pokoさんの映画レビュー・感想・評価

poko

poko

映画(202)
ドラマ(0)

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.5

話としてはシャマラン面白かった。

偶然と必然が生み出した。
中二病の2人が織りなす奇妙なサスペンス。

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.8

オバァ気色悪。。ずっと怖すぎるわ。不気味。

エンドロールの音楽も不穏。
多言語警告文長すぎる無音。
少年ラッパーに感化されて頑張って韻を踏んでみました。

いやーービビった。
チキン食べながら観る映
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.6

これまでに観てきた監禁映画のその先の大変さや悩みを、罪のない子供の視点で描いていて考えさせられる内容だった。

最初、子供の髪が長くて女の子だとばかり思ってたけど、ハサミなど刃物を渡されなかったから切
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

3.5

いや、現実的過ぎて悲しくなる。
俺もどっちか選んでええよって言われたら、そらそっち選択するけどもやな。。。

それ1番やったらいかんやつやん。現実のやつやん。

青春偶像劇。。
面白かったけど、現実的
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.7

ケーブルとの握手シーンは耐えきれず笑いました。

個人的には、それ以外はそこそこ面白い感じです。

徐々にデッドプールの素顔がジムキャリーのマスクにみえてきた。。

Xフォース

深夜食堂(2015年製作の映画)

4.0

深夜食堂。映画版。
人間の深さも味わえる人情味溢れる映画です。

料理も美味しそう。太る。。

個人的にとても好きです!
オススメしたい邦画です。

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.4

予知される世界で追い詰められた主人公は運命を切り開けるか。。

トゥモロー・ワールド(2006年製作の映画)

3.4

ストーリーはそれなりに面白かった。

戦闘の長回しは良かったけど、途中でバスに乗った時に、カメラが不自然に動いてカメラマンの存在に気付かされて少し俯瞰してみてしまった。。。

ヒューマンプロジェクトに
>>続きを読む

フルートベール駅で(2013年製作の映画)

3.6

負の連鎖から抜け出そうともがくが、良かれと思った行為すらマイナスの歯車として回りだしてしまう。

ボタンの掛け違いが起こした悲劇

彼の人生を通してアメリカの闇、差別、貧困を知る。

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

カウボーイから伝説の男に。。

イラク戦争で狙撃手として活躍。
伝説の男と呼ばれる。

度重なる派遣を経て、PTSDになってしまい戦場にいる時の方がリラックスしているような状態に。。
伝説とは裏腹に通
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

デニーロの間が本当にやばい。
あーこの人と話してたくないなぁーと思わせる『間』。。
あの笑顔。。苦手だなぁ。。

タクシー会社の社長?ロッキーのガッツォさん?

カメラワークも独特で実験的なのかなと思
>>続きを読む

ノウイング(2009年製作の映画)

2.7

ニコラスケイジ。。。
借金返済の為の出演?

CGは自宅鑑賞だと雑なのがわかりますね。。

序盤はまあまぁ観れたんですが、終盤に進むに従い話がかなり明後日の方向に流れていってしまいます。。

ツリー
>>続きを読む

ケープ・フィアー(1991年製作の映画)

3.2

出所したてのデニーロが執拗に弁護士を追い回す。

話の主導権がいつもデニーロにあるので、喋っていてもそんなに博学な感じがしない。。

河。。。あんなに荒れる?
ゲリラ豪雨どころじゃないぜ。
そこそこの
>>続きを読む

マリリン 7日間の恋(2011年製作の映画)

3.2

あの感情の起伏を考えると、これに限らずマリリンモンローなら、いくらでもこういった事があったのかなぁと。。。

精神安定剤がわりの若い青年の話をうまく脚色してできた映画って感じですね。

可愛い。。。7
>>続きを読む

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

3.5

ジェイミーフォックスの成り上がりストーリー。

出てきた歌も良かったですね。
サントラをすぐに聴きたくなりました。

一つの話の中で、話の主役がコロコロと変わるので少しのめり込みにくいけどトータル楽し
>>続きを読む

恋は突然に。(2006年製作の映画)

2.8

突然のハプニングで残された女性の話。
特に驚くことのないストーリーですが1つだけ。

ティモシーオリファントが終盤に、彼女が『ゼロ以下だ』みたいなことを言ってるのを聞いてしまい、彼女の前から消える。。
>>続きを読む

最後のマイ・ウェイ(2012年製作の映画)

3.6

何故か2度目の鑑賞。。

クロードは思春期から抜け出せない子供のままのキャラクターだが、どこか親心をくすぐられてしまい嫌いにはなれない。

こうと思ったら真っしぐら!
押して推してさらに押す!
このバ
>>続きを読む

サンドロット/僕らがいた夏(1993年製作の映画)

3.7

昔の記憶。。。
すごく面白かった気がする。
小学生くらいの頃、友達のお姉ちゃんが観てた。。

噛みタバコしか思い出せないけど。。
いつかまた観たい。

どこかでDVD化してほしい。。
VHS。。。持っ
>>続きを読む

とらわれて夏(2013年製作の映画)

3.4

少年の思春期
心を閉ざした頼りない母の物語

脱獄囚にカリスマ性があったので最後まで観れました

母を支えながら、大人になろうとする少年。。
不安や希望を抱きながら過す脱獄囚との束の間の生活。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.4

ピュアなデールが可愛くみえてくる 笑

自分を低く評価し過ぎるな!
タッカーの言葉は良かったです。

ウッドチッパーはツボでした。。

裏目裏目にでるストーリー、最後はハッピーエンドに。。

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

3.4

前編
記者クラブと広報官+警察組織との押し問答。

事件に関わった者たちの時計が進み出す。。
映画にするなら。。前後編に分けなくても良かったかも。。

テレビでも少し観ていたので結末は知りつつ。。
>>続きを読む

トライアングル(2009年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

2度目の鑑賞。。。
個人的には結構好きです。。。CGは置いといて。女優さんが可愛いから。

淡い記憶をもったままでも、そこそこ観れました。
ループが少し複雑なのがこの映画のいいところでした。
後悔のル
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.2

裏切り者を探す中で。。。。様々な報われない愛の話です。

時系列が分かりにくくなることがあるので、そこだけは意識すればそれなりに楽しめます。

おとなの恋には嘘がある(2013年製作の映画)

3.2

自分が本当に好きなのかという疑心暗鬼に陥り人を愛せなくなる。

自分の感覚よりも、元妻の話を自分の感情を優先し、自身の気持ちと置き換えて物事を見てしまう。

自分を持つということは常に難しいと感じます
>>続きを読む

間宮兄弟(2006年製作の映画)

3.1

沢尻エリカと北川景子。。常盤貴子。。。

無敵すぎる。

男兄弟の私も
間宮兄弟の少年のままの関係性は少し共感できました。。

ダイバージェント(2013年製作の映画)

3.1

設定は良かったと思います。

個人的には
バトルロワイヤル→ハンガーゲーム→これ?みたいな流れの作品

「勇敢」の電車の降り方。。。
そこそこな建物の前だから駅ありそうな気がしますけど。
あの降り方。
>>続きを読む

誘う女(1995年製作の映画)

3.2

まさに悪女ですね。

男からするとどこか気になってしまう女。
あからさまに目立つ立ち振る舞い。。
危うい感じが男心をくすぐる。。。

レッドタートル ある島の物語(2016年製作の映画)

3.5

普遍的な根源的な何か。。を伝えるような。。

海外版の浦島太郎の物語。。

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.4

熊はやっぱり怖いですね。。
あのシーンは迫力ありました。
熊にやられるとああなるんだ。。

あのままなら、おそらく彼は死んでいたでしょう。。彼も半ば諦めていたし。

しかし、復讐心が生を渇望し亡霊のよ
>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.7

以前鑑賞してたことに途中で気がついてからは、混乱せず観てました。

最後に妻への「愛」について語るスピーチは泣けました。。

彼を現実に繋ぎとめたアリシアは本当に偉大。
頭ではなく心で。。

グランドマスター(2013年製作の映画)

2.9

ドニーイェンの後に観ては絶対にダメです。

イップマンの半生を描いて、人間イップマンを伝えようとしたんでしょうが、、、なんか中途半端に思えました。

ゴン家の話が中心過ぎて。。
チャンツィー出過ぎな割
>>続きを読む

イップ・マン 葉問(2010年製作の映画)

3.7

ドニーイェンまたしても早い&速い!

この映画は色々な型が登場するのでカンフーの立ち回りも飽きがこない。
そしてイップ師匠かっこいい!
弟子はちょい頭悪いんですが。。

敵はイギリスでしたか 笑 失礼
>>続きを読む

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

3.7

ドニーイェン
早い&速い!
このスピードは癖になる。

魅せるカンフー映画。
久々に楽しめた。

日本は悪者です。。
相手方からすれば、この描き方は納得はできる。

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.7

残虐さやリアルさはかなりのものです。
恐いです。。

森田くんは、動物(犬)に対してだけは昔の人格がまだ残っていた。。
「お母さーん麦茶ちょーだーい。」

人が人を壊す。
悪が悪を生む連鎖反応
森田剛
>>続きを読む

紙の月(2014年製作の映画)

3.4

思っていた映画とはだいぶ違いました。

「盗んだお金でも寄付することで人が救える。。何が悪いのか?」
※平祐奈の偽ホクロが気になる。。というのは置いといて。

ヒーローとして描かれた石川五右衛門みたい
>>続きを読む

>|