pokoさんの映画レビュー・感想・評価

poko

poko

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.5

ジュラシック・パーク シリーズの中では1の次に迫力を感じた映画です。

モササウルスの迫力はさすがでした!!

クレアおばさんの無責任な行動と振る舞いに引いてしまう。。
責任者を任せちゃダメでしょ。
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

3.8

デップーの発言もかなりだけど、親友?のウィーゼルの発言とキャラが好きです!

この2人のくだらない会話がツボでした!

スカッとするアクションと終始適当に進んでるけど、間と緩急を大事にしていたことが、
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

3.7

優しい気持ちにしてくれる映画です。

少年の冒険と親子の成長、関わった人の気持ちの変化。。。

やっぱりサンドラ。。母は強し!
最後は締めてくれました。
良かったお母さんがいてくれてぇ。

ラストのブ
>>続きを読む

スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013年製作の映画)

3.0

そこそこ楽しめたけど…

もう少しだけ、ツッコミどころを消してくれたら映画に集中できたのに。。

どうでもいいんだけど
気にしちゃダメなんだろうけど

カーンは。。魚雷に隠すくらい猶予があったなら、部
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.1

観てよかった。

フレッチャーは自分のJAZZのためなら全てを犠牲にする。
他人の将来、それが死であったとしても…自分の音楽を完成させるために!!

BARでのアンドリューの問いに、フレッチャーが言っ
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.3

少し期待して観ました。
始まりがやや淡々としてたせいか、横に座ってた人がウトウトしていた。。

結論としては予想を下回る結果でした。
設定が設定ですのでオチは想像通りのやつです!

取り敢えず、最終形
>>続きを読む

隠し剣 鬼の爪(2004年製作の映画)

3.6

簡単にいうと、たそがれ清兵衛に必殺仕事人を混ぜた感じ。
師匠も似たような名前だし。戸田しぇんしぇ。

流れは概ね、たそがれ清兵衛と同じです。
最後の主人公の決断は、最高のハッピーエンドでした。

感想
>>続きを読む

それでも恋するバルセロナ(2008年製作の映画)

3.0

理性で物事を考えようとする女性と情熱的な出会いや感覚に憧れる女性

理性は状況と環境でいくらでも崩れ去り、一般的な考えでは芸術家とは一緒に暮らせない!と改めて理解させてくれる映画でした。

ゴースト・エージェント/R.I.P.D.(2013年製作の映画)

3.0

MIB風でした。。
題の通り対象は幽霊。

字幕で観ましたがロイの喋り方が。。生理的に受け付けなかったのと、微妙におマヌケキャラなところに。。最後まで違和感が残りました。

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.6

色々と期待し過ぎた。。。

ワトニーだったから成立する映画★
他のクルーなら。。。

ワトニーの人生は楽しむもんだぜぇ!!感には憧れますね。
それでも、ランデブー前に船長と話し嗚咽を堪えるワトニーを観
>>続きを読む

ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年製作の映画)

3.2

ヒトラーの持つ狂人的な印象ではなく、私生活の人格を観せたかった作品。

人はどんな人でも、踏み違えれば狂人にもなりうる。。
総統として夢や空想を雄弁に語っていた言葉は、いつしか罵るだけの言葉に変わって
>>続きを読む

リトル・ランボーズ(2007年製作の映画)

3.8

リーが兄を想う気持ちや、ウィルの無邪気さ、2人の未発達な感情が危なっかしくも、可愛らしい。
青春群像劇でした。

ラストは程よく感動させてくれた。時を置いて、また観たくなる映画でした。

アルゴ(2012年製作の映画)

3.5

後半はどれも緊張感が伝わるシーンで良かったです。

スタジオ6。早く電話にでてーー。

インセプション(2010年製作の映画)

4.0

想像以上に壮大な世界観でした。

ずっと前に友人が観てたので気になってはいたのですが、鑑賞が今頃に。。

程よいハッピーエンド?です。
最後のトーテムも少し気になりますが。

虚無の世界から飛行機で目
>>続きを読む

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

3.2

シリーズ物と気付かずに。。

終わりだけとれば、、、CUBEのような。。。。全体的にはCUBEほどのインパクトはなかった。

カリフォルニア・ダウン(2015年製作の映画)

3.2

災害を題材としてるので映画としてみた感想を。

ロックが。。家族しか助けない。。本部も許可出すんかい!

それ以外にも突っ込んでしまいそうな点はあります。

映像としての迫力はかなりのものでした。

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.0

ロッキーファンでなくても楽しめる映画です。

スライが監督じゃないので、最初は今までとテイストがやや違うのと、かっこいい映像に戸惑いました。。。

ロッキー自身が迷惑をかけたくないと感じ、思ってもいな
>>続きを読む

劔岳 点の記(2008年製作の映画)

3.0

本当に淡々とした映画です。
成し遂げたことは、ものすごいことだったのだと思うのですが、、
偉業なのか。。な?
となってしまう。

せっかくの山映画なのでもう少し凹凸が欲しかった。。。ははは。

アイ・アム・レジェンド(2007年製作の映画)

3.5

展開としは緩急があって良かったと思います。

マネキンとの会話など、心を正常に保つための習慣はリアルに感じた。

全体的に面白かったです。

エンディングは一つでよかった。二つ目は欲張った感が否めない
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.7

人とは違う感性を持った天才をカンバーバッチが上手に演じていたと思います。

暗号解読の場面は、爽快さが伝わるいい瞬間だった。

戦争という大きな規模の問題には、感情ではなく統計(合理的、機械的)で判断
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.7

戦時中どこかの国でこんな無茶な計画やってそう。。。

あれだけ危ない実験で、レンチンくらいの感じで筋肉モリモリに出来上がっちゃうところはなんかアメコミ感満載で好き!

精神障害もなく正義感たっぷりのま
>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.3

マーベル好きなんだけど。。
気分じゃなかったのか。。あまりハマらなかった。

そのうちにもう一度、観賞したいと思います。

ババドック 暗闇の魔物(2014年製作の映画)

3.2

序盤は、独特の不気味さがあり意外に怖かった。。

だが、中盤でこの雰囲気は崩れてしまいます。。少し残念です。

ついでに怪物もキャラ物感が一気に出てきちゃいます。

最後は子供が活躍。。ホームコメディ
>>続きを読む

ハプニング(2008年製作の映画)

1.8

期待値を思いっきり裏切る。。。

タイトル通り『ハプニング』でした。

それしか言うことができない映画です。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.1

何度観てもいいですね。

皆さんも多く書かれてるようにセリフが心に響きます。

傷つきたくないと恐れるウィルの気持ちを、ショーンは同等の立場・親友としてお互いの弱い部分を見せ合うことで傷つきながらも関
>>続きを読む

スカイライン-征服-(2010年製作の映画)

2.7

登場人物の機転が利かない点、籠城展開はこの際。置いといて。。。

敵がズゴック、アッグガイに見えてしょうがなかった。

エンドロール含めこの映画をバックグラウンドにした状態で、、、、主人公を最終的にア
>>続きを読む

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.4

嫌いじゃないけど、観ていて切なかった。

囚われてる理由については、ある程度は想像の範囲内ではあった。

ロボット。ガーディ?が協力的な理由やどういう仕様なのか。。色々と気になる点はあったが、特にオリ
>>続きを読む

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

3.9

面白い。

こういう系は頭が多少痛くなりますが、大好きです。

どんな秘密があるのか中盤になるまでわからず。。展開を想像させてくれます。

ん?そっちの話?っていうところを乗り越えた後は内容を整理する
>>続きを読む

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

3.7

終わりが程よいハッピーエンドでホッとしました。
この物語はこのエンディングがしっくりきます。

言葉遊びや、江戸時代の喋り言葉は多少ぎこちない時もありましたが、謳い文句的な言葉のつながりは楽しめました
>>続きを読む

おもひでぽろぽろ(1991年製作の映画)

4.2

年を重ねるにつれ、ジブリの中で一番好きな作品に。。

演劇、パイナップル、分数の割り算、三色スミレ風呂、エナメルのバッグ、あべくん、ひょうたん島、プーマの靴
など短編を一つの物語に集約していて、時代は
>>続きを読む

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

3.7

ゾンビ同士の挨拶には不覚にも笑ってしまった。。

ゾンビの私生活や生活習慣は改めて見ると新鮮に感じる映像でした。

多少グロさとアクションもありますが。。ほのぼのした恋愛映画です。。

ゾディアック(2006年製作の映画)

3.7

個人的には好きな映画です。

実際の事件を基にしてるので、話としては少し低速で長く感じるが、それでも登場人物の変化や結末が気になって観入ってしまいました。

全体通して
伏線を回収しきれてはいない気も
>>続きを読む

オープン・ウォーター(2004年製作の映画)

3.4

小さめのサメを侮っていました。。

少し大きめの魚くらいのサメの群が水面でたてる音はとてもリアルに聞こえました。

海の事故+サメ。。
じわじわくるのでイタッ痛。。。

サメ系では幼少期に観たジョーズ
>>続きを読む

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

3.3

絵の描き方は斬新でした。
特に髪の毛。。

かぐや姫自身の心理描写が細かく表現されていました。

生活水準が上がることと、彼女自身の本質が失われていくことが反比例し、本質を大事にしたことが現代社会の中
>>続きを読む

P.S. アイラヴユー(2007年製作の映画)

3.5

これが、、本当の色男です。

亡くなっても、彼女を笑顔にさせるための計画を練る姿や手紙を書く姿を想像させてくれる内容でした。

途中で発生したハプニングの際は、確認するためにバンドシーンをスロー再生し
>>続きを読む

サイモン・バーチ(1998年製作の映画)

3.8

サイモンの内から溢れ出てくる人生を精一杯生きようとするエネルギーが印象的です。
感動します。

ストーリー内のジョークなんかもとても好き。

突然降りかかる不幸や問題などストーリーとしての展開も良かっ
>>続きを読む