heeperさんの映画レビュー・感想・評価

heeper

heeper

  • List view
  • Grid view

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

3.8

「ハリーポッター」を除くダニエル・ラドクリフ映画にハズレ無し!!ちょっと言い過ぎか。眠れない夜に見るのには最適!!!

女性の殺し屋役の子、結婚したら親戚たちと殺しのかくれんぼする映画もサイコーだった
>>続きを読む

暗数殺人(2018年製作の映画)

3.8

映画の中に出てくる事件は数も多く正直よくわかってないのだけれど、刑事と犯人の不思議な関係性だけで結構みれる不思議。犯人役の人は「神と共に」とかに出てた背の高いイケメン俳優さんだけど、この作品では全然違>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

2.9

キビシイな。個人的には全く面白さを感じなかった。主人公の鈴はまあまだ受け止められるとして、それ以外はみんな話の都合でそこにいるキャラクターで実在感が全く感じない。肝心な竜のキャラクターですら深みがない>>続きを読む

ストレンジ・フィーリング アリスのエッチな青春白書(2019年製作の映画)

3.5

エッチなコメディー映画かと思ってたけど宗教をテーマにした真面目な映画でした。邦画の「星の子」と同じようなシーンがありますね。

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

3.5

社会的にあってはならないことがあまりにも日常的に起きていることを○○○○○と掛けているわけだけど・・・。ここまでタイムリーな内容だとさすがにもう一捻り欲しくなります。

ナンシー・ドリューと秘密の階段(2019年製作の映画)

3.7

「IT」シリーズの紅一点ベバリー役のソフィア・リリスの魅力全開。大きくなっても立派な女優さんになってはくれるだろうけど、この魅力は今だけのものであるのも間違いないですね。有名な児童文学らしいのでもう一>>続きを読む

アンダーウォーター(2020年製作の映画)

3.4

映画として好きなジャンルなんだけど、暗かったりして見づらいシーンが多く見ているこっちが気持ち入り込みづらいのが勿体ない。そりゃあまりにハッキリ映すのは嘘くさいのかもしれないけど正直クリエイターのわがま>>続きを読む

最高に素晴らしいこと(2020年製作の映画)

4.1

見るからに恋愛モノと思っていたのですが、どちらかというと生きづらさを抱えた二人がその出会いをきっかけにまた生き抜こうとする話だったように受け取りました。人は生きづらさを感じているときでも何かしらの役割>>続きを読む

機動戦士Zガンダム II -恋人たち-(2005年製作の映画)

3.3

フォウ・ムラサメのエピソードに対する期待値が上がり過ぎてたのか今ひとつでした。

機動戦士Zガンダム III -星の鼓動は愛-(2006年製作の映画)

3.5

一応これで全3作鑑賞。TV版を見ていないので違いはわかりませんが、ガンダムシリーズの中でもやけに恋愛要素が強くて何を見せられてるのって感じになります。総集編を作ることでその要素が強くなっちゃった?カミ>>続きを読む

ブラック アンド ブルー(2019年製作の映画)

3.9

見て思ったのはチャドイック・ボーズマンの「21ブリッジ」に似ているなと。警察が押収した麻薬の横流ししてるのなんて全く同じだし。ただ途中で事件の真相を気づかせる「21ブリッジ」と違って、ヤバい現場を見て>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.3

映画として素晴らしく実に心動かされる。そしてだからこそこの映画を見て絶望する。

この映画の主人公の三上は実に魅力的な人物だ。自分の感情に素直で一本気、嬉しいときは大声を出して喜び悲しいときはとことん
>>続きを読む

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

3.8

映画館でみたら4.0つけたであろういいアクション映画。未来の戦争に駆り出されるという奇抜な設定だけれど、特に置いていかれることもなくわかりやすく見やすい。

「ザ・ハント」の女優さんがクリス・プラット
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.1

渡辺謙がいなくなったからなのか、重みのあるキャラクターが一切いなくなり出てくる人間の行動という行動がすべて考えの足らない陳腐なものとなってしまっているのが見ていて冷めましたね。あと小栗旬の扱いがあまり>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.1

いい意味で凄く昔のアメリカ映画を見ている感じがよかったなぁ。

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.6

面白いし嫌いじゃない。でもいろんなノイズがチラつくのを受け入れられないと厳しいかもね。まず知らないでみても明らかにわかる舞台劇の映画化。個人的には舞台は好きな方なので受け入れられるけど、叫んだり突飛な>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

3.3

設定は凄く好きなんだけど、画がいかんせん安っぽいのがちょっとね。スペシャルドラマって感じ?みんな凄く長生きなんだからもうちょっと昔の人っぽさが残ってたりしたらいいのに。

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-(2005年製作の映画)

3.8

もうすぐ50歳のオッサンですがガンダムは「ガンダム」「ZZガンダム」「逆襲のシャア」「F91」を当時に見ていてきれいに「Zガンダム」だけ抜けてました。ファーストガンダムの頃はプラモの入荷情報をゲットし>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

3.7

ラストに向かうにつれてだんだんとぼんやりとしてしまうのは残念ですが、深読みをすることで補完させようしていると考えればまあ良し?

15分くらいの短編にしてしまったほうがインパクト強いまま放り出される感
>>続きを読む

カルメン故郷に帰る(1951年製作の映画)

3.5

日本最初の総天然色映画を作ろう!
     ↓
カラフルなストリッパーが地味な田舎に里帰りする映画を作ろう!

この発想になるのがすごい!!!


内容は大したことはない気もするけれど不思議と嫌いにな
>>続きを読む

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

4.3

ココ最近の映画の続編でこれほどうまく行ってる映画あるでしょうか?。というかあの家族はいまや全員が主演をやれる名優ぞろいだよね。

ミス・ポター(2006年製作の映画)

3.7

これ見て映画「ピーターラビット」を見るとローズ・バーンを見る目がなんだかニヤニヤして見てしまいます

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.5

ポン・ジュノ作品で大きな怪物が出てくる映画といえば「グエムル−漢江の怪物−」ですが、こちらは「トトロ」や「シェイプ・オブ・ウォーター」みたいなおとぎ話感が強めでだいぶ趣が違いますね。主人公の女の子も野>>続きを読む

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

3.3

爽やかで見てて気持ちいい映画ですね。ただ女のコのお父さんの描き方はあまりにも平坦でご都合主義なキャラクター配置でそこは残念。真面目な事を言えばチェロを極めるため音楽学校に入るならまずは学校に相談した上>>続きを読む

地下鉄のザジ(1960年製作の映画)

3.9

見たいリストにずっと入れてあった作品。とはいえフランス映画はどうも個人的に当たり外れがハンパなくてどうしても腰が重くなりがちでどうなることやらと思いながら鑑賞。ちなみに前情報は一切入れてません。

>>続きを読む

長沙里9.15(2019年製作の映画)

3.8

日本も戦争を描くとなれば原爆や関東大空襲それに沖縄戦など悲惨なこと事欠かないけれど、国民が2つに分かれて戦った朝鮮戦争はさらなる悲しさがこみ上げてくる。日本人から見るとやはり戦争は悲惨で決してしてはい>>続きを読む

フィールズ・グッド・マン(2020年製作の映画)

3.6

たまむすびの町山さんの映画紹介を聞いて見たらほぼ全部内容言われてた。

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

「クイーンズギャンビット」を見てアニャ目当てで鑑賞。アニャはこの頃のほうが魅力的かも。ただ「ヘレディタリー」「ミッドサマー」といった宗教系ホラーが苦手。なのでやっぱりこれもピンとこないですね。

たぶ
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.8

ウサギってメチャクチャ子供産むその繁殖力の高さからエロにつながり結果あのPLAYBOYのロゴに使われる様になったと聞いたことがあります。この映画に描かれてる害獣としての振る舞いは誇張があるとはいえウサ>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

3.0

他人と同じ夢を見ることで恋に落ちていくんですが、ゴメンナサイ気持ち悪いとしか思えませんでした。特に初老の上司が同じ夢を見たことで前のめりになっていくところは男性側から考えても女性側から考えてもヒィィっ>>続きを読む

エノーラ・ホームズの事件簿(2020年製作の映画)

3.6

ホームズに妹が主人公ということで期待値上がり気味で鑑賞。世界観とか母親がヘレナ・ボナム・カーターとか掴みは良かった気もするけど全体的に駆け足で話が進むのが勿体ないような・・・。主人公の魅力がハンパなく>>続きを読む

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

3.5

原作未読。ただ「逆襲のシャア」は何度見たかわからないくらい自分のフェイバリットムービーでハサウェイを見る目も甥っ子を見る感じになってしまいます。

そんな自分からするとまずはおおきくなったなあと感慨深
>>続きを読む

ミッチェル家とマシンの反乱(2020年製作の映画)

4.2

ベースとなっている設定は実によくある感じだけれど、センスの良さと畳み掛けてくる笑いで時間があっという間に過ぎちゃいました。ちなみに自分は吹き替えで見たんですがパパ役の川平慈英がムチャクチャハマっててク>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

3.6

映画鑑賞前にもぎりの人にもらったマンガが凄くいい導入になっていて見ていて熱かったですね。逆にもしあれがなかったらジーンくんのバックグラウンドは薄く感じてしまっていまひとつだったかも。

見終わって一週
>>続きを読む

海峡(1982年製作の映画)

3.8

個人的には結構好きな映画でしたがどうも皆さんの評価は低いみたい。もうかなりのオッサンである自分からみてもこれはどうなのと首をかしげたくなる描写が良しとして描かれてますからね。自分としてはそんなところも>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

4.2

ひさびさの鑑賞。いっかいめの時はまあこんなもんかみたいな印象だった気がします。あらためて見てみて結構面白いなと個人的評価アップ!

まず絵の動きがすごくジブリ的。もちろん細田守がジブリ作品に関わってい
>>続きを読む

>|