rinasさんの映画レビュー・感想・評価

rinas

rinas

評価は割と適当。忘れっぽいのでメモ程度にレビュー。明るくてバカな映画が好き。

映画(449)
ドラマ(67)

うさぎドロップ(2011年製作の映画)

2.5

取捨選択、何を選んでも後悔せずに前向きに生きていくことって大事だよね。

松山ケンイチの父性溢れる演技が見られるほっこり映画。

今もだけど、この頃の芦田愛菜さんは驚くほど天才。
そしてこの頃の綾野剛
>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

3.5

名作。ハーレイくん素晴らしいです。

誕生日パーティのシーンでは、コールの母親からチャックチーズ(チャッキーチーズ)に行った〜なんて話が出てきて、「お」と思った。そういうリアルな話が出てくるのって大好
>>続きを読む

トムとジェリーと迷子のドラゴン(2014年製作の映画)

2.3

ディズニー意識かミュージカル要素も取り入れたファンタジー。
トムとジェリーとしては物足りないシリーズ。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

5.0

早くもハリポタワールド全開…!
一作目では「まあこんなもんだよね!次次!」と思ったのも束の間、本当に一作目は序章でしかなく、今作は前シリーズにつながるような人物やワードのオンパレードでコレコレコレ!と
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

2.3

ウサギはかわいいけど、原作の雰囲気は出ていない。
内容もほぼない子ども向けドタバタ映画

キル・ユア・ダーリン(2013年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

残念なのは、絵面ほど美しい内容ではないということ。
同性愛を扱った映画は切ない感情になるものが多いが、誰の想いも宙に浮いたままどこにも着地しなかったのは悲しい。

ただこれは恋愛映画ではなく、青春の一
>>続きを読む

青い春(2001年製作の映画)

3.3

昔見たけど忘れたので見た。
若さがいいね。
売店の名前、さぼうるなんだ。

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

1.1

このレビューはネタバレを含みます

亜嵐くんがかわいい。
以外にはいいところがゼロの映画。

前半部分はつめこみすぎて本当にひどい。
後半は思ったより普通にラブコメっぽくてまあマシ。

まずオープニング早々、主人公が上京してきて迷ってい
>>続きを読む

ローマ発、しあわせ行き(2016年製作の映画)

3.0

レズビアンなロシオムニョスがセクシーで目覚めそうになったが、リアルではラウルボヴァの奥さんらしいので、夢は夢のままで…

赤ずきん(2011年製作の映画)

3.2

ピーターとヘンリーが良すぎて人狼どころではない。

マリリン 7日間の恋(2011年製作の映画)

2.9

典型的な女が嫌いな女だった。
魔性の部分はイメージ通りだったけど、強かな女性なのかと勝手に思っていたので精神的に脆かったとは意外。勝手にガッカリ

エマワトソンかわいい………

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

2.7

オチのために作られた映画のような。
決まっていた運命のためにコロコロ変わる考え方、という見解でどうでしょうか…

ミックス。(2017年製作の映画)

2.8

キャスティングがとにかく好みだった。
特に蒼井優の中華娘はハマり役!

謝罪の王様(2013年製作の映画)

2.3

後半のみ鑑賞。

後半だけでいうと、インディーズ映画のようだった。
内容としてはわかりやすくコメディでありながらわかりにくいボケ。シュールで、謎の空気感。出ているキャストこそ豪華でネームバリューはある
>>続きを読む

兄に愛されすぎて困ってます(2017年製作の映画)

3.2

イケメンに囲まれ、豪邸に住み、恋愛以外の悩みがない土屋太鳳さん…………

わざとらしい演出が多くて笑えた
片寄涼太くん詰め合わせパック

金魚すくいシーンでタクヤが「この金魚かわいくない?かわいい〜五
>>続きを読む

オーストラリア(2008年製作の映画)

2.0

長い割には何故?というシーンが多かった。
とにかくキャラクターが死にすぎだし、ニコールキッドマンとヒュージャックマンが恋に落ちる過程もなんだか惚れっぽいなあという印象。

風が強く吹いている(2009年製作の映画)

-

あんまりよく見てなかったけど小出恵介が出てそうな映画だった。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.9

言うほどプラダプラダという感じではない。

音声解説によると、雑誌スタッフたちはダイエットのために食事は少し食べたら香水を振りまき、残すらしい。食欲減退させるためかな。もったいないけど、オシャレだね。

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.0

これぞ京都アニメーション。
構成、使用楽曲もいい。

死ぬ気で働いた170万を燃やすな〜!

聖☆おにいさん(2013年製作の映画)

2.5

映画でやるほどのストーリーはないけど、森山未來と星野源というところが絶妙で良い。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.7

ハートフルゾンビ映画メイキング映画

前半シーンあってこその作品だが、その前半がやや苦行。物語上仕方ないんだけど、ゾンビとの追いかけっこシーンでめちゃくちゃ酔うなど…耐えろ。

ゾンビ組体操がよい

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

色々としっくりこない。

ハブられ根暗男子が北村匠海なのが一番しっくりこない。

浜辺美波はコメディ顔な印象なので、こういう役はイマイチ感情移入できない。
突然なんの変哲も無い根暗に恋したという設定も
>>続きを読む

(ハル)(1996年製作の映画)

3.2

「You've got mail」を見たあとだったので似た話ではあるけど、日本っぽいな〜思った。

ユー・ガット・メール(1998年製作の映画)

4.0

ドロドロがないタイプのニューヨークラブストーリー
今となってはレトロな雰囲気がオシャレ

14の夜(2016年製作の映画)

2.9

思春期、性の曲がり角
犬飼くん、ナイスだ!

バクマン。(2015年製作の映画)

4.2

原作はかじる程度にしか読んでいない。
実写化だと軽んじていたためかびっくりしてしまった。
かなりエンターテイメント性が高い。

元の漫画の完成度が高いのはあるかもしれないが、少年漫画家の少年漫画、の映
>>続きを読む

>|