2015年製作の映画)

-

特別上映会で鑑賞。不幸な最後ではないけれどなんだかやりきれない気持ちになった。黒木華さんが見た目も演技も本当にきれい。

僕の彼女を紹介します(2004年製作の映画)

-

だいぶ前に鑑賞。主人公の女性にあまり感情移入できなかったけど、チャン・ヒョクは本当にやさしかった。

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

-

6冊のデスノートが鍵になるおもしろい設定。でも活かしきれてない感。池松壮亮と菅田将暉の演技よかったです。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

-

戦う女性は強い!そしてかっこいい!最高!が連続する2時間でした。

美女と野獣(2017年製作の映画)

-

原作何も知らないまま鑑賞。でもエマワトソンは本当に適役!! 野獣が冗談を言ったりドキドキしながらベルをダンスに誘ったりして人間らしさが出ていて愛しさを感じた笑 しゃべるアンティークたちも見ていておもし>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

-

劇場で何度も予告を見たときのイメージであまり期待をしないまま鑑賞。思っていたよりはおもしろい設定だった。キャラクターにもっと共感したかった。未来感溢れるセットはわくわくした。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

-

公開最終日に劇場で鑑賞。
冒頭のハイウェイで踊るシーンがとてもかっこいい。
女性登場人物の洋服がビビッドカラーで綺麗だった。画面によく映えた。
先日たまたまsingin' in the rainを観た
>>続きを読む

ニューヨーク・ドール(2005年製作の映画)

-

授業で鑑賞。ニューヨークドールの全盛期と今の老いた状態の比較が何度もでてきてその違いに切なくなった。けれどそう感じるのは結局見ているものの不要な同情で,本人は今の生活を謳歌しているように見えた。

大人は判ってくれない(1959年製作の映画)

-

授業で鑑賞。子供のことなんて大人は永遠に理解してくれない。男の子の日常ってこんな感じなのかなあと観ていた。英題よりも邦題が秀逸。

サンセット大通り(1950年製作の映画)

-

授業で鑑賞。最初の水中から死体を映すシーンで一気に物語に入り込んだ。落ちぶれても過去の栄光に必死にすがりつくノーマの演技は鬼気迫っていた。

カリガリ博士(1919年製作の映画)

-

授業で観た。ミステリー?サスペンス?が混ざったようなサイレント映画。主人公が回想した話がメインだったり時間が戻ったりするのは当時としては新しいやりかたらしい。終始気味の悪い音楽が流れていて緊張した。出>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

-

授業で観た。とてもカラフルな映画。ストーリーもわかりやすくてなにも考えずに楽しめる。レイア姫のお母さんがキュートすぎた。

セレステ∞ジェシー(2012年製作の映画)

-

セレステの気持ちわかりすぎて心が痛い。観終わった後にパッケージの仲良しな二人を見てさらに痛くなる。けど明るいキャラクターのおかげでそこまで暗くならない。音楽も映像も好きだった。

スプリット(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます。

23の アイデンティティを声まで使い分けて演じるジェームズ•マカヴォイはただただすごい。ビーストがちょっと現実味なかったけど, 狂気に満ちている感じは本当に伝わった。ケイシーが最後まで本当の意味では救>>続きを読む

キートンの探偵学入門/忍術キートン(1924年製作の映画)

-

授業で観た。キートンの映画初鑑賞。おしゃれなおもしろさ。約100年前の映画とは思えなかった。

ヒズ・ガール・フライデー(1940年製作の映画)

-

授業で観た。ずっと全速力でしゃべってる映画。音楽もほとんどなしでただただテンポに圧倒された。

君の名は。(2016年製作の映画)

-

期待しすぎ+時系列についていくのに必死で泣かなかったけれど,映像すごくきれいだった。話もただの入れ替わりタイムリープ系の話じゃなくよかった。

>|